城址とガラ紡の里山暮らし
愛知県豊田市松平。徳川家のルーツにあたる里山です。その里山に2014年から暮らしはじめた家族のどたばた。松平で祖父が営んできたガラ紡のあれこれ、松平のなかでも大給城址の季節の移ろいを紹介していきます。
【PTA考③ 役員決め】
 どのPTAでも一番の悩みは役員選出。他学校と交流すると、その悩みが話題になります。

 悩み方は、各学校で違いがあります。

  • 学年ごとで要職を選ぶPTAは5・6年生でやり手がいない
  • 中山間地は人数が少なく、何度も役を担う。
  • 地元の家庭と新住民の意識の違いがありギクシャクしている。特に、新住民の関心が低い。
  • 自営業が少なく、共働きが増えて条件が厳しくなっている

 私たちの学校では、PTA役員決め親の関心は高いですね。ちなみに、私たちの学校は次のように決まります。

 役員決めのキーは、指名委員会です。指名委員とは、次年度PTA役員を指名する委員のこと。学区にある地域から9月に選挙で1人選びます(現在10人)。

 この指名委員は地域で選出が相談されて、たいてい決まっています。この指名委員10人と現役員で第1回指名委員会を10月に行います。

 学区は3ブロックにわけています。実家庭165をブロックの世帯数の割合で、役員数を割り振ります。現在の役員数は以下のとおり

【役員数】会長・副会長2人・書記・会計・会計監査2 計役員7人
【委員会】保健厚生7人・校外活動7人・成人教育広報4人

 合計25人を選びます。

  ただし、会長については副会長→会長→会計監査と3年間役員をします(その他は1年交代)。

  指名委員はそれぞれの地域に持ち帰り相談。12月の第2回指名委員会で結果を持ち寄り、確定します。それぞれの地域ですでに役員決めルールがあります。そのルールにしたがって選ばれます。

  私たちの学区は、団地と中山間地が混在しています。人数のバランスでそれぞれの地域で悩みはあります。しかし、指名委員会の決定を、各地域で受け止めてもらい相談してくださっています。それがとてもありがたいです。
 
 こちらに移住するときは、そのようなルールはもちろん知りません。娘が1年生の秋祭で、私の地区が2年後に会長選出の担当になると知りました。

  私の地区は中山間地で子どもの数が減少しています。対象世帯は我が家含めて3家族。他2家族は子どもが4人おり、小学校ライフは15年以上もつづきます。娘1人だけの我が家が必然と引き受けることになります。
 
  しかし、気負いはありませんでした。むしろ、「いつまでもアウェイで悩むのはいやだ。PTAを通してでも、地元とのつながりを築きたい」という願望が強かったのです。(続く)

[2018/02/18 06:40] | 学校行事 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【PTA考② アウェイからジモピーに】
 私のPTA会長の経験から、PTAについて考えています。
 
 PTAを引き受ける前のことをすこし綴ります。

 子どもが友だちとなかよく元気に過ごし、親友をみつけて欲しいと、どの親も願っていることでしょう。親もまた「知り合いが欲しい」「何かあったときに相談できるつながりがほしい」と心の奥底で思っているはず。大人でも人とのつながりは財産であり、豊かに生きるかどうかを決めますからね。

 しかし、親のつながりをゼロからつくるのは困難です。特に、もともと地元に住んでいないものにはなおさらです。あっという間に子どもたちは卒業し、チャンスを逃してしまいます。それなら、学校にある伝統的な組織PTA(父母教師会)を通して、知り合いを増やしていくのは有効です。

 そんな経験を、娘の保育園時代にしました。 

 松平に移り住む前、私は名古屋に住んでいました。娘の保育園でも、父母役員会に立候補して会長を2年(一役員も含めると通算4年)つとめました。保育園では、夏祭やいちご動物園など楽しい行事をしてきました。役員はとてもなかよく、子どもたちにも伝わって、とっても楽しい保育園ライフでした。

 親ネットワークのすばらしさをかみしめた日が、娘の卒園式です。

 その日、私たち家族は松平に引っ越す日でもありました。車で出発するとき、娘のクラスの子どもたちや親が私たちを見送ってくれました。まるでドラマのような旅立ちでした。

(そのときの写真です)

140330旅立ち

140330ぎゅ


  このときの感動が私の「父母会役員をやっていてよかった」と思えた原点です。卒園して丸4年たっても、保育園なかまは私の宝物です。

 そんな感動直後に、娘は小学校入学。子どもも親も、まったくつながりがありません。しかし、学校ではすでに子どもにも親にもネットワークがありました。私たち親子は、常にアウェイな気持ちで孤独でした。

(小学校説明会のときの、娘の不安げな後ろ姿)
140215運動場

 保育園時代との落差が大きく、特に娘には悲しい思いをさせました。1年生のときは「友だちがいない」と保健室登校の時期もありました。娘の不安定な気持ちは1年続きました。

 そんなときに、私にPTA役員の話がありました。「アウェイからジモピーになりたい。つながりがほしい」という私の気持ちにぴったりの依頼でした。(続く)

[2018/02/17 07:12] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【PTA考① 新聞記事】
 地元中日新聞では『考えようPTA』という記事が生活面で掲載されます。

 2月9日付記事では、新入学を控えた親にむけて「情報集め先を見通し計画を」とPTA活動についてアドバイスしています。

180216PTA記事


 私たちの学校のPTAは役員や委員会の配属が決まり、3月上旬に全役員による第1回の集まりがあります。

 私のPTA会長任務は残り2ヶ月。来年度は会計監査を担うため、昨年度の副会長任務とあわせて、3年間PTA役をつとめます。

 PTA役員決めはどこの小学校も悩んでいるようですね。新聞記事を読むと、PTAという組織について耳年増のようになって不安になる方もいるのでは、と感じました。

 そこで現会長の私の経験からPTA活動について、しばらく綴ってみることにします。(続く)

[2018/02/16 06:46] | 学校行事 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【おやじの会③ O先生の夢をかなえたろか】
 今日から、七十二候で「魚氷上」(うおこおりにあがる)。暖かくなって湖の氷が割れ、魚が跳ね上がる頃。春先の薄く張った氷のことを薄氷(うすらい)。まだまだ寒いですが、日が長くなって春を感じますね。

 おやじの会相談会の様子を綴っています。

 相談会では、Tさんのパートナー編集『おやじの会プロモーションビデオ』3本立てを上映(Tさん、Special Thanks!)。資料には、流しそうめんの感想をまとめた一覧(おやじ・SNS・子どもたち)を読んで、当時を振り返りました。

 今回初めて参加したAさんも絶賛していました。
 
 来年の計画について少し頭出しを。

 おやじの会キーパーソンのお一人にO先生がいらっしゃいます。O先生は娘の担任でもあるのですが、おやじの会に当初から参加をしています。

 流しそうめんのときも、4年生からミニトマト贈呈という、粋なはからいをしていただきました。

 毎日のようにクラス通信『ハーモニー』を発行。通信から子どもたちへの愛情がよく伝わります。親である私たちにも教育や学びの意義やポイントをわかりやすく伝えてくださっています。O先生ファンは多いのです。
 
 この日は参加ができなかったO先生から、1枚のメモがおやじの会に届きました。

 そのメモには「夏なら『プールでペットボトルいかだ作りと流しそうめん』、秋なら『落ち葉スキーと焼きイモ』がいいナと思います。どーですか?」。そして、かわいらしく「やりたいな」と一言そえられています。

180215手紙


 
 O先生は流しそうめんが終わってからも、私たち役員の耳元で「次はペットボトルでいかだをしたい」とささやきまわっておりました。O先生の「いかだ愛」が伝わってきます。

 O先生は、来年度で定年を迎えます。教師生活残り1年と少しです。

 そこで、おやじの会で相談。『O先生の夢をかなえたろか』。これをもう一つの目的に、計画をすすめることにしました。

 ということで、「ペットボトルでいかだ作り」の経験があるみなさま。ぜひ、経験をおきかせいただいたらうれしいです。

[2018/02/15 05:18] | 学校行事 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【おやじの会② イノシシ肉の煮つけ】
 おやじの会の相談会(&飲み会)について書いています。

 おやじのみなさんからいくつか差し入れがありました。

 そのひとつ、Tさんからイノシシ肉の煮つけ。Tさんは、昨年わな猟の猟銃免許を取得。Tさんがさばいたというイノシシ肉をいただきました(イノシシはTさんが狩猟したものではありません)。

180214イノシシ肉


 イノシシ肉といえば臭みがあるように思われます。しかし、ショウガ醤油で煮つけると、とてもうまいのです。料理は、Tさんのパートナー。おやじたち、大絶賛! 「THEジビエ料理」です。

 松平大給の暮らしは、イノシシと向き合う日々です。おやじの会の集まりに行く途中、10頭のイノシシと出くわすのも、なんたる偶然。

 大給の里に暮らし始めてから、狩猟免許取得をひとつの目標にしています。狩猟免許を取得するためには、試験が必要です(年2回開催)。

 私の場合、試験や講習の日程を調べるたびに、「今年もスケジュールが合わない」と毎年ため息をついております。

 イノシシ肉のうまさと、「おやじなかま」のTさんの狩猟免許取得に、私も刺激をうけております。

 どうか、今年こそ免許試験日程が仕事や行事とかぶりませんように。

[2018/02/14 06:33] | 学校行事 | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム | 次のページ>>
プロフィール

おぎゅうびと

Author:おぎゅうびと
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR