城址とガラ紡の里山暮らし
愛知県豊田市松平。徳川家のルーツにあたる里山です。その里山に2014年から暮らしはじめた家族のどたばた。松平で祖父が営んできたガラ紡のあれこれ、松平のなかでも大給城址の季節の移ろいを紹介していきます。
【千種区戦跡めぐり 民間戦災傷害者の碑】
 23日には私も事務局をつとめるコープあいち九条の会の戦跡めぐり。今回は名古屋市千種区上野地域です。千種公園や愛工大名電高校、ナゴヤドームのあたりです。25人の参加でした。

 ここの戦跡めぐりを企画するのは4回目。こちらのブログでも過去に紹介しています。

http://ogyuubito.blog.fc2.com/blog-entry-430.html

 今回から千種公園の「民間戦災傷害者の碑」をコースに加えました。

170924碑①


 死傷した民間人も国が擁護すべきという運動は名古屋から始まりました。杉山千佐子さんを先頭にして行われ、2010年から名古屋市は独自の民間戦災傷害者見舞金制度を始めました。

そして、2014年には名古屋市が千種公園に「民間戦災傷害者の碑」を建てました。石碑には戦争に市民が巻き込まれないようにしようとも誓っています。なかなか立派な石碑です。

170924碑②


今回の戦跡めぐりでも、被弾塀や陸軍兵器補給廠の塀、焼け残ったクスノキ、三菱の「殉職碑」は定番コース。

このコースのしめくくりは、やっぱりナゴヤドーム。

170924ドーム①


 総合案内所に「平和への礎となられた人々を忘れません」というプレートが掲げられています。なかなか格調の高い文章です。

 この日、ナゴヤドームはデーゲームが行われていました。観客のみなさんにも、このプレートをぜひ知ってほしいですね。

170924ドーム②


 今回、ガイドしていただいた栗本さんから、「碑文や殉職碑には、米軍からの犠牲が強調されています。しかし、なぜ犠牲をうけたのかを考えてほしいです。ここでつくられたエンジンや兵器でアジアに加害をもたらしたからです。その事実は、碑文からは読みとれません。日本がどんな加害をアジアで行ったのか、歴史を学んでしっかりふまえてほしいです」という言葉。

 今の米国と北朝鮮の「チキンレース」に日本は加担せず、九条の精神で役割を果たしてほしいですね。歴史を繰り返さないためにも。

 そんな感想をもった戦跡めぐりでした。

 実は、今回参加いただいたYさんご夫妻とお知り合いになりました。Yさんは、中部産業遺産研究会会員のおひとりで、ガラ紡についても関心をお持ちです。思わぬ出会いに驚きました。そんな出会いが広がるのも、戦跡めぐりの良さです。

[2017/09/24 06:01] | 戦跡 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【ワタ 茎の法則】
  今日は秋分です。七十二候で「雷乃収声」(かみなりすなわちこえをおさむ)。

  季節をパッと秋にさせるのは彼岸花です。いっきに咲きだしました。たちどころに秋のよそおいです。台風一過がもたらしてくれましたね。

170923ヒバンバナ


  さてワタについて綴っています。補修作業をしながら、あらためてじっくり棉の茎をみてみました。

  一本の主枝から、等間隔で互い違いに2本ずつ枝が伸びているのですね。一見、複雑な茎の伸び方をしているようにみえますが、実は法則がありました。

170923互生


  この法則にしたがって茎をのばしていけば、きっと見た目に美しくのばせるはず。

[2017/09/23 05:50] | 福綿プロジェクト松平2017 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【ワタ 大きくなりすぎ?】
  ワタが台風でダメージを受けて以降、毎朝支柱を立て直しています。根元から折れるワタが少ないのは救いです。

  立て直しながら気づいたことをしばらくメモします。

  ワタは夏になるとぐんぐん大きくなりました。本には1mぐらいの摘心がちょうどよいと書かれていました。大きくなりすぎると実がつきにくくなるようです。

  そんな本のアドバイスに従わず、できるだけ大きくさせるために150センチぐらいで摘心をしていました。

  しかし、和綿が支柱の結び目より大きく伸びた茎がおじぎをしてしまうのです。150センチぐらいの摘心ではワタはつらそうです。

170922和綿曲がる


  やはり、育ちすぎなのかもしれません。

  「大きくなあれ」「たくさん実をつけて」と思っていたのですが、1メートルぐらいの高さで十分なのでしょう。

[2017/09/22 06:13] | 福綿プロジェクト松平2017 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【アレチヌスビトハギ】
 アレチヌスビトハギの花が咲いています。

170921アレチヌスビトハギの花


 実も大きくなってきました。

170921アレチヌスビトハギの実

 実が服にたくさんくっつくと、とるのがやっかいですね。そんな実が注目されがちなアレチヌスビトハギですが、花は小さくてかわいらしい紫色の花です。この秋に路面に咲いています。ユニークは花弁です。

 さて、今回調べてヌスビトハギにも種類があると知りました。こちらでよくみるのは「アレチヌスビトハギ」。米国産の帰化植物です。

 「ヌスビトハギ」は実が2つでメガネのようにつながっているのですが、「アレチヌスビトハギ」は実がいくつもつながっています。

 勉強になりました。

[2017/09/21 05:43] | 季節2017 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【クズ】
 夏からクズの葉や茎はまるでモンスターのように生えています。草刈りでもツルが草刈り機にからんでやっかいです。

 そんなやっかいなクズですが、花は秋の七草のひとつ。紫色の花弁をこの時期開かせています。雨や強い風が吹いたときには、地面に花が散っています。

170920クズ


 娘に散歩途中に「クズがいっぱいだよ」と話すと、「クズといってはいけない」とたしなまれました。どうも「屑(クズ)」(=役にたたないもの)と言葉を重ね合わせたようです。

  植物のクズは漢字で「葛」。娘に違いを教えましたが、そんな「人をクズといってはいけない」と考えている娘の優しさに感心しました。

[2017/09/20 05:22] | 季節2017 | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム | 次のページ>>
プロフィール

おぎゅうびと

Author:おぎゅうびと
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR