城址とガラ紡の里山暮らし
愛知県豊田市松平。徳川家のルーツにあたる里山です。その里山に2014年から暮らしはじめた家族のどたばた。松平で祖父が営んできたガラ紡のあれこれ、松平のなかでも大給城址の季節の移ろいを紹介していきます。
【児童のワタ 芽が出ました】
  少し体調がよくなりました。まわりでも夏風邪がはやっています。ぜひ大事にして欲しいです。

  PTAの会議で小学校へ。小学校3年生のワタの成長を確認しました。およそ3分の2は芽が出たでしょうか。

180616ワタ


  まだ芽が出ていない児童がしょんぼりしている姿が目に浮かびます。

  先生には「今の時点で芽が出ていなければ、種が弱かったかもしれない。もう一度種をまいてください」とアドバイスしました。

  せめて夏休みが始まる前には全員芽が出ていますように。

[2018/06/16 06:24] | がらんぼう | トラックバック(0) | コメント(0) |
【ワタの授業③ 種まき】
  小学校3年生のワタの授業についてつづっています。

  いよいよワタの種まき。事前に資料を用意して、種まきをアドバイスしました。

  3年生には、和綿(アジア綿)か米綿(アメリカ綿)のどちらかを選んでもらいました。家で綿が育てられる児童は種を好きなだけもっていってもらいました。

180603種まき


  育て方の質問も次から次へと出されました。

  我が家の綿のドライフラワーを学校にもプレゼント。廊下に飾ってもらいました。

180603ドライフラワー (1)


  今年は松平産の綿が広がりそうで楽しみです。

[2018/06/03 05:45] | がらんぼう | トラックバック(0) | コメント(0) |
【ワタの授業② 綿は毎日触っている】
  小学校3年生のワタの授業についてつづっています。

  教室へ行くと、「会長さ~ん」と声をかけてくれる子どもたちがいました。昨年度まで小学校のPTA会長でしたので、親しみがある顔なのでしょう。

  授業開始。

180602授業


  私からは2つの質問をしました。

  「ワタをみたことがあるひとは?」。昨年学校で育てていたので、綿そのものはよく知っているようでした。ひとり「〇〇公園」でみたという児童がいましたが、学校以外ではみたことがないようです。

  次に、服のタグをみてもらいました。「綿と書いてあるひと?」と質問。ほぼ全員が手をあげました。

  「服のタグに書いてある国の名前をあげてごらん」とききました。あがった国は「中国・インド・カンボジア・ベトナム・バングラディシュ・インドネシア」。「日本製」とついているのは、数人でした(それでも数人いたことに驚き)。

  そこで、子どもたちには「綿は毎日触れているのに、身近にはみない。海外のものが多い」ことに気づいてもらいました。ここで反省なのは「MADE IN ○○」と書いてあるタグが多くて製造地が読めない子どもが多くいました。(続く)

[2018/06/02 06:47] | がらんぼう | トラックバック(0) | コメント(0) |
【ワタの授業① 3年目スタート】
  2年前から小学校3年生に綿の授業をおこなっています。

  一昨年は「昔の道具を使ってみよう」をテーマに、綿繰りや綿打ちを体験して、ミニガラ紡に触れました。松平、特に九久平ではガラ紡が盛んであったことを話しました。

  昨年は、綿を育てて収穫をしました。ガラ紡糸を使ってコースターをつくりました。糸や布の仕組みを学びました。

  そして、今年です。先生と相談して、種まきから授業にかかわることにしました。

 その第1回の授業を先日行いました。

 「どんな授業にしようかな」とあれこれ考え、資料を準備。「綿は毎日触っている。でも、ワタは身近にない」とまず知ってもらおうことにしました。

180601ワタ


  事前に資料を準備して授業へ。さぁ、うまくいったでしょうか。しばらく「ワタの授業」の様子をつづっていきます。

[2018/06/01 05:49] | がらんぼう | トラックバック(0) | コメント(0) |
【子どもたちからお手紙】
 小学校から嬉しい手紙が届きました。2月の小学校3年生に行った、綿と糸紡ぎの授業でのお礼の手紙です。子どもたち一人ひとりが私に書いてくださいました。

180329お礼

主な感想から、

  • わたうち、わたくりがむつかしくて、上手にできなかった。
  • コースターまでいかなかったのがざんねんでした。
  • わたの芽がなかなかでなかった。
  • 糸がワタからできているなんて知りませんでした。
  • 綿を植えたとき何をするのかわからなかった。
  • すすめなかった分を家でもやろうと思う。
  • 綿打ちは手や指が痛かった。
  • 綿の種を家でも埋めてみたいです。
  • コースターをつくったけど、ぐちゃぐちゃになってしまった。でも、弟にプレゼントする。
  • 服にワタが入っていることを教えてくれてありがとうございます。
  • やさしく教えてくれたので、ワタのことが好きになりました。

180329手紙


 なるほど、子どもたちの感想から「むつかしかった」という言葉が多く並んでいました。私も今回の授業では「ちょっと難しかったかな」と感じていました。率直な思いがつづられたのは、ありがたいです。

  でも、「楽しかった」という言葉もたくさんあったのはうれしいですね。

 高物がひとつできました。

[2018/03/29 06:19] | がらんぼう | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム | 次のページ>>
プロフィール

おぎゅうびと

Author:おぎゅうびと
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR