城址とガラ紡の里山暮らし
愛知県豊田市松平。徳川家のルーツにあたる里山です。その里山に2014年から暮らしはじめた家族のどたばた。松平で祖父が営んできたガラ紡のあれこれ、松平のなかでも大給城址の季節の移ろいを紹介していきます。
【台風ような改憲の勢い どう止める?】
 台風と衆院選挙。まさに大荒れの10月22日でした。報道は台風中心でしたが、選挙がとっても気になっていました。 

 今朝の報道によれば、自民党は単独で選挙前議席に迫り、公明党と合わせて改憲に必要な全議席の3分の2を上回り圧勝。

 野党は、立憲民主党が選挙前の3倍を超える議席を獲得して躍進。共産党は議席を半数減らす。

 希望は選挙前の議席減。自民・公明両党と憲法改正に前向きな希望の党、日本維新の会の獲得議席は、全議席の4分の3を上回ります。

 共産の議席減は残念ですが、山尾志桜里さんの当選はとてもうれしい。

 次は改憲を許さないたたかいへ。まさに台風のように改憲勢力が9条を変えようと躍起になるでしょう。

 選挙の台風の荒れはその予兆とうけとめ、今日一日は台風の片づけをして、穏やかにこれからを考えます。

[2017/10/23 06:45] | 社会 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【大学生協のなかまが名古屋大学へ】
 衆院最終日、生協労連の大学部会総会が名古屋大学で開かれました。地元開催のためうかがいました。

171022名大生協


 衆院選挙戦最終日でもあり、残り1日でできるアクションをしようと、冒頭に「選挙にいこう」と参加者でアピールしました。

171022アピール


記念講演は、本秀紀先生(名古屋大学)の『憲法を守り、大学を守るために』。先生得意の替え歌も飛び出しました。

171022本先生


先生が歌ってくださったセットリストは以下の通り。

・「戦争を知らない子供たち」〜「戦争を知らない総理大臣」
・「兵士Aくんの歌」
・「ヒロシマの有る国で」〜「9条の有る国で」

 『兵士Aくんのうた』は初めてききました。本先生は静かにまさに「弾き語り」をしてくださいましたが、「1人目の彼はどんな人だろう 1人目の戦死者Aくん・・・」というフレーズ。「これから、こんな現実がおきるのか」とききながら、とても胸がざわつきました。

 全国の大学生協のなかまはあまり知らなかったようですが、会場になった名古屋大学には格調高い『名古屋大学平和憲章』があります。戦争のための学問はしない。平和に貢献する大学となると宣言。そして、名古屋大学生協は毎年『名古屋大学平和憲章エッセイ募集』をしています。

 地元の名古屋大学はノーベル受賞者が多くいますが、その根底には平和憲章の思想が脈々とながれており、生協がその思想を支えているのですね。
 
 『ヒロシマの有る国で』の替え歌で、『♪九条のある国で しなければならないことは ともる戦(いくさ)の火種を消すことだろう』の唄、しみました。改憲が争点の衆院選最終日に本先生の話と唄をきけるなんて、なんという歴史的めぐりあわせ。

 衆院選を本日迎えました。微力ながら、私のできることはすべてやりきりました。今日の衆院選が歴史を動く一日になりますように。

[2017/10/22 07:13] | 社会 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【2分45秒12】
  2分45秒12。

  期日前投票と国民審査にかかった時間です。娘を投票所に連れて、ストップウォッチではかってもらいました。こんな短時間で簡単に投票できます。

171021投票済証


  午後7時30分頃の投票でしたが、人が多かった。さすが、県内期日前投票率トップの豊田市。

  この投票時間記録、今のところ私がトップのはず。

  というよりも、こんな時間を測るのは私ぐらいでしょうか。

  短い理由はもうひとつ。意中の候補者と政党があるから、迷わず書けたこと。

  日曜日は荒れ模様なので、ぜひ今日中に投票へ行ってくださいね。

  そして、どなたか私の記録を破って下さい(^^) 

[2017/10/21 05:25] | 社会 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【改憲をとめるために投票へ】
 選挙の投票日まであと2日。新聞では自公優勢と伝えていますが、選挙は終盤で大きく変わります。

 一番心配なのは天気です。台風が近づき、雨の予報です。こんな天気だから期日前投票へ。

 過去に命がけの幾多の試練をへて18歳以上の手にぎゅっとつかみとられた選挙権。無駄にして欲しくないです。今では期日前投票はしやすくなり、投票入場券がなくても投票できます。

 19日付中日新聞では『半数「9条変えるな」なのに 投票で憲法重視1割』と報じています。

171019憲法


  この選挙、私は「憲法を変えたくない」という信念で投票します。

 圧倒的な市民は「憲法を読んだのは、せいぜい学校の授業のとき。ずっと読んだことがない」のかもしれません。

 日本国憲法はとても格調が高くすばらしい文章です。70年もの間変えられることがなかった意味はとても大きいと思っています。

 憲法を変え「戦争OK」とする安倍首相の動きをとめたい。その一心です。

[2017/10/20 05:27] | 社会 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【選挙にあたって 一豊田市民の選択】
  豊田市に移り住み、トヨタとトヨタ労組の圧倒的な組織力を一市民としても肌で感じています。

  そんななかの選挙戦。16日付中日新聞『トヨタ票 岩盤に異変』『希望から出馬、疑問の声も』の記事。「やっぱりそんな声があるのか」と少し安心して読みました。

171018記事


  世界中の戦争や紛争の映像にトヨタ車が映っていると、とっても心痛みます。戦争を支える手段として車は使われて欲しくない。トヨタやトヨタで働く方々には、戦争を支える「ものづくり」ではなく、平和と暮らしを支える「ものづくり」をしてほしいと願っています。

  だから、民進のときには安保法制(戦争法)に反対していたのに、希望に変わったとたん、組織こぞって改憲をめざす怖さを感じます。憲法というのは、そんな軽く考えられているのかと残念に思います。

  もしかしたら、「もやもや」している豊田市民は多いのかもしれませんね。

  豊田に住んでいても、改憲をすすめて戦争につながる政治を選択しないようにしたいものです。

  豊田市民のつぶやきでした。
[2017/10/18 05:57] | 社会 | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム | 次のページ>>
プロフィール

おぎゅうびと

Author:おぎゅうびと
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR