城址とガラ紡の里山暮らし
愛知県豊田市松平。徳川家のルーツにあたる里山です。その里山に2014年から暮らしはじめた家族のどたばた。松平で祖父が営んできたガラ紡のあれこれ、松平のなかでも大給城址の季節の移ろいを紹介していきます。
【デイサービス『畦道』オープン① 新聞掲載】
  20付中日新聞豊田版に、豊田市足助の精神障害者事業所デイサービス型地域活動支援センター『畦道』オープンが特集されていました。発起人の鈴木さんと林さんは事業所開設にむけとても熱心に取り組まれていました。

170524新聞


  今年2月に「事業の今後の仕事づくりの参考に」と糸つむぎとガラ紡のワークショップのお手伝いをしましたが、参加されたみなさんがとても熱心で、私がいろいろ学んだほど。そのときに「今回の縁を大事にしようね」と約束しました。

  いよいよオープンとなり、とてもうれしいです。林さんとは豊森なりわい塾つながりでもあります。お二人のスタートを心より応援します。

  …と、ここまでは、私のFBで紹介したところ、林さんから「相談があります」のメッセージ。

  「綿を育てたいと思っていますが、うちの畑の土が合うものなのかどうか…土って、どういうものが相性いいですか??」。たまたま休みのため、『畦道』へ訪問にいきました(続く)

[2017/05/24 05:24] | 福綿プロジェクト松平2017 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【小学校3年生 綿の種まき】
 小学校から「綿を育てたい」と連絡がありました。小学校3年生の総合学習で綿を育てて糸を紡ぐ授業をするそうです。

 昨年、小学校3年生の授業で糸紡ぎを教えたのですが、今年は綿から育てようと学校で計画をしています。

 学校には綿の種を提供し、簡単に栽培方法を先生に教えました。

 運動会で学校に行った際に3年生のプランターをみました。面白いのは、子どもたちが綿に名前をつけていること。「ふわみちゃん」「しろまめくん」「パールル」なかには「やき肉せんもんてん肉とくくん」など。

170523ふわみちゃん

170523やきにく

 成長が楽しみです。

[2017/05/23 05:19] | 福綿プロジェクト松平2017 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【運動会② オラフVSエルモ】
 運動会の様子について綴っています。続きです。

 左手薬指骨折のため、参加プログラムが限られた娘。応援係専門だったために、ちょいと盛り上げないといかんなぁと思っていました。

 そんなときに、グッドタイミング! 父母教師会主催のプログラムに綱引きがあります。会長は赤組の応援団長、副会長が白組の応援団長です。綱引き担当のPTA役員から渡されたのはエルモのコスチュームにカニの被り物。この格好で旗振り役をするのが私の役目。

 ちなみに、白組はオラフ。会長と副会長の2人で、ファイティングポーズをとって会場を盛りたてました。

170522カニ


 それに副会長はパフォーマンス上手。子どもたちから「オ~ラ~フ! オ~ラ~フ!」と大歓声を引き出していました。「子どもたちのアナ雪人気にかなわないなぁ」と少し悔しがっていたところ、白組に負けじと赤組の子どもたちから「カ~ニ! カ~ニ!」との声援をうけました。(「エ~ル~モ!」ではなかった)

 私のひそかな自慢ですが、保育園の役員時代から綱引きは決勝まで残り負け知らず。今年も優勝をねらっていました。「カ~ニ!」の後押しもあり、2勝1敗で優勝できました。連勝記録更新です。

 パフォーマンスも楽しく、新たな自分を発見した感じです。

 運動会終了後の、娘の感想です。「あのカニって、お父さん?」と何人もきかれたとのこと。「むっちゃ恥ずかしくって、カ~ニなんて叫べなかった」といわれちゃいました(泣)。

 まぁ、今後の語り草になっていくでしょう。私は満足しております。

 さて、運動会の主役はもちろん子どもたち。いろいろ感動的な場面があったことを、あとからききました。

 特に、応援団長で頑張った小学校6年生。悔し涙もあったとききました。

 今年度の6年生の卒業式で私は式辞を述べることになっています。今年1年間の6年生の様子をしっかりと目に焼きつけておきたい、と思いました。

[2017/05/22 05:43] | | トラックバック(0) | コメント(0) |
【運動会① 地域の一大行事】
 今日は二十四節気で小満。七十二候で「蚕起食桑」(かいこおきてくわをくう)。

 昨日は娘の小学校で運動会でした。快晴で暑い一日でした。

 運動会の主役はもちろん子どもたちであり、学校主催の行事。ですが、地域も親も一緒に運動会に取り組む伝統がこの小学校に脈々と受け継がれています。

 なにせ今年私はPTA会長という大役を仰せつかっています。PTAは、駐車場係や来賓対応、開会式のあいさつ、校内見回り、父母教師会行事の綱引き、片づけなどがあります。

 それに私の自治区は人数が少ないこともあって、テントを自治区で用意します。昼食は家族が弁当をつくって、みんなで食べます。

 そんな手づくりのような運動会がとても気にいっています。

 事前に駐車場係を呼びかけたところ、「おやじの会」みなさんから協力がありました。とても心強いです。役員も早朝からスタンバイしていました。なんとチームワークのよいPTAなんでしょう。

 私の開会式は役員あいさつは緊張しましたが、何とか終了。

170521運動会

 
 主役の娘は左手薬指骨折のため参加行事が限られました。そんななかでも、松平音頭とソーラン節を楽しく踊っていました。

 さて、今年は私が主役となった行事は綱引き。とても楽しいものでしたが、それはまた明日綴ります。(続く)

[2017/05/21 06:10] | | トラックバック(0) | コメント(0) |
【腹立つ 共謀罪 強行採決】
  自民、公明、維新が昨日の19日の衆院法務委員会で、共謀罪修正案の採決を強行し賛成多数で可決させました。週明けにも衆議院本会議で採決しようしています。強行採決を断じて許すことはできません。共謀罪は生協や労働組合の活動の委縮につながり、監視社会をもたらす危険な法案です。これまで3度廃案にしてきた共謀罪。今回も許すわけにはいきません。

  共謀罪は、政府が「一般の方々が対象となることはありえない」といっても、労働組合や市民活動の「普通の行動」が十分対象になりえること、「犯罪の予防」「安心安全」「治安の維持」「テロ対策」を口実に体制側が「危険」「異質」と判断すれば監視対象となること、そのためにいずれ「普通の人たちの普段の生活」が取り締まりの対象になります。

  週明けのメディアの世論調査では、「今の国会で成立させる必要はない64%」(「朝日」)、「成立させるべきと思わない45%」(「読売」)といずれも「成立させるべき」より多くなっています。法案を「よくわからない」という声が多数であることも共通しています。審議が進めば進むほど、法案への理解が深まるどころか、警戒と懸念の世論が広がっています。

  審議では、花見か犯行の下見かの違いについて、金田法相が「目的を調べる」と内心に踏み込むことを認めました。法相が、ビールと弁当の持参が花見で、双眼鏡と地図の持参が下見だと苦し紛れの答弁。「内心」を取り締まる危険を隠そうとすればするほど矛盾に陥ることを浮き彫りにしています。

 共謀罪反対にむけて、国会前でも全国津々浦々でも抗議のアクションが連日行われています。昨日は19日には名古屋・若宮広場でSTOP共謀罪の集会とデモが行われ、私もいてもたってもいられず参加しました。

170520共謀罪反対


  5月27日には愛知県弁護士会主催の『共謀罪の廃案を求める集会&パレード』が名古屋・栄エンゼル広場で行われます。4度廃案に追い込むため、私も頑張ります。

[2017/05/20 05:46] | 社会 | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム | 次のページ>>
プロフィール

おぎゅうびと

Author:おぎゅうびと
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR