城址とガラ紡の里山暮らし
愛知県豊田市松平。徳川家のルーツにあたる里山です。その里山に2014年から暮らしはじめた家族のどたばた。松平で祖父が営んできたガラ紡のあれこれ、松平のなかでも大給城址の季節の移ろいを紹介していきます。
【廃品回収】
 昨日は、小学校父母教師会の廃品回収。学区内の家庭から廃品を集めて、父母教師会の活動費用にあてるというものです。

 これまで私は廃品回収活動に仕事のためになかなか参加できていませんでした。今回はやっと役員として段ボール係を担当しました。

170212廃品回収


 この作業の何が楽しいって子どもたちや親みんなと作業をすること。内容は何でもいいのですが、みんな何か作業をするのはとても楽しいものです。

 娘の小学校には、このような作業が多くあるので、うれしいです。役員や先生方の準備に頭が下がりますが、気負うことなく楽しく、つながっていきたいです。

[2017/02/12 06:27] | 暮らし2017 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【梅の薪】
 今日は七十二候で「黄鶯睨睆」(うぐいすなく)。昨日あたりから、朝の鳥の鳴き声が変わってきたように思います。キツツキの音が聞こえたり、急に鳥の声が増えたり。そろそろ、ウグイスが鳴きだすのでしょうか。

 今日は薪づくりについて。
 
 ガラ紡工場跡地にあった、樹齢80年(もしかして100年?)の梅の老木。

 「桜伐る馬鹿 梅伐らぬ馬鹿」といいますが、長年手入れできなかったため巨木になり、滝川へ倒れかかってしまいました。

 思い入れのある梅の木でしたが、昨年伐りました。先日はチェーンソーで玉切りにしました。家族と親戚が集まっての一大作業。梅にしては太く、玉切りに難儀しました。

170208梅の玉切り


玉切りした梅の木は、割って薪ストーブに使います。みんなで薪をつくる作業はとても楽しいもの。私の持論は「薪は人をつなぐ」。自分たちの暮らしで使うエネルギーを自分たちでまかなう手ごたえを感じます。

 歴史のつまった梅の木です。大事に薪として使います。

[2017/02/08 06:10] | 暮らし2017 | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム |
プロフィール

Author:おぎゅうびと
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR