城址とガラ紡の里山暮らし
愛知県豊田市松平。徳川家のルーツにあたる里山です。その里山に2014年から暮らしはじめた家族のどたばた。松平で祖父が営んできたガラ紡のあれこれ、松平のなかでも大給城址の季節の移ろいを紹介していきます。
【森友疑惑の陰にならないよう 共謀罪反対デモ】
 森友疑惑で、連日熱を帯びています。一方で、共謀罪という危険な法律が閣議決定されています。

 共謀罪が、森友疑惑の過熱している世論の陰にかくれないようにしないと。

 ということで、今日は名古屋で共謀罪反対の集会が予定されています。私も参加予定です。

3/24(金)18時30分
矢場公園(ナディアパーク南隣「矢場町」駅から徒歩5分
 18時30分 共謀罪反対集会
 19時10分 栄交差点までデモ行進

170324チラシ 
[2017/03/24 06:27] | 社会 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【共謀罪 廃案させねば】
  共謀罪の法案提出を安倍政府は閣議決定しました。「あの時代」がひたひたと近づく、なんともいえない恐怖を覚えます。

  共謀罪だけではありません。森友疑惑・防衛省文書隠し・沖縄辺野古新基地・高江のヘリパット・愛国洗脳教育など、枚挙にいとまがないほど安倍政権は暴走しています。

 「ノーの声をあげよう」と、3月19日に名古屋・白川公園で行われた安倍政権ノーの集会にコープあいち労働組合の役員なかまと参加しました。日曜日で人通りの多い栄の街で安倍政権退陣をアピールしました。

170322共謀罪


  森友学園疑惑で安倍首相など政治家の関与が疑われています。集会主催者からは「『安倍首相がんばれ』『安保法制関連法が通って良かったです』と子どもに言わせる学校には国有地を8億円も引き下げる。しかし、真面目に税金を納める大多数の国民や活動する市民を取り締まろうとしている」と発言し、身内に甘く国民に厳しい安倍政権の本質を浮き彫りにしました。

  韓国では朴槿恵(パククネ)大統領、が身内の国政介入に国民の大きな怒りが起き罷免されました。日本でも、韓国と同じように、「身内を優遇する」政治が進められ、安倍政権の支持率は下がり始めています。

  様々な問題の本質は、安倍政権の姿勢にあります。特に、共謀罪は重大な局面です。3回も廃案させた法律です。今回も私は廃案にむけて頑張ります。

[2017/03/22 05:47] | 社会 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【「大学受験させられず、申し訳ない」】
 3月8日に、全国の生協ではたらくなかまが東京へ。最低賃金の大幅な引き上げを求め終日アクションしました。早朝の新橋駅での宣伝。衆参全国会議員への要請。そして、銀座でサウンドデモ。私も終日、参加しました。

170313デモ


 特に、サウンドデモでのパートのなかまのスピーチに、参加者は聞き入りました。

 内容を紹介します。

15年前にシングルになり、ひとりで3人の子どもを育ててきました。家電量販店でカードを作りにいきましたが、パート雇用であったためにカードをつくることができませんでした。そのとき「パートは世の中に認められていないのだ」と見放されたような気持ちになりました。

長男が高校3年生のときに、担任の先生から「大学を受けさせてあげて下さい。全力でサポートしますから」と言ってもらいました。しかし、高校1年生と中学2年生がいたので、経済的にも精神的にも余裕がなく、大学受験なんてとても考えられませんでした。このことは今でも長男に申し訳なく思います。

毎日が精一杯で電気や水道を止められそうになりながらも、なんとかやってきました。企業が「働かせやすい国」ではなく、働くものが安心して将来的設計ができる世の中になるようにしていきたいです。


 私たちの行動が、多くの困難のなかにいる働くなかまに、どうか届きますように。もちろん、政治にも。

[2017/03/13 05:55] | 社会 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【月100時間の残業法制化は殺人の合法化だ】
 東日本大震災と原発事故から6年。今日という日のことを言葉でとても簡単にはあらわせませんが、「生き抜く」という重みをかみしめる一日にしたいです。

 さて、3月8日に私は東京へ。生協労連のなかまと中央行動に参加しました。

 その前日夜に私は東京・大手町の経団連前にいました。経団連会長が「月100時間残業は、まぁ妥当な水準」なんていうものだから抗議するためです。エキタスがアクションを主催しました。

170311経団連前


 参加者300人のコールにも、スピーチの内容にも心打たれます。

 「月100時間の残業をさせられた上に、パワハラやセクハラで追い詰められた友人の悔しさがわかるか」
 「働いてよかったと思える会社にするためには、月100時間の残業なんてありえない」

 この国会で安倍首相は「働き方改革」といって耳当たりのよい言葉を並べています。でも、実態は経団連加盟の大企業にとって都合のよい働かせ方が目指されています。

 過労死レッドラインは月80時間の時間外労働。月100時間の時間外労働の容認は、あまり言葉として使いたくないですが殺人を法的に認めるということ。月100時間の時間外労働がいかに人として狂わせ、いのちと健康を奪い、家族に悲劇をもたらすのかを、私は目の当たりにしています。

 だから、月100時間残業を法的に可能にする「働き方改革」なんて許せません。

 今回のアクションをTBSが熱心に取材していました。マスコミには「働き方改革」の本質と問題点を丁寧に報道してもらいたいです。


[2017/03/11 06:29] | 社会 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【共謀罪 マジでやばい!】
  共謀罪、マジでやばい! 

  私が事務局をつとめるコープあいち九条の会はじめ、コープあいち労働組合やコープあいちなどが共催して、共謀罪の学習会をしました。講師の渥美雅康弁護士は「今、共謀罪の学習会であちこち呼ばれています」。なるほど、関心の高さを反映してか会場いっぱいの参加者でした。

170306共謀罪


  特に「やばい」のは、疑いをかけられた時点で犯罪の対象になること。体制側から見てどんな活動でも「危険」「異質」とレッテル貼りをされたら、「犯罪の予防」「安心安全」「治安の維持」「テロ対策」など様々な口実ですぐ疑いがかけられます。労働組合や生協の普通の活動だって、その可能性が十分あります。

  でも、政府は「テロ対策」を前面にかかげて共謀罪をつくろうとしています。「テロ対策なら必要では」みたいな世論操作をしています。これがとても怖いこと。市民どうしで「監視」が強まります。ほんと、戦前の治安維持法です。

  さらに恐ろしいのは、すでに監視は行われています。今回の学習会に「大垣警察市民監視違憲訴訟」の原告の方が参加されました。岐阜県大垣市では風力発電事業計画をめぐり、岐阜県警が反対派住民の監視情報を事業会社に提供して問題になっています。生々しい記録が学習会で紹介されて、ぞっとしました。 

  政府は、共謀罪の法案提出を進めようとしています。一方、多くの市民に「共謀罪はやばい。ダメ」の世論も広がっています。

  「かつての時代」に戻させないように、この春はたたかいです。

[2017/03/06 06:16] | 社会 | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム | 次のページ>>
プロフィール

おぎゅうびと

Author:おぎゅうびと
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR