城址とガラ紡の里山暮らし
愛知県豊田市松平。徳川家のルーツにあたる里山です。その里山に2014年から暮らしはじめた家族のどたばた。松平で祖父が営んできたガラ紡のあれこれ、松平のなかでも大給城址の季節の移ろいを紹介していきます。
【サクラソウ】
 共謀罪が重大な局面を迎えています。自民、公明の与党、日本維新の会が衆院通過へ向けた動きを強めています。この動きを許すわけにはいきません。明日は、名古屋で共謀罪の反対集会が行われます。参加して意思を示したいと思います。

  さて、初夏になり、花も鳥も夏色になってきました。我が家の土手に「サクラソウ」が咲きだしました。花弁がサクラの形に似ています。

170518サクラソウ


  これまでも咲いていたのかもしれませんが、初めて気づきました。

  調べてみると、江戸時代は荒川沿いに多く見られ、サクラソウ見物も行われたとか。自生地は減少しているそうです。

[2017/05/18 05:48] | 季節2017 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【ツバメ 今年は来ず】
 今年はツバメが巣をつくりにきていません。

 ツバメを見かけることはあっても、なんだか避けられているようです。

 ツバメが巣をつくる家は一年幸せになるといいます。ツバメは外敵予防のために、人の出入りが多い家に巣をつくります。糞や蛇などを嫌がらず、ひなをかわいがる家には優しさが満ち溢れているように感じます。

 そして、ツバメのこなくなった家には、その家族の変化を感じ取ってこなくなるともいいます。幸せが逃げていくようです。

 写真は昨年のツバメです。

160623ツバメ


 きてくれないかな、ツバメ。

[2017/05/17 05:44] | 季節2017 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【マムシグサ】
 大給城への行く道中に変わった野草が咲いています。テンナンショウ、あるいはマムシグサと呼ばれます。

170513マムシグサ


 茎がマムシのような色をしています。花の形がユニーク。筒に上品にふたがついています。

 昨年も同じ場所に咲いていました。ユニークは花をみるとうれしくなります。

 ここの場所は、もうすぐ町の草刈りが行われます。おそらく、マムシグサも草刈りで切られてしまうのでしょう。

 秋にはトウモロコシみたいな実をつけるそうですが、本音では、この花を残して欲しい。

[2017/05/13 07:08] | 季節2017 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【ニガナ】
  大給城のチゴユリが咲き終わりました。そのつぎに咲きだした小さな花はニガナです。

  5枚の小さな花弁で丈は小さいです。手に取ってみたわけではありませんが、茎と葉からでる液が苦いので名づけられたようです。

170512ニガナ



  小さい花であっても、きちんと名前があります。

  大給城を訪れるロッククライマーは少なくなりました。そろそろ大給城には虫が発生するので、シーズンも終わりに近づきました。

[2017/05/12 05:55] | 季節2017 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【藤の花】
 藤の花が里山に咲き始めました。

 藤の花といえば、藤棚しか知らない私にとって、里山に咲くのだと知ったのはこちらに住んでからのこと。新緑と薄紫のコントラストが美しい。

170511藤の花

 万葉集の頃から、人の心をひきつけてきた花のようですね。歌に

藤波の、咲き行く見れば、霍公鳥(ほととぎす)、鳴くべき時に、近づきにけり
田辺福麻呂(たなべのさきまろ)

藤の花が咲いたら、ホトトギスが鳴く頃も近い。


 ホトトギスも楽しみです。

[2017/05/11 05:43] | 季節2017 | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム | 次のページ>>
プロフィール

おぎゅうびと

Author:おぎゅうびと
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR