城址とガラ紡の里山暮らし
愛知県豊田市松平。徳川家のルーツにあたる里山です。その里山に2014年から暮らしはじめた家族のどたばた。松平で祖父が営んできたガラ紡のあれこれ、松平のなかでも大給城址の季節の移ろいを紹介していきます。
ロッククライミングの世界② ユニークな岩の名前
 三寒四温を味わう春ですね。今日は天気がよさそうです。
 

 さて、ロッククライミングの世界を『日本の100岩場』のガイドブックで少しのぞいています。

 ガイドブックによれば、愛知県で紹介さている岩場エリアは2ヶ所。奥三河の鳳来と、ここ豊田です。

 読んでいくと、大給城はじめ天下峯・古美山なども含めてこのあたり5~6キロの範囲が「豊田の岩場」として知られているようです。

 それも「地元のクライマーですら総数が把握できず、全貌は不明」「豊田の全エリア、全課題が出そろうのは先の話」とのことです。

150119岩


 ガイドによれば、岩には名前がついています。それもユニークな名前です。

たとえば、大給城の岩は「駒鳥ロック」「ダイヤモンドスラブ」

他にも古美山には「サイコロ岩」「縄文ハング」「お忍び前岩」「ビビリ岩」

天下峯は「マンボウロック」「オトギロック」という名前がつけられています。

ロッククライミングの皆さんの間では、岩の名前がとてもユニークであることを知りました。

[2015/02/28 07:24] | 大給城址 | トラックバック(0) | コメント(0) |
ロッククライミングの世界① 本を入手
 休日の大給城址は全国からロッククライミングが多く訪ねています。

 そして、ロッククライミングの方々が手にしている本が『フリークライミング 日本の100岩場④ 東海・関西』

150227岩場


 どう大給城址が紹介されているのか、地元民として知りたく入手しました。

 私はロッククライミングに挑戦しようとはあまり思っていません。ただ、ロッククライマーのみなさんが、なぜ岩にひきつけられるのかにはとても興味があります。

 さっそく、本を開いてみると…なんとも不思議な、それもユニークな言葉が並んでいます。奥が深そうです。

 私の初歩的な勉強として、この本を参考にロッククライミングの世界を少しのぞいみることにします。(続く)

[2015/02/27 06:49] | 大給城址 | トラックバック(0) | コメント(0) |
 松平の宝の地図
 先日松平郷におじゃました際に、『松平の宝の地図』というチラシを発見しました。

 発行は「松平の宝さがし実行委員会」。昨年から松平観光協会のIさんが「松平の宝を教えてください」と投函を呼びかけていました。私も投函しましたが、形になったのですね。

150226宝

 みてみると、自然(山・川・岩)と、徳川家発祥の地としてのプライドが松平の宝になっているのだと、とわかりました。

 さて、最近は「地域資源をいかす」という言葉をよくききます。私の考える暮らしは、「四里四方でまかなえる生活」です。

 よく『四里四方に病なし』といって、自分が住んでいる16キロ(1里=約3.9キロ)四方の範囲でとれた旬の食材を食べていたら病気にならない、といわれます。

 私は松平地区の広さで、暮らしをまかなうのがイメージです。ゆくゆくは食べ物やエネルギーもまかなえるのが理想。水はなんとかなりそうです。

 
 「里山の自然を生かして丁寧に暮らしたい」という方が若い世代が増えています。お年寄のみなさんは「そんな暮らしはこりごり」とききますが、里山の自然を生かした丁寧な暮らしができるのは「松平の宝」のように思います。

[2015/02/26 06:48] | 松平の紹介 | トラックバック(0) | コメント(0) |
あじさい賞
  あたたかくなり昼はとても霞んでいましたね。昨日は、少しのどが痛くなりました。ラジオから卒業ソングがかかるようになり、いっそう春を感じます。

  さて、最近の娘ですが直接教室にいけるようになりました。

  これまでは車の中で長くて30分ほど待ってから保健室へという時期が続きました。今は、すぐに車から降りて自分の足で歩けるまでにいたりました。

  昨日は「もうついてこなくていい」というまでになりました。

 月曜日はぐずりがちですが、1月のことを思うと、ホッとしています。

  最近は、学校から「あじさい賞」という賞状いただきました。「あなたの行動は、他の児童の模範です」とたたえられました。「作文がなかなか書けなくて困っていた友だちを、やさしく助けていました」というのがあじさい賞の理由です。

150225あじさい賞


 娘は賞状の意味はあまりピンときていないようですが、この2カ月間を思うと「ここまできた」という感じです。先生方の心づかいはありがたいです。

  それに、みなさんからのあたたかい言葉にも感謝です。この場を借りてお礼申し上げます。

  早いもので小学1年生もあと1か月になりました。

[2015/02/25 06:15] | | トラックバック(0) | コメント(0) |
 薪割り急募
 今日から七十二候で、霞始靆(かすみはじめてたなびく)。しばらく雨が降りましたが、こちらは山が霞んでいました。

 高速道路では「キリ注意」と案内されますが、「霧(きり)」は秋の言葉。春は、同じ気象現象でも「霞(かすみ)」といい、春と秋では違うそうです、

 さて、松平郷から「間伐するから木をもっていっていいよ」と連絡をうけました。この時期、松平郷では間伐作業が行われ、シルバーのみなさんの仕事づくりになっています。

 軽トラックでいくと、ゴロゴロと間伐材が転がっていました。

150224間伐材

 ちょうど8人ほどのシルバーさんが作業をしていました。

150224作業


 協力いただいて、軽トラック3杯分もいただきました。

150224軽トラック


 そのなかのお一人Fさんと知り合いました。

 Fさんは薪ストーブ歴6年。今年から松平の薪ストーブなかまと薪づくりネットワークをつくり始めたそうです。

 「山が手入れされるには、薪ストーブの設置が一番いい」と話されるFさん。私もさっそくそのネットワークのなかまになりました。

 少しでも松平の山をきれいにしたいと願う地元の方と知り合ってうれしいです。

 さて、軽トラック3杯分もいただくと、我が家の薪小屋前は間伐材がてんこ盛り。

150224薪

 昨日は一日玉切りをしましたが、作業が追いつきません。

 そこで「薪割りしたみたい!」という方を急募いたします。ウグイスをききながら薪割りいかがですか? 薪カフェでおもてなしいたしますよ。


[2015/02/24 06:29] | 森林 | トラックバック(0) | コメント(0) |
庚申さん(こうしんさん)
 昨日は松平大給の里で「庚申さん(こうしんさん)」と呼ばれる行事がありました。

 このあたりには、巨石がごろごろとしていますが、その巨石に地蔵さんや神棚などが祀ってあります。地域みんなでお詣りして、昼食を食べるという行事です。

 その場所に娘と出かけましたが、びっくりしました。

 すぐ裏山にこんな大きな巨石があるとは! 

150223巨石


私の願いは「どうか転がって落ちてきませんように」でした。

かつては大人数が集まってにぎやかだったという庚申さん。今はそれぞれの家庭から赤飯や味ご飯を持ち寄るという程度になりました。

それでも地域のみなさんが、集まって過ごす時間があるのは幸せです。

[2015/02/23 06:29] | 暮らし2015 | トラックバック(0) | コメント(0) |
落ち葉ベッド
 大給城に娘と散歩にいきました。ウグイスが鳴き、紅梅も咲きだしました。

150222梅


 「梅にうぐいす」の里山の春を味わってきました。

 さて、大給城には落ち葉がいっぱいです。あまりに気持ちよかったので、娘と落ち葉ベッドをつくりました。

 ごろ寝をした娘に落ち葉をかけました。

150222落ち葉

 私も寝てみましたが、見上げる空がとても気持ちのいいこと。

 流れる雲は、みていてあきません。

 地面からも春の音が聞こえてきそうです。

 それに落ち葉があたたかいことも発見しました。

 今度は小さな子どもたちのために、落ち葉プールで遊びたいです。


[2015/02/22 06:57] | 大給城址 | トラックバック(0) | コメント(0) |
スギの枯れ葉
 まだ朝の霜はびっしりですが、日の出が早くなりました。我が家のまわりでウグイスがあちこちで鳴いています。

 ウズウズするので散歩に出て、焚きつけの小枝を集めました。最近は、枯れたスギを集めます。

 一輪車いっぱいに積み込みます。

150221スギ


スギの枯れ葉の焚きつけは、パチパチパチととても勢いよく燃えます。音が心地よいです。

150221薪ストーブ

 今シーズンで焚きつけもうまくできるようになりました。薪ストーブの季節も残り2か月となりました。

[2015/02/21 07:55] | 薪ストーブ2015 | トラックバック(0) | コメント(0) |
豊森5期募集のチラシ
 マスコミ報道で、春闘が大きく報じられています。ベアはじめ「賃上げが必要だ」という世論が広がっています。

 私も労組役員として連日職場を回っています。

 特に介護分野は切実です。政府の介護報酬の引き下げ政策、初任給の低さで「これではやっていけない」と退職を決断するなかま、事業も縮小せざるをえない…。

 介護はいっそう充実が求められるのに、働くものに展望がもてない春を迎えさせたくないですね。

 さて、昨年私が1年通った豊森なりわい塾。4期生はそろそろ卒塾の発表の頃でしょうか。 昨年の今頃は、豊森なかまのみなさんの意欲的な未来像に刺激を受けていました。

 あれから1年。その豊森なりわい塾で、来年度5期生の募集が始まっています。

5期生募集チラシに斧を持った私がうつりました。それもベストポジションに。いやぁ恥ずかしいですね。

150220チラシ

 労働組合と豊森なりわい塾。

 私のなかでは、どちらもこれからの社会のあり方を考える上でつながっています。

 まちもむらも、暮らしも働きも、「つながり」があってこそよくなります。

 このチラシで5期生の募集に微力ながらも貢献できますように。

[2015/02/20 06:44] | 豊森なりわい塾 | トラックバック(0) | コメント(0) |
筋をみつけて真をとらえる
 今日は雨水です。七十二候で「土脈潤起」(どみゃくうるおいおこる)。寒さは続きますが、夕方には日脚が伸びるのを実感します。

 我が家の薪小屋の前に、現在大きな丸太が積んであります。両手で抱えるくらいの太さです。裏山から伐りだしてきました。

「こんな丸太が本当に割れるのか?」と斧で割れるのか試してみました。

 さすがに一発で割れませんが、割れ目が入ります。

150219薪①

 今度は割れ目をねらって斧を振り下ろします。思ったところにいくこともあれば、外れることもあります。

150219薪②

 この作業を繰り返すと、そのうちスカッと割れます。いくつか割ると、固そうにみえる丸太も「ここ」と思える場所がみえてきます。

 その場所に斧を振り下ろすと、一発で気持ちよくわれます。その場所は、わずかな割れだったり、木目だったりします。まだ私は勘でその場所を定めますが、きっとベテランならすぐわかるのでしょうね。

 薪割りをしながら、ふと考えました。

 日頃の私たちの営みも最初から無理だとあきらめず、闇雲でもいいからチャレンジすると、そのうち「みえてくる」ものがあります。

 岩職人によれば、岩にも筋があり、その筋を見出して、より少ない力で岩を割るそうです。

 その域にはまだまだ達しませんが、「筋をみつけて真をとらえる」という訓練を、薪割りを通して積み重ねたいな、と思いました。

[2015/02/19 06:24] | 薪ストーブ2015 | トラックバック(0) | コメント(0) |
スマホとチューナーラジオ
  さまさまな連絡だけでなく、カメラ記録やラジオ放送も、ほとんどスマホを使っています。

  そんなスマホを職場に置いて家に帰ってきました。 「しまった」と思いましたが、実は「今夜はスマホから解放される」という安堵の気持ちもありました。

  しかし、私がスマホ依存を自覚したのは、常にバイブが震えている錯覚に陥ること。逆に解放された気分を味わってもいいのに…。

  そこで久しぶりに取りだしたのは、チューナーラジオです。ダイヤルを回して使うのですが、さまざまな放送局が混線しながら入ってきます。

  娘が珍しがって「宇宙人と連絡を取り合っているの?」と興味津々。

  今は、デジタルでラジオを聴くのですが、久しぶりのアナログラジオを聴くのも良いものです。そんな依存症とアナログのあたたかさを感じた、スマホのない夜でした。

[2015/02/18 06:25] | 暮らし2015 | トラックバック(0) | コメント(0) |
ひな人形
昨日はとてもきれいな青空でした。

なんと、たんぽぽや梅が咲きだしました。

150217たんぽぽ

150217梅

水仙も青空に映えていました。

150217水仙


そんな気分にさそわれて、ひな祭りも近づいたので、ひな人形を出すことに。

こちらに住み始めて初めてのひな祭り。そこで私の妹のために40年前に購入したひな人形を出しました。

150217ひな人形


三人官女・五人囃子・左大臣と右大臣・仕丁が勢ぞろいです。

 春の訪れに、気持ちも体もうずうずしてきました。

[2015/02/17 06:18] | 季節2015 | トラックバック(0) | コメント(0) |
初鳴きと薪割り
 松平・大給の里ではウグイスの初鳴きをききました。

 そんな昨日は、薪割りの一日。裏山に放置されている木を伐りだしました。

150216裏山


チェーンソーで伐り、山から転がり落として、軽トラックで運びました。

150216チェーンソー

150216軽トラ

その木を斧でわっていきます。

150216斧


ウグイスの鳴き声をききながら、家族総出の薪割りは幸せな気分です。

今のところ、GWまでに木を伐りだす予定。休日は山の手入れと薪割りが続きます。

「薪割りをしてみたい」というみなさん、いかがですか?

[2015/02/16 07:00] | 季節2015 | トラックバック(0) | コメント(0) |
 草もち・花もち・五平もち
 足助・香嵐渓へ。「中馬のおひなさん」に出かけてきました。

150215ポスター

 足助香嵐には、江戸の風情が残る宿場町の街並みが続いています。

150215街並み


その家々にひな人形が飾られています。

150215ひな祭り

 娘とぶらりと歩いてきました。毎年必ず訪れています。

 娘の目的は、花もちづくり。4色のもちを柳に飾っていきます。

150215花もち

 そして、草もちと五平餅を食べること。

150215草餅

150215五平餅


 中馬のおひなさんは、毎年もぢづくしです。

 けして派手ではありませんが、春を味わう恒例行事です。今日あたりは、きっと多くの方が訪れているのでしょう。

[2015/02/15 07:04] | 季節2015 | トラックバック(0) | コメント(0) |
熱狂なき?ファシズム
 七十二候で「魚氷上」(うおごおりのぼる)。水がぬるくなり、割れた氷から魚が飛ぶ跳ねる時期といいますが、朝の氷はいっそう固くなっています。

 さて、そんな自然の営みとは相いれない内容ですが…

先日の安倍首相の施政方針演説をラジオでききました。「憲法を変える」と強調し、大きな拍手でこたえる議員にファシズムの怖さを感じました。

というのも、「熱狂なきファシズム」という言葉を最近知ったからです。映画作家の想田和弘さんの言葉です。

  • 選挙のように選択に参加せず、無関心のまま傍観することによって、結果的にファシズムを志向する政党に権力を与えた。


  • ファシズムが進むのに熱狂は必ずしも必要ない。私たちが無関心でいる間に、民主主義のシステムが切り崩されていく。じわじわと低温やけどのように進行していくファシズムがあるのではないか。


  • 隣国と軍事的小競り合いでも起きて自衛官が殺されたりしたら、「国民は団結せよ」的な同調圧力が生まれそうですし、一気にパァーッと「熱狂あるファシズム」になりかねない。そんなときに、今度は解釈ではなく憲法を変えようという動きが出てきたら、もしかしたら抗えないんじゃないか。


  • そういう事態になる前に、私たちは「戦争を何が何でも回避する決意」を改めて固めると同時に、「民主主義とは何か」という問題について本質的に考えないといけない。

 今日の中日新聞の一面は、集団的自衛権の法制化にむけた動きと、「残業代ゼロ」法案を来春にむけて実施する方向だと伝えています。働くものを「お上に従属する」資質の人間をつくり、いざというときに戦争に駆り出せるようにするという国の方向がみえてきます。

 しかし、中日新聞は一面に「平和の俳句」を連載しています。

 今日の俳句は

 捕虜刺殺拒みし伯父の逝きて冬

 心に染み入る句です。

 静かに、確実に広がるファシズムの空気に抗えるためには、大それたことでなくても「おかしい」と気づいた人たちの微力を発揮することだと考えています。

[2015/02/14 19:36] | 社会 | トラックバック(0) | コメント(0) |
一石四鳥
 寒さは本番ですが、春も確実に近づいています。11月から始まった薪ストーブライフも後半へ。

 妻は仕事で薪ストーブの家をたまに訪問していますが、まちなかでは薪の入手が難しく、買うことも多いそうです。

 我が家では、来シーズンにむけた薪の準備を本格的に開始しました。裏山に転がっている木を運び出しています。

 昨日は、叔父がカシの木をいっぱい運びました。今週は薪割りです。

150213カシ


 叔父の仕事づくり、山の手入れ、我が家の薪確保、私の薪割りによるメタボ対策…一石四鳥の薪ストーブライフです。

[2015/02/13 06:37] | 薪ストーブ2015 | トラックバック(0) | コメント(0) |
放課後児童クラブ
 いろいろ考えましたが、週3日「放課後児童クラブ」に娘を通わせることにしました。

 放課後児童クラブとは、豊田市が行っている学童のような(名古屋でいえばトワイライトスクール)事業です。

150212放課後児童クラブ


 小学校の授業終了後に、家族の迎えの時間までおやつを食べたり、宿題をしたり、遊んだり。春夏冬休みも一日過ごします。

 残念ながら一番必要な土曜日には行われていませんが。

 今の娘の状況と、学校が終わっても周りに一緒に遊ぶ子どもがいない我が家の環境を考えました。

 これが、娘にとっていいのかどうかはわかりませんが、「なかま」と一緒に遊ぶ楽しさを小学校でも味あわせたいという親心です。

[2015/02/12 06:16] | | トラックバック(0) | コメント(0) |
先生に感謝
 娘は保健室登校からスタートする毎日です。

 先月はずっと私の胃はキリキリしていましたが、最近は保健室でOKと思うようにしました。保健室でまずエネルギーをためて教室へ。すぐ教室に入るにはまだハードルが高いですが、ボチボチといきたいと思います。

 「保育園がいい」「保育園に戻りたい」とぐずる娘を遠く名古屋から心配し、先日保育園時代の先生おふたりが、松平の我が家を訪ねてくれました。

  娘は少し照れながらも先生をお出迎え。娘は、先生の娘さんと一緒に遊んだり、薪ストーブでピザを焼いたり、一日ゆったり過ごしました。楽しい時間でした。

 後日、先生からは「長いトンネルから抜け出せて、一皮むけるときがきます」「きっと大丈夫ですよ」という手紙をいただきました。

  保育園時代は1~5歳児という人にとって一生の基盤がつくられる時期。そんな時期に、O先生やK先生と出会えたのは、娘だけでなく親である私たちも幸せだと思って卒園しました。

  それが卒園してからも、遠くから私たち家族を気にしてくださる先生方に本当に感謝です。きっと保育園で築かれた安心感を基盤にして、成長していくと確信しています。

 O先生、K先生、遠くから本当にありがとうございました。今度は、AKDキッズの子どもたちとも一緒に里山にご招待しますね。

[2015/02/11 06:35] | | トラックバック(0) | コメント(0) |
,ピザ

 雪の予報です。とても寒い朝を迎えています。雪の天気には、薪ストーブの前で一日過ごしたいですが、今日も一日、仕事を頑張ります。

 さて、先日の日曜日にピザを薪ストーブで焼きました。来客のみなさんをピザでもてなしたのです。

 薪ストーブにピザとは定番のイメージがあるのですが、実は本格的に焼くのは初めて。生地から準備し、野菜を切って、チーズと一緒にのせて焼きました。

150210ピザ


 娘や友だちと一緒に焼きましたが、これがうまい! 何枚か焼きましたが、コツは「焼きすぎないこと」だと知りました。

 チキンも焼きましたが、これもおいしい! 

 焼き芋やじゃがバターもつくりましたが、これもいける! 

 薪ストーブクッキングはあまり失敗しないのがいいところですね。

[2015/02/10 06:47] | 薪ストーブ2015 | トラックバック(0) | コメント(0) |
糸紡ぎWS⑤ 糸紡ぎ
 今日から七十二候で「黄鶯睨睆」(うぐいすなく)。うぐいすのなく日です。まだうぐいすの鳴き声はきかれませんが、鳥の鳴き声が増えてきました。

 昨日は雨。名古屋から来客があり、ゆったりと薪ストーブで過ごしました。天気の悪いときほど、薪ストーブは落ち着きます。

 さて、糸紡ぎワークショップも最後です。

 次の作業は、糸紡ぎです。

 打った綿をかるく巻き、よりながらひっぱります。すると、あら不思議、綿が伸びていきます。

150209綿


 よりながら引っ張り続けていくと糸ができます。綿から糸がつむがれる基本の仕組みです。

150209糸

 
 稲垣さんからはかつては糸車で糸が紡がれたこと、さらに昔は遺跡からも糸を紡ぐスピンドルという道具が出土されていることが紹介されました。また、三河地方ではガラ紡があり、手紡ぎのような糸がつくられました。

 ということで、手回しガラ紡績機の登場です。娘もガラガラと回して糸紡ぎを楽しみました。

 
150209ガラ紡


 最後、稲垣さんからは綿を育て、三河の地から地産地消の布を育てていきたいと話が締めくくられました。

 
 今回のワークショップで発見したこと。それは、糸をつむいだり綿打ちをしたりするとき、無言になり無心にもなれること。

 手仕事というのは、無心になれる貴重な時間なのですね。

 各地で糸紡ぎカフェも行われていますが、こういう時代だからこそんな時間の過ごし方が求められているように思います。

 
 私も稲垣さんのような糸紡ぎのワークショップをひらいて、ガラ紡績を伝えたいと思いました。イメージは、薪ストーブとガラ紡績のコラボです。そんな空間でオリジナルの糸を紡げたら幸せです。

 稲垣さん、ありがとうございました。これからもよろしくお願いします。

[2015/02/09 16:04] | 福綿プロジェクト松平2015 | トラックバック(0) | コメント(0) |
糸紡ぎWS④ 綿打ち
 昨日、私たちの労働組合では春闘要求をまとめあげました。今年の春闘での、私の大仕事のひとつが終わりました。来週からのエネルギーにそなえて、今日は一日ゆっくり過ごします。

 松平では天下祭が開催されます。そういえば、昨年の今頃は、引っ越し・娘の卒園入学準備・豊森なりわい塾の卒塾作品づくりで、目まぐるしかったのを思い出しました。

 さて、糸紡ぎワークショップの続きです。次の作業は、綿打ちです。綿打ちとは綿をふわふわにする作業です。

 まずはたこ糸で弓をつくります。弓づくりなんて、30年ぶりです。

 弓で綿をはじきます。

150208綿打ち


 はじめは小さくまとまっていた綿。空気を送ることで、だんだんふわふわになっていきます。

 綿菓子のようなやわらかさになると出来上がり。こんなに大きくなるものなのか、と驚きます。

150208ふわふわ

 ふわふわにさせることで、このあと紡ぐ作業が楽になります。(続く)

[2015/02/08 06:40] | 福綿プロジェクト松平2015 | トラックバック(0) | コメント(0) |
糸紡ぎWS③ 綿繰り
 松平郷では、本日夜から明日にかけて天下祭が開催です。明日は裸祭がおこなわれます。ただ、明日は雨模様です。寒い祭になりそうです。

 さて、糸紡ぎワークショップの続きです。いよいよ本格的に糸紡ぎ開始です。

 まずは綿繰りです。

 綿は白いフワフワしたものは良く知られていますが、採りたての綿は種が中に入っています。種と綿を分ける作業を綿繰りといいます。

 この作業ですが、綿と種は強力に結びついているので手先が痛くなります。

150207分ける


 こんなときに頼りになるが綿繰り機です。昔ながら道具です。ローラーの間に綿を入れてクルクル回すと綿と種がうまく分けられていきます。

150207綿繰り機


 我が家にもありますが、優れものの道具です(続く)

[2015/02/07 06:40] | 福綿プロジェクト松平2015 | トラックバック(0) | コメント(0) |
糸紡ぎWS② 天然素材と化学繊維
 雪が積もるという予報でしたが、ほとんど影響がありませんでした。昨日はあたたかい一日でした。

 さて、糸紡ぎワークショップの続きです。

 糸紡ぎの前に、ウォーミングアップ。稲垣さんが布を20枚ほど用意しました。

150206布 

 「これらの布を綿・絹・麻・羊毛・化学繊維をわけてみよう」。

 肌触りを頼りにみてみましたが、これがなかなか難しいです。


 私のイメージで、ふわふわ感が綿、つるつる感は絹、ごわごわ感が麻、ほわほわ感が羊毛、違和感が化学繊維でした。

 しかし、あたったのは半分ほど。レーヨン・アクリルなども絹や綿と同じような感じになっています。

 今では、化学繊維と天然繊維の違いがわかりにくくなっていることを学びました。(続く)

[2015/02/06 06:02] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
糸紡ぎWS① 糸を学ぼう
今日は雪の予報です。こちらでも少しちらついてきました。

先日、本気布(まじぎれ)の稲垣さん主催の糸紡ぎワークショップに参加しました。

 稲垣さんは、ガラ紡で紡がれた糸で製品をつくりつつ、綿による布の地産地消を進めています。2年半前にお会いしてから、豊森なりわい塾を紹介していただいたり、ガラ紡績について教えていただいたりしています。

 ただ、これまで稲垣さん主催の糸紡ぎワークショップには参加ができていませんでした。糸を一から学ぼうと娘と一緒に参加しました。

 会場は岡崎市・奥殿陣屋の日本間。落ち着いた場所です。

 この日は、会場地元の奥殿小学校から多く参加して14~15人ほど。地元の奥殿小学校では1年間、稲垣さんを講師に綿を育てて収穫しています。

150205WS

しばらく、糸紡ぎWSのことをつづります。(続く)

[2015/02/05 06:33] | 福綿プロジェクト松平2015 | トラックバック(0) | コメント(0) |
ママ大好き
 立春です。旧暦での新年がスタートです。

 七十二候では「東風凍解」(とうふうこおりをとく)。暖かい春風が吹いて川や湖の氷が解ける頃とはいいますが、まだまだ寒いですね。

 さて、先日妻の誕生日でした。この日も娘はまず保健室へ。

 ここのところ朝の授業時間は保健室です。その時間に、妻のために先生と切り絵を作成しました。

150204切り紙

「ママへ おたんじょうびおめでとう。学校でつくったよ。ママ大すき」

 心労が続く私たち家族を心配してくれたのでしょうか。切り紙作成直後に学校から私の携帯に連絡がありました。

「娘さんが切り紙をつくりましたよ。すばらしいですから、家で楽しみにしていてください」。

  電話に恐縮をしましたが、娘や私たち家族のために心寄せてくれる学校に感謝です。妻もとっても喜んでいました。

 作成したのもサクラです。立春の旧暦スタートにふさわしい切り絵です。

[2015/02/04 05:55] | | トラックバック(0) | コメント(0) |
イワシの頭
 今日は節分です。

 昨日は娘が帰ってくるや、「明日は家に鬼はこない? 学校にも来ない?」と本気で心配している様子。

なので、一緒にイワシを焼いてやいかがしを作りました。

150203いわし


ひいらぎの葉は用意できなかったので、イワシの頭だけ竹串でさして玄関に飾りました。

150203頭




鬼はひいらぎのとげとイワシのにおいが苦手といわれています。


娘は「これでもう鬼はこないね」と安心して、自ら鬼の面をかぶって遊んでいました。

150203鬼


今日はあちこちで「鬼は外 福は内」ときかれるのですね。

[2015/02/03 06:21] | 季節2015 | トラックバック(0) | コメント(0) |
 恵方巻
 1週間が始まりました。

 大人でも気の重い週明けですが、娘も同じ。今週もまずは保健室登校でスタートです。

 知事選の結果は投票率が低かったのは残念ですが、それでも小松さんに2割近く票が入りました。無名かつ現知事との選挙戦では大健闘。この票を受け止めて、介護・医療・育児の充実を大村知事には進めてほしいです。

 さて、明日は節分ですね。昨日、娘は恵方巻をつくりました。お泊りしたKちゃんも一緒です。

 巻きすでくるくる巻いて出来上がり。

150202巻きす

150202太巻き


 娘は「保育園のときは、鬼がきて豆まきをして楽しかった」とぼそり。そういえば、最近は季節の行事を楽しむ余裕がなかったと気づきました。

 今晩は一日早く、豆まきといわしで節分を楽しみます。

 今日から明日にかけて、恵方巻をつくる店舗の惣菜のみなさん。腕が筋肉痛になるほど巻くことになりますが、楽しみにしている子どもたちの笑顔を思って、どうぞ恵方巻に愛情を注いでくださいね。

[2015/02/02 10:52] | 季節2015 | トラックバック(0) | コメント(0) |
とっても許せません
 後藤健二さんが「イスラム国」に殺害されたとみられると報道。とってもとっても許せません。

 そして、安倍政権のすすめる「戦争をする国」になるというのは、こういうことなのかと悔しくてなりません。今日一日、気が重くなります。

  おりしも、愛知県では県知事選。一人ひとりがどんな愛知県と日本を選択するのかを考えあう大事な日です。

  愛知県は軍需産業(戦闘機・銃弾・銃など)が集約している県です。現職知事は産業振興を掲げていますが、「戦争する国」を手助けする愛知県であって欲しくないですし、「イスラム国」や世界で起きている戦争を支える愛知県であってほしくありません。

 「イスラム国」による後藤さんの殺害で気が重い朝を迎えていますが、愛知県民のみなさん、ぜひ投票へ。

 さて、昨晩から娘の友だちが泊りにきました。保育園のなかの良かったKちゃんです。

二人は一緒にご飯をたべ、お風呂にはいり、一緒の布団に寝ています。楽しい時間を過ごしています。

1502012人


私は今日仕事なので、子どもたちと遊べないのは残念です。

娘のことを心配してくれる、やさしいKちゃん。今日一日2人で楽しく過ごして欲しいです。

[2015/02/01 06:34] | 節目に | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム |
プロフィール

Author:おぎゅうびと
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR