城址とガラ紡の里山暮らし
愛知県豊田市松平。徳川家のルーツにあたる里山です。その里山に2014年から暮らしはじめた家族のどたばた。松平で祖父が営んできたガラ紡のあれこれ、松平のなかでも大給城址の季節の移ろいを紹介していきます。
【ブログ2000号とチャレンジ目標額達成】
 ブログ『城址とガラ紡の里山暮らし』が今回の配信で2000号です。2012年8月6日から毎日配信。5年5ヶ月続きました。

 このブログは、私のつれづれな記録ですが、松平大給の里からの自然のうつろいや暮らし、ガラ紡を必要とする方に役立つ内容、そして日頃から考える社会のありようをつづってきました。

 地道な配信から、つながりが大きく広がりました。
 
 ブログ2000号にあわせたかのように、ORiiBUさんのクラウドファンディング『ガラ紡×障がい者福祉』のチャレンジ目標額が達成です。それも1週間という短期間です。支援いただいたみなさま、ありがとうございます。

180126達成


 ガラ紡が、これほど待たれ、期待もされていたとは驚きました。

 社会福祉法人オンリーワンのORiiBUさんのミッションではありますが、ガラ紡の歴史があらたに切り開かれました。

 私にとっては、ブログ2000号の歩みがあってこそ。あらたなステージに身が引き締まる思いです。

[2018/01/26 06:44] | 節目に | トラックバック(0) | コメント(0) |
【阪神淡路大震災写真記録『レンズが泣いた』】
 阪神淡路大震災から23年。5時46分の発生時刻に黙とうを捧げました。

 この震災で、高校の同級生が志半ばで亡くなりました。K君に恥じない生き方をしようと、毎年1月17日に誓います。

 大学卒業前に発生した大震災は、私が生協で働くにあたっての原点にもなっています。

 一方、 6434人が亡くなった震災を知らない世代が増えており、次の世代に「伝える」ための取り組みが課題とも報じられています。

 私の本棚には、当時刊行されたAERA臨時創刊号『レンズが泣いた』があります。朝日新聞記者による阪神淡路大震災の写真記録集です。

180117レンズが泣いた日


 今ページをめくっても、当時の出来事が鮮明によみがえります。

 「阪神淡路大震災を忘れない」という私の決意を写真集にこめています。次は娘に「伝える」ために、引き続き本棚に置きます。

[2018/01/17 07:00] | 節目に | トラックバック(0) | コメント(0) |
【メッセージありがとうございました】
 誕生日にFBで多くのメッセージをいただきました。ありがとうございます。

 46歳の誕生日は埼玉県へ。生協労連のなかま、コープネットグループ労組広報宣伝部の学習会に講師として招かれました。

 題して『機関紙の力』。3時間ほど存分に語ってきました。私の「機関紙愛」がとても満たされました。

 『大歓迎』の手作り幕に照れるやら、うれしいやら。

171017大先生


 最高の誕生日プレゼントでした。

 新幹線車中でも機関紙を作成していました。選挙戦も後半。機関紙の力を信じて「野党共闘+市民」で情勢を変えていきます。

[2017/10/17 05:47] | 節目に | トラックバック(0) | コメント(0) |
【機関紙とガラ紡】
 46歳の誕生日を迎えました。このブログは40歳から毎日書きはじめてきました。42歳の誕生日のブログでは「45歳をターニングポイントにおく」と定めていました。

 1年前の45歳の誕生日に次のような文章を書きました。

「機関紙と労組で世直し暮らし」「城址とガラ紡の里山暮らし」。45歳からは、この2つの営みを自分の生き方に据え、2010年代後半から2020年代の社会づくりをすすめていこうと決意する45歳の朝です。

その言葉通り1年過ごしました。「ターニングポイント」と定めただけあって、充実した1年でした。

機関紙については、講演の機会もいただきました。労働組合を足場に機関紙の分野で力を発揮するのが私のつとめといっそう自覚するようになりました。

ガラ紡と糸紡ぎは、2回講座を行いました。松平大給をフィールドにした「城址とガラ紡の里山暮らし」は始めたばかり。こちらも問い合わせがあり、手ごたえがあります。

40歳代前半は「世直し暮らし」と「里山暮らし」の両立を模索し、45歳には機関紙とガラ紡に焦点を置こうと決めました。

1年たち、その方向に確信をもちました。四捨五入をすれば50です。50歳代は「何をどう伝え遺すのか」を意識するでしょう。機関紙とガラ紡を40歳代後半にもっと深め、50歳代を展望しはじめようと、ぼうやり考える46歳の誕生日の朝です。

[2017/10/16 06:24] | 節目に | トラックバック(0) | コメント(0) |
【サプライズ!】
 うれしいことがあったので、こちらにも紹介。

  昨夜は、私は娘の小学校で父母教師会(PTA)の懇親会でした。今年、私は会長なので参加しました。

  楽しく懇談していたのですが、会の終わりがけに、なんと私と校長先生に誕生日サプライズがありました。校長先生と私は10月生まれ。校長先生は本日で、私は16日です。それを知った幹事のみなさんが、手づくりの冠を用意してくださいました。

171008バースデー


 私、はじめて腰が抜けるという経験をしました。

  なによりうれしかったのが、今回このサプライズを朝から準備をしていただいた幹事のみなさんが「準備が楽しかった」と話してくれました。

 PTAって、なんだか「大変そう」「義務感」みたいなことをいわれがちですが、私はそんな気持ちはなくて、むしろ「親とつながって、楽しい!」のです。そんな気持ちがPTAのみなさんに伝わってくれているようで、とてもうれしかったです。

[2017/10/08 06:39] | 節目に | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム | 次のページ>>
プロフィール

おぎゅうびと

Author:おぎゅうびと
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR