城址とガラ紡の里山暮らし
愛知県豊田市松平。徳川家のルーツにあたる里山です。その里山に2014年から暮らしはじめた家族のどたばた。松平で祖父が営んできたガラ紡のあれこれ、松平のなかでも大給城址の季節の移ろいを紹介していきます。
【大給城址 倒木処理】
 松平大給の里のシンボル大給城址。ロッククライマーや山城ファン、歴史ファンのみなさんが、全国からみえます。

 国定公園ではありますが、ここの整備は地元自治区がしています。

 先日はその作業日。私の担当は倒木処理。チェーンソーをうならせておりました。

180605倒木処理



 とはいえ作業に限界があります。倒木があまりにも多く、危険でもあるため、すべて片づけられませんでした。

 全国から大給城に遊びに来る方が、安全に楽しめるようにしたいなぁ。何とかしたいなぁ。

[2018/06/05 05:53] | 大給城址 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【乾電池 なぜここに捨てる】
 松平大給の里でみかける看板のひとつに「不法投棄禁止」。少し奥に入れば、人の目が行き届かないからでしょうか。「なんでこんなものをここに捨てるのか」と腹立たしい不法投棄をみかけます。気持ちが沈みます。

  里山歩きをされる方々が、興ざめしてしまうのが目に浮かびます。少々の量でしたら私は片づけています。

  先日は、乾電池10数本を袋に入れて道に捨てられていました。腹立たしいです。

180129乾電池


 ゴミはゴミを呼びます。「ここは捨てられない」と思えるような里山をつくらなば。

[2018/01/29 06:01] | 大給城址 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【大給城の梅畑作業】
 今日から七十二候で「熊蟄穴」(くまあなにこもる)。冬ごもりの季節ですね。

 先日は、大給城の梅畑を整備しました。地元有志で年2回作業しています。

171212梅畑


 今回は、枝の剪定、台風で倒れた竹の撤去、イチョウと枯れた梅の伐倒、肥料まきなど。焚き火で枝や竹を燃やしました。

171212焚き火


 あらためてチェーンソーの使い方を教わりました。チェーンソーは、ガイドバーの先を回しながら伐ること。回すのはつねに木の頂点を伐るイメージをもち、刃が挟まらないようにすること。

 私は、ガイドバーの根元を一直線におろしていました。

 みなさんからいろいろ教わります。里山で暮らすための技は体に刻み込ませることですね。
 
 たき火をしながら、五平餅をいただきました。あたたかく、無心になる時間が心地いい。

171212五平餅


すでに梅が芽を出していました。

171212芽


 冬の里山作業は楽しいですね。

[2017/12/12 05:39] | 大給城址 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【大給城の紅葉 見ごろも終盤へ】
 勤労感謝の日ですね。働くことが「苦役」ではなく「喜び」となるよう、私も微力ながらもつとめたいです。

  ですが、気候が大きく変化していることもあり、体調を崩してしまいました。風邪をひいてしまいました。みなさんもご注意ください。

  さて、大給城の紅葉が見頃です。先週の休日も大変多くの方が訪れていました。

171123大給城


  今週末で、見頃も終わりになると思います。頂上は大変風が吹いていて寒いです。どうぞ、あたたかい服装で大給城の紅葉を楽しんでくださいね。

[2017/11/23 06:10] | 大給城址 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【BS日テレに大給城登場】
このブログでも予告をしていた、16日21時放送のBS日テレ『片岡愛之助の歴史捜査』。特集が「小牧長久手の戦い」。秀吉と家康の戦いの検証をしていましたが、そこに大給城が紹介されました。

171118大給城


家康が秀吉とのたたかいにそなえるために、大給城を整備したというもの。虎口を直角にしたり、石塁を整備したり、尾張方面の見晴らしのよい場所に陣を張ったり。

これで、大給城を訪れる歴史ファンが増えそうです。取り上げていただき、とてもうれしいです。
[2017/11/18 07:50] | 大給城址 | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム | 次のページ>>
プロフィール

おぎゅうびと

Author:おぎゅうびと
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR