城址とガラ紡の里山暮らし
愛知県豊田市松平。徳川家のルーツにあたる里山です。その里山に2014年から暮らしはじめた家族のどたばた。松平で祖父が営んできたガラ紡のあれこれ、松平のなかでも大給城址の季節の移ろいを紹介していきます。
【12万人の1人として】
 12万人が包囲した国会前行動。全国各地でも戦争法案廃案のアクションが行われました。

 私も新橋駅でアクション後国会へ。地下鉄永田町駅は人がいっぱいで歩けず。でも、けが人を生み出す混乱はありませんでした。

 「安倍はやめろ」「戦争法案 絶対反対」などを、リズムよくコールが行われたり、それぞれがオリジナルのプラカード・グッズを掲げたり…

 「民主主義って何だ」というコールがありますが、「民主主義=国会や政治家任せにしないで一人ひとりが自分の意見をもつ」という、本当の意味を体に刻み込ませました。

 歩道に人があふれ、車道へなだれ込むときという情報が届いたとき、1989年11月9日の「ベルリンの壁崩壊」と重なりました。

 この場に立てたことは誇りです。主催したみなさんに、あらためて感謝します。

 各政党党首や坂本龍一さんら著名人のスピーチはもちろんですが、若者のストレートな感情が胸を打ちました。
 
 当日は、いろいろ写真を撮りたかったのですが、難しかったです。国会上空を飛んでいたマスコミ各社ヘリの空撮に任せることにしました。

 ただ、少なくとも、娘の描いたプラカードだけは、と写真を撮りました。

150831プラカード


 今朝の中日新聞の一面と社会面はデモ特集。

150831中日①

150831中日②

 それでも、安倍首相が採決を強行するならば、この国の民主主義はさらに黙ってはいないはずです。今週も私はアクションをします。

[2015/08/31 07:56] | 社会 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【天気は変えられませんが】
 いよいよ8月30日です。戦争法案をとめるため、大きなうねりをつくりだす一日です。

 雨模様は確かに残念です。天気は変えられませんが、法案廃案はやめさせられるはず。全国のみなさんとともにがんばります。

 昨日は秋めいた一日でした。

 松平郷では、秋の七草のひとつオミナエシが咲いています。

150830オミナエシ

私は、体の調子があまりよくありませんでした。そこで思いきって、体を動かすことにしました。薪割りです。

150830薪割り

娘も運んでくれました。

150830娘


 2時間ほどの作業でしたが、体の調子がよくなりました。体を動かすことで、リズムが整うのですね。

 東京へいくエネルギーがわいてきました。では、いってきます。

 今日一日、法案に反対なら、どんな方法でもいいから、意思を表示してくださいね。

[2015/08/30 06:30] | 社会 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【「抗議行動に突き動かすものは何か」】
今日は休日。大雨でしたが太陽が出てきました。

明日は8月30日ですね。いよいよ100万人規模の「安保法制(戦争法案)反対の抗議行動」です。国会包囲行動が中日新聞でも特集がされていました。明日は私も国会行動にいってきます。娘のプラカードをもっていきます。

150829新聞


新聞記事では「抗議行動に突き動かすものは、何なのか」と問いかけています。

 確かに、労働組合の役員だからとか、「平和とよりよい生活」を掲げるスローガンの生協の理念に反するとか、祖父が29歳で戦死しているから、などいくつか理由があげられます。

もっとも大きいのは「自分の信条に従いたい」という思いです。私が20歳までは、そもそも政治や社会に意見をするという行為自体が否定されがちでした。そのことがもどかしく、「自分が自分でない」感覚がありました。

 この感覚がマヒした時、治安維持法・特高とよばれる時代につながるのだと思います。それを許さないために私は国会前にいきます。

[2015/08/29 10:48] | 社会 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【宿題 終了】
 今日から七十二候で「天地始粛」(てんちはじめてさむし)。朝は涼しくなってきました。この季節の変わり目に、体のバランスを毎年崩します。夜は熟睡できなくなっています。毎年の症状とはいえつらいです。

 さて、娘の夏休みの宿題が終わりました。野菜の観察日記を昨日仕上げました。ミニトマト・ナス・オクラの絵を描いて文章にしました。これで一安心です。

150828宿題


「宿題をやりなさい」という言葉では、娘は宿題はやりませんでした。親もイライラが募ってしまいます。

娘の場合、漢字や計算などは一人で行ってすぐ仕上げました。工作や作文などは親も一緒に「やろう」といえば机にむかいました。

娘が「自ら進んで行う」ために、親の姿勢が大きいのですね。

[2015/08/28 06:13] | | トラックバック(0) | コメント(0) |
【夏バテ気味ですがあきらめません】
  盆があけて、秋が目の前です。夏休みがまもなく終わりです。娘の宿題は、あと観察日記を残すばかりとなりました。

 仕事でもいろいろあって、少し体が疲れています。

 そんななかですが、昨日も戦争法案廃案を求めてデモってきました。娘の描いたプラカードを掲げて。

150827デモ 


 やはり、この夏は「戦争法案には負けたくない」という思いであり、そのためには少し無理をしてでも行動しています。

 「戦争法案をとめよう」という側も夏バテが出てくる頃です。8月30日午後2時は一斉行動が呼びかけられました。せめて、そのときでも、それぞれできるアクションをしたいですね。

[2015/08/27 05:44] | 社会 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【今夕は若宮スポーツ広場】
 昨日の台風は、離れていてもひどい風でした。運転をしているとハンドルがとられそうでした。各地で被害がなかったか心配です。

 さて、仕事で移動中には国会審議をきいています。与党の質問はチャンネルを変えてしまいますが、野党の質問は聞き入ります。

 昨日はたまたまきいていた山本太郎議員の質問に引き込まれました。アメリカがいかにむごい戦争を行っているのか、それに追随する安倍首相の姿勢がはっきりしました。

 いよいよ核心に迫るという午後6時。突然国会中継終了。時間がきたからとはいえ「そりゃ、ないぜ」という感じの悪い終わり方でした。

 今日もデモがあります。

150826集会①

150826集会②

 8月30日の国会行動にも参加します。


150826集会③



 連日廃案を求めてアクション中。着実に反対の声が広がっているせいか、安倍首相の表情が日に日にこわばっているのがよくわかります。この1ヶ月は審議の山場。とにかく、法案はとめたいです。

[2015/08/26 06:00] | 社会 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【栗の薪】
台風が近づいています。九州のみなさんは備えをしている最中と思います。被害がないよう祈ります。

さて、まだ暑くて夏の作業である草刈りは続いています。

ですが、そろそろ薪ストーブの準備にも入ります。というのも、近所から栗の木をいただきました。すでに玉切りなっています。これを斧で割る楽しみができました。

150825栗の木


最近は「木を伐ったから、もっていかないか?」と連絡をもらいます。特に栗は広葉樹なので、本当にありがたいです。

[2015/08/25 05:42] | 薪ストーブ2015 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【はじめての署名】
 8月も終盤に。このブログは、里山暮らしを中心に綴っていますが、今年の夏は戦争法案について配信しないと。

 昨日は生協労連東海地連のなかまと朝日新聞名古屋本社前でアクションを起こしました。30人を超える大人数のアクションです。

150824宣伝


 アクションのときに、高校生が署名をしてくれました。最初はたじろいでいましたが、私たちのなかまが対話をしつづけて、署名をしてくれました。はじめての署名だったようです。

150824署名

 私が初めて署名を呼びかけられたのは、大学入学してすぐでした。米軍艦船の日本寄港に反対する署名でした。今の私なら署名をする内容です。

 しかし、そのときは断りました。「私は、必要だと思う」などと心にもないことをいいながら。

 実は、自分の意思を示すのにためらいがあったのです。当時は湾岸戦争もあって不安に感じていました。いざ署名をする場面でたじろいでしまったのですね。初々しい思い出です。
 
 7月から8月にかけて、戦争法案について対話を通じて中高校生とする機会が多くありました。中高校生にとって「自分の意思を表示する」という署名は重たい行為なのでしょう。たじろがれることも多いです。当然ですね。社会に関わる第一歩になるわけですから。

 署名を呼びかける私たちが、中高校生にあたたかく接していきたいです。そして、私たちとの出会いにより、「自分の意思を示す」意味を考えてもらえたら、と願います。

[2015/08/24 06:35] | 社会 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【ワタの花 咲く】
  今日から七十二候で処暑。暑さもひと段落してきました。涼しくなってきても、体が猛暑モードです。この時期は、毎年体調を崩します。みなさん、体調はいかがですか?

 さて、今日から七十二候で「綿柎開」(わたのはなしべひらく)です。コットンボールがはじける時期とされています。

8月に入って私の綿畑にいけませんでした。今日は、「綿柎開」でもあり見にいくと、涼しげな花が咲いていました。

150823綿

コットンボールも大きくなっていました。

150823コットンボール

まだはじけてはいませんでしたが、順調に育っていて安心しました。

[2015/08/23 16:14] | 福綿プロジェクト松平2015 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【南島原へ⑧ まんじゅうと煮つけ】
島原の帰省についてつづっています。

こちらでは食事も堪能しました。皿うどん・ちゃんぽん・具雑煮・かんざらしなど、いわゆる長崎名物はもちろんおいしかったです。

ですが、一番おいしかったのは、お義母さん手づくりのまんじゅうと魚の煮つけでした。

 まんじゅうは、小麦とあんこの素朴なもの。小豆はお義父さんがつくりました。

150822まんじゅう - コピー


 魚はブリやあらかぶです。私は骨ごとしゃぶりついてしまいました。

150822煮つけ



 島原への4日間の帰省は、あっという間に終わりました。今回もあらたな発見がありました。

 距離があるために2~3年に1回しか帰られません。次はいつになるかわかりませんが、パートナーとの縁でつながった島原をこれからも注目していきます。

[2015/08/22 06:33] | 長崎・島原から | トラックバック(0) | コメント(0) |
【南島原へ⑦ 火山はすぐ隣に】
長崎・島原の帰省の様子を綴っています。

長崎・島原半島にある雲仙普賢岳。大規模噴火は1991年6月。もう24年になるのですね。

150821普賢岳

私にとって物心ついた時の大規模自然災害は、雲仙普賢岳の噴火でした。当時は大学1回生です。火砕流で巻き込まれた報道関係者ら43人のことを知ったときは衝撃でした。

 今回の帰省でも雲仙普賢岳の被災地や資料館を訪ねました。火砕流で被災した大野木場小学校や、埋まった家屋へ。

150821大野木場小学校

150821家屋


 帰省のたびに被災地を訪ねますが、そのたびにあらたな発見をします。

 今回気づいたのは、雲仙普賢岳の災害は5年にも及んでいたのですね。

 どうしても注目されるのは1991年6月の大規模噴火です。しかし、1990年11月から1996年5月の終息宣言まで約2000日。その間には、家が流された方や農地を奪われた方もいるわけですね。その間に、被災された方々は仮設住宅で住まわれていました。阪神大震災・東日本大震災をはじめとする自然災害の光景と重なります。

 おりしも、桜島の噴火がいわれています。御嶽山の噴火で亡くなった方もいます。

 雲仙普賢岳の噴火は1991年以前には約200年前の江戸時代にありました。自然の時間軸は人間の感覚とは大きく異なるものですが、もはや火山の噴火は私たちの身近にある時代になったのです。

 火山の前では人間は小さいものなのです。だからこそ、桜島近くの川内原発の再稼働などはやってはいけないのです。(続く)

[2015/08/21 05:48] | 長崎・島原から | トラックバック(0) | コメント(0) |
【南島原へ⑥ 母校の閉校】
 長崎・島原の帰省の様子を綴っています。

 私の帰省の楽しみは温泉です。車で走らせると、近くに雲仙温泉があります。あたりは「雲仙地獄」とよばれて、硫黄のにおいがただよいます。

 そのなかでも、おすすめは小地獄温泉という大衆浴場です。源泉かけ流しです。火山のめぐみを味わいました。

150820小地獄


 さて、帰省したおり長崎で求人情報紙をみつけました。長崎県の最低賃金はDランクで時給677円です。コンビニの募集は最低賃金時給677円で募集がされていました。しかし東京都と地方の最低賃金格差は毎年広がっています。今は、長崎と東京との差が211円です。(東京888円 愛知800円)

150820募集

 私の里山暮らしは「おカネがなくても豊かにくらしていける」ことや「半農半X」もテーマにしています。実際に、豊田でも「田舎で暮らす」ための職業訓練などの動きが出てきています。それは、都市である名古屋から近いという地理的条件が大きいと感じています。

 私のパートナーのふるさと南島原は、豊かな農地があり美しい土地です。温泉など火山の恵みがあります。

 しかし、若者がいなくなり、とうとうパートナーの母校も閉校になります。

150820閉校

 長崎・南島原への移住希望はいるでしょうが、やはり遠くてそれなりの覚悟が必要です。また、多くの若者が南島原へ通ってこられようにするには、志だけでは限界があり最低限の安心感を高めないといけません。

 それは社会全体の役割であり、最低賃金をあげて都市と地方の格差をなくすことが本当に必要だと感じています。

[2015/08/20 06:13] | 長崎・島原から | トラックバック(0) | コメント(0) |
【南島原へ⑤ イルカウォッチング】
南島原への帰省の様子を綴っています。

南島原の観光に「イルカウォッチング」があります。このあたりの海は、野生のイルカが300頭ほどいて天草諸島との間を回遊しています。全国的にもこのような場所は珍しいようです。

私たち家族3人でウォッチングへ。船に乗ってしばらくいくと…

いました。イルカの群れが。

150819イルカ


水族館のイルカショーとは違うので、頭を出したりエサを与えたりなどはできませんが、こんなに多くのイルカがいるなんて驚きです。

「イルカをみるといやされる」という方が多いようですが、ちょうどシーズンということもあり、いやされたい観光客の多さにも驚きました。

150819客


娘も楽しかったようで、イルカのポストカードを購入しました。

[2015/08/19 08:39] | 長崎・島原から | トラックバック(0) | コメント(0) |
【南島原へ④ いちこたち】
南島原への帰省の様子を綴っています。

今回の帰省では娘のいとこにあたる子どもたちが、6人集まりました。上は高校1年生から、下は1歳まで。娘と同じ小学2年生もいます。

子どもたちは、笹舟をつくって川で流したり、花火をしたり、スイカ割りをしたり…。

150818笹舟

150818花火

150818スイカ


夏の遊びをとっても楽しんでいました。3年ぶりにあっても仲良くなるのが、いとこという存在の不思議なところですね。こんな夏の過ごし方が、きっと思い出に残っていくのだろうな、とほほえましく思いました。

他の2家族は一足先にそれぞれの家へ。私たちは、もうしばらくゆっくりと帰省を楽しみました。

[2015/08/18 06:39] | 長崎・島原から | トラックバック(0) | コメント(0) |
【南島原へ③ にぎやかな墓参り】
 今回の帰省の目的は、いとこの家族が初盆を迎えるからでした。なので、パートナーの兄弟のうち、私たち以外に2家族が集まりました。

「長崎のお盆の墓参りは、にぎやかだよ。花火や爆竹をするからね」とはきいていました。私にとって墓参りとは、花を飾り線香をあげて静かに手を合わせるものです。「なぜ墓参りに花火?」と、実は想像がつきませんでした。

その想像のつかない「にぎやかな墓参り」を今回初めてみました。

いとこ家族の墓へ。まず驚いたのは人数と提灯の多さ。あちこちで提灯が並べられています。初盆の墓は数多くの提灯を高く飾るのですね。

150817提灯


 そして、話に聞いたとおり、爆竹や花火があちこちで行っていました。それも「お墓」といいう場所にあまり似つかわしくないにぎやかさ。お参りをする方々に、飲み物がふるまわれて、まるでお祭りです。

150817花火


「これでも、昔に比べれば人数が少なくなった」とパートナーは寂しがっています。昔はどれだけにぎやかだったでしょう。

町内放送では「花火や爆竹で、火事に注意してください」と繰り返しきこえてきます。カルチャーショックをひとつうけてきました。「精霊流し」の文化のある長崎のお墓参りを味わってきました。

 さて、どこか「観光気分」の墓参りでしたが、「今度はあなたがたもするんだよ。そのときはお願いね」と、いとこに声をかけられました。「そうか、私たちも初盆のときは、こんなにぎやかなお墓参りをすることになるのか」と気づきました。

言葉に語弊があるかもしれませんが、本当は悲しいはずの弔いをこのようににぎやかに偲ぶ文化。多くのかかわりのある方が、にぎやかにしのぶのも素敵だな、と思いました。

[2015/08/17 07:09] | 長崎・島原から | トラックバック(0) | コメント(0) |
【南島原へ② ぜいたくな海水浴】
私のパートナーのふるさと、長崎・南島原にきています。3年ぶりですが、お盆に南島原へ帰省するのは初めてです。

これまではフェリーとマイカーで帰省をしていましたが、今回は飛行機で。娘は初めての飛行機でした。そして、レンタカーで南島原へ。長崎空港から2時間かけて。まずは島原半島の南へ。

 口之津港近くの白浜海水浴場で、パートナーの妹家族と合流しましたが、何とも美しい海でした。ちょうど8月15日正午のサイレンが鳴り響いていました。

 海水浴客はまばらでしたし、なんともぜいたくな海水浴。

20150815_124831.jpg


 私もぼぉーっと浮き輪につかまりながら過ごしました。(続く)
[2015/08/16 06:55] | 長崎・島原から | トラックバック(0) | コメント(0) |
【島原へ① しおりをつくりました】
 今日から4日間休みをいただきました。3年ぶりにパートナーのふるさと、長崎・島原に帰省をいたします。とてもとても楽しみです。

娘は、今日の島原行きにあたって、私の妹と一緒に「しおり」をつくりました。

150815しおり


娘ははじめて飛行機にのります。まだ残っている仕事のこと、娘の宿題のことなど頭をよぎりますが、とにかく4日間を楽しんできます。いってきます。

[2015/08/15 04:24] | 長崎・島原から | トラックバック(0) | コメント(0) |
【「これ、ギンヤンマのヤゴ」】
 名古屋からのお友だちが遊びにきた様子を綴っています。

小学2年生の男の子Tくんは、生き物が大好き。生き物について話をするときは、とても目を輝かせます。

そんなTくんのために、カエル谷へ。兄弟そろって、ずぶずぶと沼に入って、カエル・ヤゴを捕まえました。

150814カエル谷

「これは、ギンヤンマのヤゴ」など、きちんと解説してくれました。Tくんの博学に驚きました。さっそく捕まえたカエルやヤゴを持ち帰りました。

150814ヤゴ


Tくんから、カエル谷の楽しみ方を教えてもらいました。

 さて、しばらく、名古屋のお友ちが遊びにきた様子をつづってきました。「日頃、こんな体験ができないからありがとう」と感謝されました。

名古屋から近くて、これだけの里山遊びができるのも、松平のいいところ。これからも「子どもたちのための企画」をいろいろやってみようかな、と思っています。

[2015/08/14 06:30] | 松平の紹介 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【Tちゃんへのサプライズ】
 今日から、七十二候で「寒蝉鳴」(ひぐらしなく)

 こちらでは朝早く、そして夕暮れにヒグラシがすでに鳴いています。ヒグラシは朝も鳴くこと、7月からでも鳴くことを松平に住んで知りました。

 さて、名古屋の子どもたちが遊びにきた一日を綴っています。

 せっかく子どもたちが名古屋から遊びにきたので、庭で流しそうめんをしました。2週連続の流しそうめんでしたが、娘たちは飽きずに楽しんでいました。

150813流しそうめん


 実は、このとき遊びにきていたTちゃんが6歳の誕生日でした。そこで、娘たちは朝から「サプライズ」を準備していました。

 それは、流しそうめん台に、メッセージを流して驚かそうというのです。紙に「おたんじょうび、おめでとう」「6さいだね」「がっこうで、ともだちいっぱいつくってね」などを書いてラミネート加工をしました。

150813メッセージ


 そして、Tちゃんを呼んで流しそうめんが終わってからながしたのです。うまく流れたもの、なかなか流れなかったものもありますが、それもご愛嬌。

 Tちゃんは言葉にならないぐらいびっくりしていました。そして、パパママたちも一緒に「♪たんじょうび おめでとう」と歌いました。

 急ごしらえでしたが、Tちゃんへのサプライズにむけ娘たちが内緒ですすめていたのが、ほほえましかったです。

[2015/08/13 05:57] | | トラックバック(0) | コメント(0) |
【王滝渓谷でウォータースライダー】
 とうとう川内原発が再稼働へ。日本政府は、福島で学ばなかったのかと怒りがわきます。戦争法案も原発も沖縄・辺野古も、逆行する国の姿勢に苛立ちます。

 さて、夏はやはり川遊び。我が家近く(車で10分)の王滝渓谷は、たくさんの家族が遊びにきています。月曜日には、名古屋の子どもたちを連れていきました。

150812王滝


 冷たすぎないのが王滝渓谷のいいところ。浮き輪にのって自然のウォータースライダーも楽しめます。

150812ウォーターライダー


 日頃は娘と二人きりでの川遊びですが、大人数だと娘も大張り切り。日頃は怖がる自然のウォータースライダーも、Tくんに教わりながら楽しみました。

150812娘


 王滝渓谷で一日過ごす家族も多いですし、小さい子どもが遊ぶにはもってこいです。

 シーズンになると駐車場がいっぱいになります。サンシェードかシートを用意し、弁当を用意して一日過ごすにはとても楽しいですよ。

[2015/08/12 05:36] | 松平の紹介 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【五平餅づくり】
 子どもたちが、週末ごとに松平に遊びにきてくれます。なので、子どもたちに里山を楽しんでもらおうといろいろ企画をしております。 昨日は月曜日という平日でしたが、名古屋から遊びにきてくれました。

 たまたま町内の滝川ふれあい工房で「五平餅づくり」がありました。地元JAがバックアップしてくれます。

 こちらの工房は、私の自治区のKさんはじめ地元のみなさんが運営しています。毎年地元の子ども会で参加していたようですが、「誰でもOK」ってことで名古屋の友だちも参加しました。

 ご飯を木枠にいれて、木串(こちらでは、ホセって呼んでます)をいれて形を整えます。

150811つくる


 焼いて味噌を塗ります。

150811焦げ

150811焼く


 それをまた焼いて出来上がり。こちらの五平餅はファンも多くて、私のソウルフードでもあります。

 子どももたちは、口にみそひげをつけていました。

150811みそひげ


 滝川ふれあい工房からは「地元の子どもが少なくなってきているけど、こうやって名古屋からきてくれるなんて、にぎやかでうれしい」。地元も元気になる交流企画はうれしいものですね。

[2015/08/11 06:55] | 松平の紹介 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【「俺を戦争に行かせる気か】
 8月9日午前11時2分。長崎平和祈念式典にあわせ、コープ日進店頭で戦争法案のシール投票と廃案を求め署名を行いました。

 コープあいち労働組合が戦後70年の夏に取り組んだ、戦争法案廃案を求めるアピールです。組合員さんに折り鶴を渡し、長崎原爆の日であることも伝えて。

150810店頭


今回のエピソード。

 男子中学生が、賛成に貼ってあるシールをみて「賛成の人は俺を戦争に行かせる気か」と驚いていました。中学生や高校生たち は、今「自分たちは戦争にいかされる」という思いが強くなっているとあらためて発見しました。

 賛成に貼った女性と対話をしました。「これだけ脅威にさらわれているのに、守るすべがないから」。私は、個別的自衛権と集団的自衛権の違いを話しましたが、店頭での対話では限界。ただシンプルに「自分の子どもを戦場に送り出せますか?」ときけば良かったと思いなおしました。

 コープあいち労働組合の8月6・8・9日連続アピール行動の結果、法案反対188 賛成11でした。シール投票は用意したボードにおさまらず、シールも足らなくなるぐらいに。

150810シール


 長崎平和祈念式典の田上長崎市長の平和宣言、被爆者谷口さんの言葉には心ふるわされました。ここに、戦後70年の思いが凝縮されていました。特に戦争法案反対を安倍首相の前で明確に反対した姿勢は胸のすくわれる思いでした。

 戦後70年の夏は、戦争への道を歩ませないための夏。後半も続きます、

[2015/08/10 06:22] | 社会 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【ほんとうに あちこちで】
昨日は刈谷駅前で、コープあいち労働組合が戦争法案の廃案を求めてアピールしました。総勢26人で戦争法案反対のプラカードをかかげ、シール投票をしました。

わずか30分あまりのアピールでしたが、高校生や浴衣姿の女性のみなさんが、投票してくれました。心強いですね。

150809シール


私たちのアピールが終わってしばらくすると、「戦争法案 反対 反対」の声がきこえてきました。どうも刈谷市民のなかでも今日はアピールするアクションがあったのですね。

150808駅前


今、あちこちでこのような動きが生まれているのをあらためて実感しました。

今日は長崎の日。投下時間にあわせて、戦争法案廃案のアピール行動を本日も行います。

[2015/08/09 10:40] | 社会 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【真っ黒に日焼け】
 今日は立秋。七十二候で「涼風至」(すずかぜいたる)

 日中は猛暑でクラクラになりますが、夜は虫の音がきかれます。猛暑のなかでも秋をみつけて楽しみたいものです。

 さて、夏休みも後半へ。娘は、読書感想文・自由研究・ポスターなど大物の宿題を残しております。

 小学校であった10日間のプール開放日は今週で終了。娘は毎日通いました。おかげで、娘の体は真っ黒です。

150808カード


 こちらの小学校では、プール開放の運営は父母教師会(いわゆるPTA)が行い当番制です。私も一日出ました。子どもたちがプールで遊ぶのをみながら、プールサイドをデッキブラシでゴシゴシしました。

150808プール


 夏休み後半も楽しみがあります。

 今日は、地元の巴川金魚花火大会で浴衣をきます。来週は子ども会行事。そして、15日から長崎・島原へ3年ぶりに帰省します。

 娘を通して、私も夏を楽しみます。

[2015/08/08 06:16] | | トラックバック(0) | コメント(0) |
【シール投票の結果は…】
 8月6日と9日の間にある今日8月7日は、愛知県にあった豊川海軍工廠が空襲を受けた日です。戦後70年決して忘れてはいけない一日です。

 さて、昨日の8月6日にコープあいち労働組合はコープ上社店頭で「安全保障法案」(戦争法案)の廃案を求めて署名とシール投票をしました。

150807シール投票

 シール投票は、私たちの労働組合が店頭で署名やアピールをするときによく行います。世論の動向がよくわかります。

 1時間だけでしたが、シール投票はご覧の通り。反対66賛成1という結果です。今の若者のビートでいえば「民主主義ってこれだ!」です。

150807結果

 8月6日の広島原爆の日ということも知ってもらいたくて、組合員のみなさんに折り鶴を渡しました。いわさきちひろさんのパンフレットも一緒に。

150807鶴

 対話では

  • 赤ちゃんを連れたママ「わたし、国会前に行きたいのだけど、まだ子どもが小さいから」
  • 3人の子どものママ「パパが戦争法案のことを子どもたちに話してくれる。今日も8時15分に黙祷したよ」
  • 「どこかで署名とかやっていないのかな、と思っていた」
  • 「辺野古は1ヶ月中止したり、国立競技場はやめたりできるのなら、戦争法案だってやめればいいのに」

 賛成の方は「理由は言いたくない」というお年をめした男性でした。

 次は8月9日のナガサキの日にもアピールします。地道にコツコツとした取り組みが廃案への力になると信じています。

[2015/08/07 05:49] | 社会 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【ヒロシマの日に】
 戦後70年の8月6日を前に、飛び込んできた訃報。労働組合の青年部でながく一緒に活動をしてきたなかまが逝ってしまいました。

 まだ信じられないのですが、遠く離れており見送りできないのがつらいです。

 労働組合では、平和の活動や労働条件の改善はもちろん、「ジャンプ」(生協労連青年部の全国の祭典)の実行委員でも一緒にやってきました。

 お互い青年部を退任しても同じような役職を歩み、たとえ遠く離れていたとしても志を同じくしてつながりあっているのは心強かったものです。

 よりによって、戦後70年の8月6日に重なるとは…。平和や反核に熱心だったなかまの、私たちへのメッセージでしょうか。

 我が家の前にナツズイセンが急に咲き出しました。

150806ナツズイセン


 ヒガンバナ科のナツズイセンに、今日はなかまの在りし日を重ね、ヒロシマの平和宣言を心してきこうと思います。

[2015/08/06 06:03] | 節目に | トラックバック(0) | コメント(0) |
【岩登り・川遊び・流しそうめん】
 日曜日、娘の保育園時代の友だち5家族が我が家へ。『里山夏遊びin松平』を企画しました。娘は、この日をとても楽しみしていました。

 午前中は、マクロビレッジさん主催のロッククライミング体験

150805ロック

 昼は、流しそうめん。裏山から竹をきって準備しました。

150805流しそうめん

 午後は、カエル谷で生き物とり。(ただ、泥だらけになるのは、子どもたちは苦手だったようです)

150805カエル谷


 近くの滝川ふれあい工房で川遊び

150805川遊び


 盛りだくさんな一日でした。これも、松平での暮らしを通してつながった方々の協力があってこそでした。
 
 子ども時代の夏は、やっぱりこうでなくちゃ。私の頭のなかでは井上陽水さんの『少年時代』が流れた一日でした。

 熱中症が心配でしたが、子どもたちは元気に遊びました。

 まだまだ夏は続きます。

[2015/08/05 06:27] | 遊び | トラックバック(0) | コメント(0) |
【干潟遊び③ アサリの浄化】
 今日から広島で原水爆禁止世界大会が開催されますね。広島に集まっている全国のみなさんとともに、熱中症に注意して核兵器ゼロをアピールしていきたいです。

 さて、干潟遊びの続きです。

 今回ある実験が行われました。アサリの浄化作用についてです。2つの水槽を用意して、どちらにもプランクトン(緑色)をいれます。

 片方はあさりをいれて暗くしてしばらくおきます。2時間後、アサリをいれた水槽はとてもきれいに浄化されました。

150804実験


 アサリや生き物がいない干潟は、プランクトンが大発生をしてしまうということを子どもたちにわかりやすく説明してくれました。

 昼ご飯はアサリの味噌汁に、大アサリ焼き。ちなみに、愛知県はアサリの漁獲高日本一です。

 大アサリは、アサリが大きくなったのではなくて、ウチムラサキというものです。よく「アサリが大きくなったもの」と間違えられます。

150804大アサリ


 午後は三河湾クルージング。子どもたちは、ヨットで楽しむ人たちに手を振っていました。とっても楽しい時間でした。

150804クルージング


 もう一つの収穫。小学校の子どもたちのお父さんたちと知り合ったこと。

小学校2年生で参加した4人娘は全員パパが引率。マテ貝とりもパパが夢中になっていました。

150804パパ

小学校でのつながり今後も財産です。娘は1クラスしかありませんので、友だちとはずっとつながることになります。親とも、子どもたちとも仲よくなれた、とっても楽しい干潟遊びでした。

[2015/08/04 06:35] | 遊び | トラックバック(0) | コメント(0) |
【干潟遊び② マテ貝】
 干潟遊びのつづきです。無人島につくと、まずはマテ貝とりへ。これまで潮干狩りをしてアサリはとってことがありますが、マテ貝とりは初めてです。

 マテ貝とは、少し細長い二枚貝です。干潟で砂をかくと穴がみえてきます。

150803穴掘り


 この穴に塩をかけます。

1508003塩かけ


マテ貝が少し顔を出します。いったん引っ込んでまた飛び出してきます。

150803獲る


 このときに引き抜くととれます。

150803マテ貝


 これがとっても面白くて、子どもも大人も夢中になりました。

大収穫となりました。

150803収穫


(続く)
[2015/08/03 06:21] | 遊び | トラックバック(0) | コメント(0) |
【干潟遊び① 「行きたい!」】
7月に入り、娘が学校からチラシをもってきました。東幡豆漁協主催「夏だ! 海だ! 冒険だ! 無人島で自然とにらめっこ」の案内です。

あまり出かけたがらない娘が珍しく「行きたい! 行きたい! とっと、連れてって」とねだりました。

娘のおねだりにこたえ、東幡豆へ。小学校で1台バスが用意され出発。大人子ども47人で愛知三河湾へ向かいました。

 私たちが向かったのは、東幡豆海岸にある前島というところ。ここは、干潮になると陸続きになって島に渡れます。干潟はトンボロ干潟と呼ばれています。

150802干潟


娘は同じクラス4人と一緒に参加して、とっても楽しそう。

150802 4人


そして、私もとっても面白かった! 

しばらく干潟遊びの様子をつづります(続く)。

[2015/08/02 06:27] | 遊び | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム | 次のページ>>
プロフィール

Author:おぎゅうびと
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR