城址とガラ紡の里山暮らし
愛知県豊田市松平。徳川家のルーツにあたる里山です。その里山に2014年から暮らしはじめた家族のどたばた。松平で祖父が営んできたガラ紡のあれこれ、松平のなかでも大給城址の季節の移ろいを紹介していきます。
【チラシができました】
 今日で10月も終わり。ハロウィンですね。娘も仮装を楽しんでいます。

 さて、先日告知した「秋の大給城クリーンアップ 薪づくり&たき火」。チラシができました。

151031チラシ


11月22日23日の2日にわたって、大給城に転がっている間伐材をおろして、薪にします。ちょうど大給城は紅葉の見ごろになっているはず。たき火や薪割りをして、秋の一日を楽しもうと思っています。

 なんといっても間伐材をおろすには人手が必要です。一輪車も入れないので、多くのみなさんの腕で運ぶ必要があります。

「みんなの力で木を運んで山をきれいにし、薪を割ってたき火を楽しむ」という体験は里山ならでは。すでに、3家族から参加の連絡をいただいています。

 山城・薪・たき火に興味のあるみなさん、お気軽にどうぞ!

[2015/10/31 06:30] | 大給城址 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【火吹き竹】
 いよいよ寒くなってきました、火が恋しくなりますね。来週あたりは、薪ストーブの準備です。

 火を起こす必需品は、火吹き竹です。これは消耗品で、使い続けると穴が燃えて大きくなります。

151030穴


 シーズンを前に火吹き竹をつくることにしました。

 適当な太さの竹を、ちょうどよい長さに伐ります。節に穴をあけて、少しペーパーをかければ出来あがりです。

 数本完成しました。

151030火吹き竹


 たまたま通販で火吹き竹をみましたが、1000円前後するのですね。火吹き竹で商売ができるかしら。

[2015/10/30 06:24] | 暮らし2015 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【大給城 みどりのオリエンテーリング②】
  今日から七十二候で「霎時施」(こさめときどきふる)。一昨日夜の雨は久しぶりでした。「ひと雨一度」といわれるように、これから雨が降るごとに一度下がってくとのこと。秋が深まってきます。

  大給城オリエンテーリングの続きです。

  急な坂の岩谷山を子どもたちは元気よくのぼります。

子どもたちは、オリエンテーリングで「花」「どんぐり」など25個のものを探しながら歩きます。一番苦労したのは「動物の足跡」のようでした。

  1時間半歩いて、いよいよ大給城へ。この日は名古屋駅までみえました。

151029物見岩


 我が家の庭といってもいい大給城。そこで全校生徒がお弁当を食べる様子はとっても幸せな気分でした。

151029弁当


 このとき私と一緒に安全確保のために歩いたTさん。小学校4年生と1年生の息子さんが学校に通っています。いろいろおしゃべりしながら歩きました。

  私が大給城に転がる間伐材を薪にする計画だと話すと、とても興味をもってくださいました。さっそく来月の薪づくり企画に参加していただけます。

  子どもたちの行事を通して、身近に親のネットワークができるのはうれしいものです。

  今回のオリエンテーリングも楽しみました。

[2015/10/29 06:33] | 大給城址 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【大給城 みどりのオリエンテーリング①】
今週の月曜日、娘の学校で「みどりのオリエンテーリング」が開催されました。全校生徒が、学校から岩谷山・大給城まで歩き城址でお弁当を食べるのです。

昨年から催され、父母に安全確保の付き添いがお願いされていました。「大給城に全校が登るのに、地元民としては気持ちよく迎えたい」と前々から予定していました。

 当日は、10人ほどの父母も参加。絶好のオリエンテーリング日和です。

全校生徒200人あまりが全員出席するとこいのぼりがあがります。当日はこいのぼりがあがっていました。子どもたちのオリエンテーリングへの期待が高い証拠です。

151028こいのぼり

 10時半ごろから子どもたちが集まり、いよいよスタート。およそ10人1チーム全部で20チームにわかれます。

 まずは岩谷山へ。

151028スタート

しばらく、オリエンテーリングの様子を綴ります。


[2015/10/28 06:16] | 大給城址 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【もみ殻焼き はまる】
 ご近所の精米所で大量にもみ殻をいただきました。私の連れ合いが、もみ殻肥料づくりに興味をもっていました。私は少し手伝いをすることになりました。

151027もみ殻


 まずは火種をつくり煙突をさします。その周りにもみ殻をかぶせておきます。「火が消えてしまうのでは?」と心配でした。煙突からは煙が出ています。なかで燃えている証拠です。

151027煙突


 「本当に燃えているのかな?」という感覚なのですが、数時間後にようやく黒いもみ殻がみえてきます。さらに一昼夜かかって半分ほどが燃えました。

151027肥料


このもみ殻にさつまいもを入れておいたのですが、30分ほどで焼き芋ができました。この焼き芋が甘くておいしいのです。

151027焼き芋


 スピードが求められる時代、ボタン一つで「すぐ」できることが多くなりました。「じわじわ」という感覚は、当初じれったくも感じていました。

 ところが、煙をみて少しずつ焼かれているとじっとみてしまうのです。スピード時代に自然のリズムを取り戻す不思議な感覚です。

 当初は連れ合いのもみ殻肥料づくりにあまり関心はありませんでした。今は、私がはまりそうです。

[2015/10/27 06:41] | 暮らし2015 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【イチョウの薪】
 大給城の梅畑にあったイチョウの木が伐られました。地元の整備グループが間伐しました。ちょうどよい長さに伐られて「薪にどうぞ」と声をかけてくださいました。

 休日に家族総出で運び出しました。肩に担いでおろすのですが、作業は楽ではありません。山道なので足場も悪いです。

151026運ぶ


 しかし、秋の天気の良い一日に、みんなで作業をするのは気持ちの良いものです。軽トラックいっぱいになりました。

151026イチョウ


山の恵みにいかされている秋の一日です。

[2015/10/26 07:00] | 暮らし2015 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【朝活「平和を我らに」】
 ガラ紡つながりの、本気布『ファナビス』稲垣さん。平和についても深く考え行動し、沖縄辺野古や韓国にも足を運んで貴重なメッセージを配信しています。

 稲垣さんが現在力をいれているのが朝活『平和を我らに』。おいしいコーヒーや紅茶をいただきながら、早朝の公園で平和について語り合います。

151025朝活①  

 8月6日に第1回が開催。第6回目が昨日行われました。岡崎・籠田公園へ初参加しました。

 日頃は、私も平和について考える機会は多いです。ただ、「戦争反対はあたりまえ」は大前提で、組織風土の似た場所で議論しがち。もっと市民レベルで考えあって、思考に「化学反応」を起こしたいと思っていました。朝活は、絶好の機会でした。

 朝7時という早朝時間にも関わらず集まったのは18人ほど。初めてお会いする方ばかりです。高校生も参加していました。

 おいしい紅茶を注がれて議論スタート。「朝からこんな話題でいいですか?」と投げかけられ、南京大虐殺とシベリア抑留に関する資料が配られました。それぞれの文書が世界記憶遺産に登録されたものの、南京については日本が、シベリアについてはロシアが抗議している」という切り口から、テーマがうつっていきます。

  • 自分が戦場にいたら命令を拒否できるか。
  • 立場主義で人は変わるのか。
  • 暴力性は誰にももつ怖さを知る。
  • 戦争が始まれば、理性のコントロールを失う。とめられない。
  • 戦後「だまされた」という人はいるが、「だました」というひとはいない。
  • 政治の内容についてSNSで発信すると「意識高い系?」といわれ敬遠される。
  • 日本とドイツの謝罪の違い。
  • 「和して同ぜず」の意味。
  • 「非国民」というのが強烈に行われたのは、「隣組」などの監視から。

 あちこち話題が飛びかうなかで、稲垣さんは進行を整理していました。日頃深めていない内容でした。刺激的でした。

151025朝活②

 議論内容だけでなく、私が感心したのは、「市民レベルで平和をテーマに語り合う場づくり」です。まったく出会う機会がない方と意見を交わすのは刺激的です。このような場づくりが、平和な社会と自立した市民をつくりだすと思います。

 デモに行くのも大事ですが、場づくりも大事。稲垣さんが「一人ひとりが平和のためにできること」を実践していてすばらしいです。

 と同時に、日頃接していない方々と意見を交わす難しさも感じました。私も修業が必要です。

 稲垣さん、ありがとございました。

[2015/10/25 06:07] | 社会 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【告知「大給城クリーンアップ&薪割り薪づくり体験」】
 今日は霜降。七十二候で「霜始降」(しもはじめるふる)。朝霜の季節がはじまりますね。ただ、3カ月予報によれば、今年の紅葉は遅めのようですね。

 冬支度も始まりました。私の場合、休日は薪づくりです。幸いにも山に囲まれていますので、その気になればエネルギーが豊富です。

151024薪


 というのも、我が家の裏にある「紅葉の隠れた名所」大給城には伐り捨てられた間伐材が転がっています。伐り捨てられたままで心痛めていますが、薪にはもってこいです。

151024間伐材

 そこで、ある企画が思いつきました。大給城にある間伐材を運びだし、さらに薪をつくるのです。そのためには、一人ではできません。お手伝いしていただける方が必要です。

 そこで告知です

「大給城クリーンアップ&薪割り・薪づくり・薪体験」

●大給城好きの方。(このときは紅葉がきれいです)
●薪割りをしてみたい方。
●薪が欲しい方
●薪で炊いたご飯を食べてみたい方。
●たき火をしてみたい方

 11月22日(日)・23日(月)午前10:00大給城址入口集合   2日間おこないます。参加は1日だけでもかまいません。
 
 10:00~12:00 大給城に切り捨てられた間伐をおろし、軽トラックで運びます
 12:00~    薪でご飯を炊きます。我が家にて
 13:00~    薪わり・薪づくりなど。 ※たき火も楽しみたいとも思います。

 参加費などはありません。私の単なる「大給城址をきれいしたい。切り捨てられた間伐材を片づけたい。薪にしたい。薪割りやたき火を楽しんでもらいたい」という強い思いをもった企画です。

 チラシはつくりますし、詳細は案内しようと思いますが、このFBで告知をしておきます。

[2015/10/24 06:12] | 大給城址 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【こけぐらし 詩『理由』】
 豊森なかまの木浦敦さん。「こけぐらし」というテーマで詩と写真を配信しています。

ブログの冒頭には

「道ばたに生える、苔の気持ちを考えてみる」愛知県豊田市旭地区から身近なものの大切さをかみしめる穏やかな暮らしかた、「こけぐらし」な日々を発信しています。

 木浦さんの「詩・写真」の展示会が、豊田市旭地区「ぬくもりの里」で行われました。

 ぬくもりの里とは豊田市老人福祉センターです。矢作川沿いの山間にある施設で、自然豊かな環境です。

151023ぬくもりの里

 私がうかがったときは利用者のみなさんが食事中でした。ぬくもりの里で展示会が行われるのも「こけぐらし」らしいです。

 光をうまく生かしてクローズアップされるこけは、ほんとに生きて歩きだしそうです。こけと一体となった世界観を詩で研ぎ澄ます作品に、「幽体離脱」している感覚になります。

151023写真

 そんななかで、「おっ」と思ったのは、『理由』という詩です。

理由

ここでなくても よかった

けれど わたしは
ここに いる

それは
偶然でもあり 必然でもある

いまとなっては
ここでなくては ならなかった
理由が そこに
あったのではないかと
いう気さえしている

それは 水であり
光であり 空気であり…

思いつくのは
そのくらいの ことだけれど

この場所には
わたしが生きるに値する
何かがあったのだと思う

いま わたしが
ここにいる かぎりは

151023理由


 訳あって「この時代に、ここで生きる意味」を考えていました。

 生きていれば、大きくても小さくても決断の連続です。

 決断しても「これでよかったのか」と揺らいだり、「隣の芝生が青く」みえたりしがち。それでも自分の決断に責任をもつのが大人というもの。

 決断で紡がれる運命も受け入れる覚悟が必要です。

 そんな抽象的な感情を抱いていたときに、詩『理由』に出会いました。「すっきり」した気持ちになりました。

 木浦さんに詩『理由』が気に入ったと伝えました。なんと、この詩に曲がつき、旭の山里合唱団で唄になるそうです。詩が曲にのると、『理由』に深みが出てくるのでしょうね。楽しみです。

 「こけぐらし」、これからも応援しますよ。


[2015/10/23 06:02] | 豊森なりわい塾 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【掃き掃除】
 いい天気が続いていますね。娘の小学校では、来週月曜日に「みどりのオリエンテーリング」が行われます。全校生徒が大給城にのぼるのです。

151022大給城


この時期から来月末にかけて、大給城はとても気持ちの良いときです。ふもとに住むものとしては、ぜひ生徒に楽しんでもらいたい。

そこで、私が人知れず休日に、大給城までの道の掃き掃除をしています。

151022掃き掃除


道路に落ち葉や土がたまっているのです。

 夏に掃除をするときは虫が寄ってきてはかどりません。今は、シーズンを前に掃き掃除をするにはちょうどいい時期です。

 子どもたちが楽しんで歩く姿を思い浮かべ、レレレのおじさんをしています。

[2015/10/22 07:15] | 大給城址 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【今年はあまり芳しくない?】
秋が深まりました。我が家のコットンボールは、ぼちぼちと開き始めました。朝露をあびる綿はかわいいです。

151021綿①

151021綿②

収穫をはじめましたが、今年はコットンボールが開いているのは4分の1ほど。かんばしくありません。理由がはっきりしませんね。

まぁ、糸をつむぐまでには何年もかかります。

収穫した綿は、まだ手のひらにのるほどです。

151021収穫


太陽にあててほしています。

[2015/10/21 06:19] | 福綿プロジェクト松平2015 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【秋ミョウガ】

「秋なのに、ミョウガ?」。まず、そう思いました。

この春、私の連れ合いは畑にミョウガを植えました。私のなかでは、ミョウガは夏のイメージです。

夏にはミョウガは出てこなかったので、来シーズンの楽しみにしていました。

その畑から、この秋にミョウガ3本が収穫できました。驚きました。

151020ミョウガ



調べてみると、ミョウガには旬が2回あり、「夏ミョウガ」「秋ミョウガ」と呼ばれています。

秋ミョウガの方がふっくらしているようです。さっそくサラダにいただきました。


[2015/10/20 06:19] | 季節2015 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【アサリは秋も旬】
 今日から、七十二候で蟋蟀在戸(きりぎりすとにあり)。秋の虫が戸口で鳴く頃。秋が深まると、窓を開けて虫の音をきいてお風呂に入っています。

 さて、義父の親せきが南知多に住んでいます。すぐ近くが海岸です。愛知県はアサリの漁獲高は日本一。南知多でもよく獲れます。その親せきから「アサリをたくさんとったよ」といっぱいいただきました。我が家で食べきれずに近所におすそ分けいたしました。

 さて、「潮干狩り」といえば春。「秋にアサリ?」と不思議に思い調べてみました。アサリは秋も産卵し旬の時期なのですね。初めて知りました。

 さっそく我が家で酒蒸しパーティー。焚火台にフライパンを乗せて蒸しました。幸せな味でした。

151019あさり


 たき火に使った炭はご近所からいただいた竹炭です。いただいたものばかりで楽しむのは恐縮ですが、幸せです。

[2015/10/19 06:17] | 季節2015 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【「おすすめの名古屋土産は?」】
昨日から名古屋で生協労連女性部会の総会が開催されています。私は開催県として全国のみなさんを歓迎いたしました。

名古屋に足を踏み入れる機会は、全国の生協ではたらくみなさんは少ないもの。テレビ番組の「ケンミンショー」とか、雑誌で「名古屋めし」がいろいろ特集されていますが、「本当のところ、どうなのか?」と、いくつか質問をうけました。

昨夜は、うまく答えられなかったものもあるので、この場を借りていくつか紹介。

 聞かれた質問は

①名古屋土産は?

②2次会の場所のおすすめは?

③少しだけ時間があるが、どこか観光できる場所は?

④おすすめの昼食は?

⑤一番近いコープの店は? おすすめ商品は?

愛知県に住むみなさんだったら、どう答えますか?

私の場合は、

①私も指摘されるまで気づかなかったのですが、「あんこ好き」です。コンビニで購入して名古屋を話題にするなら、松永製菓さんの「しるこサンド」。もしくは菓子パンで「小倉&マーガリン」。あと、エビせんべいも定番でしょうか。駅で買うなら、「ゆかり」ですね。

②今回は伏見で開催されました。すでに夜は終わってしまいましたね。好みはいろいろあると思いますが、大人数で名古屋を話題にできるなら、手羽先の「世界の山ちゃん」を案内しました。

③実はこれが困りました。名古屋城が定番でしょうが、あえて名古屋港水族館をおすすめしました。

④味噌煮込みうどんは麺の固さで好き好きがあるようでした。私は台湾ラーメンを「勇気があれば」ということで紹介しました。あと、コメダの「シロノワール」をデザートにどうぞ。

⑤今回はコープ上社店を紹介しました。地下鉄上社駅からすぐ近くで、コープあいちの一番の新店です。「ミルクプリン」はコープあいち職員のソウルフードです。

愛知県民のみなさま、「私なら、これ」というものを、名古屋に集まる全国の生協労連女性部のみなさまに、このFBでご紹介してあげてくださいね。

昨夜は、誕生日のプレゼントとして女性部役員からかわいい花束を受け取りました。このような心づかいがうれしいですね。ありがとうございました。

151018花束

では、女性部のみなさん、今日もつながりと議論を深めてくださいね。

[2015/10/18 07:46] | 出先から | トラックバック(0) | コメント(0) |
【娘からの誕生日プレゼントは…】
昨日は多くの方からメッセージをいただきありがとうございました。

FBを始める前にはあまり意識していなかった誕生日。あらためて、みなさんのつながりのなかで生きているとかみしめています。

もうひとり、私の誕生日を楽しみにしていたのは娘です。「あと1週間」「あと3日」「あと3時間」と指折り数えておりました。

それは私にプレゼントを渡すため。誕生日の朝、娘から受け取りました。

出張先で開けると、きれいな袋の中に入っていたのは、ボールペンでした。

151017プレゼント


娘がお小遣いから私のために用意していました。早く渡したくてうずうずしていたのですね。

普段使用するボールペンは記念品・販促品ですが、プレゼントのボールペンはとても重厚です。

 ボールペンの理由は、娘曰く「とっとは、字が下手だから」。
 
 44歳のテーマは「体に刻み込ませる」。娘の手本になるように、これからこのボールペンで文字を「刻み込ませ」ていきます。

[2015/10/17 05:56] | 節目に | トラックバック(0) | コメント(0) |
【体に刻み込ませる】
 本日44歳を迎えました。2年前のターニングポイント以降、地道に40代を歩んでいます。

 30代のときに悶々と「40代をどう生きるか」を考えてきました。想像していたものと180度違っていますが、納得のいく道を歩んでいます。

 ただ、名古屋で暮らしていた頃に思いめぐらしていた「里山暮らし」を始めると、できないことの多さにがく然としています。こちらに住む人生のベテランのみなさんから学ぶ技と知恵が多いです。

「体に刻みこませる」。これが44歳のテーマです。

[2015/10/16 06:10] | 節目に | トラックバック(0) | コメント(0) |
【叔父の決意】
急に冷え込んできました。車には、露がつくようになりました。

151015露


 寒くなったことに加え、地域では秋祭が終わり、仕事では1年で忙しい山場のひとつです。そのせいもあり、体調を崩しました。咳も出ています。

 さて、今日は同居している叔父の誕生日です。66歳です。

 叔父は決して器用な生き方をせず、独り身でずっと過ごしてきました。

 平日は車で1時間ほどの工場でアルバイト。内職をする家々に製品を届け回収しています。

 休日午前中は草刈りや薪わりなど、私たちの手が行き届かないところをしてくれます。地元の自治区の会合にも出席してくれます。

 休日午後には、スポーツ新聞を読み、喫茶店でコーヒーを飲んで過ごしています。

 人との関わりはあまり好まず、けして上手でもありません。「親孝行」が信条で、毎日仏壇に朝晩手を合わせています。
 
 そんな叔父が、ある重大な決意をしました。詳細は後日に紹介することになるでしょうが、はじめてきいたときは「そんな思いをしてずっと生きてきたのか」と驚きました。

 叔父の66歳の決意にエールをおくります。

[2015/10/15 06:38] | 節目に | トラックバック(0) | コメント(0) |
【たき火台】
 我が家のたき火は裏庭で石を囲んで行っています。

 たき火ができる環境はとても幸せですが、「もっと手軽にできないかな」と考えていました。たとえば、縁側で火を囲むとか。

 そんなときにアウトドアショップで購入したのは、たき火台です。

151014たき火台


 これは、持ち運びも設定も楽です。網を置けば、簡単なバーベキューもできます。

 さっそく、庭で五平餅を焼いて楽しみました。

151014五平餅


これで「縁側&たき火カフェ」が我が家でできます。

[2015/10/14 05:58] | 暮らし2015 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【来年は1家族Uターン】
秋祭にむけ、地元の若連から案内が届きました。

「今年の秋祭で、若連でイベントをして盛り上げたいから相談したい」。

とてもうれしい案内でした。

事前に相談会や準備会があったのですが、私は仕事で参加ができず。「本番で頑張ります」と返事をしてきました。

イベントは子どもたちが遊べるようスーパーボールや射的など。祭当日は、大人たちは準備の時からビールを飲んでいました。子どもたちはずっと遊んでいました。

151013スーパーボール

151013射的

151013ボール


 祭にあわせて里帰りした子連れ家族も遊びにきてくれました。派手ではないのですが、地元のわきあいあいとした様子に、ほんわかした気持ちになりました。

 私たちの自治区は将来の高齢者率40%の予想。少しでも人口維持ができるには「子どものいる世帯が年に1家族住む」のが条件といわれています。昨年の祭では「子どもたちが少なくなってしまう」と後ろ向きの言葉がきかれていました。

 ところが、来年1家族がUターンをしてこちらに住むとのこと。小学生が増えます。今年は若連から「祭を盛り上げよう」という声も出て、とてもうれしい動きです。

 祭は、そんな将来を行く末を感じる絶好の機会なのですね。準備は大変ですが、つながりを感じられます。

[2015/10/13 06:40] | 季節2015 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【神輿は出せず】
 昨日は地元自治区の秋祭でした。町内の大事な行事のひとつです。私は今年2回目の参加です。

 祭りといえば、笛や太鼓が鳴り響いておみこしをかつぐというイメージでしょうが、私たちの自治区ではそこまではできず。

 神輿をかついで近所に子どもたちがあいさつにいき、地元の神社に地元のみなさんが集まって、もちなげをするという内容です。

 私たち若連(地元の若者の集まり)と子ども会はおみこしをかついで自治区を歩くはずでした。ところが、雨。それも地元長老のみなさんによれば「雨なんて初めてだ」というぐらい珍しい天気です。

 残念ながら、神輿は中止。子どもたちと若連で町内を神輿なしで回りました。

151011子ども


 みんなおそろいのハッピをきて、子どもたちは鈴と笛と箱をもって近所を歩きます。大人たちが「わっしょい」と掛け声を出したり、爆竹を鳴らしたりして町内を回ります。

151011爆竹


 近所のみなさんが奉納金を出していただけます。

 小学生はわずか5人。保育園の子どもたち4人。計9人の子どもたちの練り歩き。大人の数が多いほどでしたが、子どもたちはみんなと一緒に歩くのは楽しい様でした。

 さて、そんな天気のなかでしたが、今年は若連であることに挑戦しました。それは明日に。

[2015/10/12 06:36] | 季節2015 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【雨の秋祭】
私たちの自治区では本日秋祭です。神社に集まり、おみこしをかついで町の中を歩きます。娘はずっと楽しみにしていました。

151011ハッピ


ところが、見事に雨が降っています。

今日は各地でお祭りが多いと思いますが、とても残念です。

雨でもお祭りは実施。昼からは雨があがるようなので、それを信じて。

[2015/10/11 06:37] | 季節2015 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【作文で表彰】
 娘の小学校は「前期・後期」制です。私の小学生のときは、1学期・2学期・3学期でしたが、今は違うのですね。

 昨日で前期終了。娘は通知表をもって帰ってきました。

 もうひとつ持って帰ってきたのは賞状です。娘の作文が、豊田市で第3位に選ばれたそうです。

151010賞状


 題は「さといも、だいすき」。我が家の前にある里芋の様子を書いた作文です。

  • なぜ里芋の葉の水がはじくのか。
  • 里芋の葉が大きくて、傘になること。
  • 里芋は隣のおばあちゃんが育て、がんばっていること。
  • 里芋料理では、おみそしるが好きなこと。
151010作文


 この作文は夏休みの宿題でした。なかなか机に向かわない娘をおだてたりして、無理やり書かせたもの。それが表彰されるとは…。

151010里芋



 実は、ちょっと複雑な気分です。

[2015/10/10 07:07] | | トラックバック(0) | コメント(0) |
【抹茶】
 最近の娘が興味をもっているのは「抹茶」です。

 先日の「たきみでたき火」で抹茶をふるまわれてから興味が出てきています。苦みもそうですが、茶筅でシャカシャカするのが気になる様子。

家で、ばあばに「抹茶を飲んでみたい」とせがみ、お茶をたてていました。

151009抹茶


「学校で茶道クラブに入ってみたい」と口にするようになりました。

どこまで本気かはわかりませんが、娘のたてた抹茶を私も楽しみます。

[2015/10/09 06:44] | | トラックバック(0) | コメント(0) |
【里COとこけぐらし】
 今日から二十四節気で「寒露」。七十二候で「鴻雁来」(こうがんきたる)。雁が渡って来る頃です。秋が深まってきましたね。

 さて、6日の中日新聞豊田版に『心癒すコケの写真と詩 豊田の福祉施設 木浦さんの作品展』の記事。豊森なりわい塾の同期、木浦敦さんが「こけぐらし」の展示会を行います。

151008こけぐらし


敦さんは、コケを撮影しつつ詩をつくるポエミスト。私も敦さんから、コケのもつ魅力を学びました。

 さらに先日地元のケーブルテレビをみていたら、敦さんのパートナー木浦幸加さんが画面に登場。

151008幸加さん


幸加さんやなかまのみなさんが出版した『里CO』の紹介特集でした。『里CO』とは、豊田の里山で暮らす女性の暮らしを特集したガイドブックです。

150728里co


 木浦さん夫妻とは豊森なりわい塾での同期というだけでなく、お互いに移り住んだ時期も同じ。子どもの年齢もほぼ同じです。お二人の豊田市旭地区での活躍はとてもうれしいですし、励まされます。

[2015/10/08 06:32] | 豊森なりわい塾 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【カラスウリとひょうたん】
 TPP交渉が大筋合意と報じられています。ノーベル賞は喜ばしいですが、その裏で暮らし・農業の破壊が進められています。牛肉・オレンジ・木材の自由化が何をもたらしたのか。歴史になぜ学ばないのか。腹立たしく思っています。

 さて、先日は娘と歩いていると、カラスウリやひょうたんがなっていました。

151007カラスウリ①

151007ひょうたん


カラスウリの朱色は鮮やかですね。

151007カラスウリ②

カラスウリは、夏に白いレースのような花を夜に咲かせるそうです。「幻想的」といわれる花を一度みてみたいものです。

[2015/10/07 06:53] | 季節2015 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【マシュマロ焼き器】
我が家に娘の同級生2人が遊びにきました。娘たちは、縄飛びをしたり、土手をのぼったりして遊んでいました。

そのわきで私はたき火をして、栗やサンマを炭で焼きご飯をお釜で炊きました。

151006ご飯

娘たちのおやつはマシュマロです。火にあぶって食べていました。

そして、娘たちがつくりだしたのは、マシュマロ焼き器。端材を立体に組み立てておりました。

151006マシュマロ焼き器

151006マシュマロ焼き


ほほえましいです。

のんびりとした休日でした。

[2015/10/06 06:06] | 遊び | トラックバック(0) | コメント(0) |
【栗 収穫】
  我が家のガラ紡績工場跡地にある栗の木。10年前に祖母が亡くなり、跡地を更地にしてから、ぱったり栗がならなくなりました。とても不思議でした。

 それが、今年10年ぶりに栗がなりました。昨年から跡地を開墾して手入れをしてきたからでしょうか。栗の木が私のことをまるでわかっているかのようです。

  落ちた栗はほとんどイノシシに食べられてしまいます。なので娘が竹でイガ栗を叩き落とし、イガを足で踏んで栗を取り出しました。

151005娘

151005イガ


山栗なので小さいですが、まあまあの収穫ができました。

151005栗


  夕方は娘の同級生が遊びにきたので、焼栗パーティー。甘くおいしく焼けました。

151005焼栗


  里山の秋の楽しみがまたひとつ増えました。


[2015/10/05 05:49] | 季節2015 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【綿 はじく】
秋晴れのいい天気です。各地で秋祭が行われていますね。

松平でも毎土曜日と日曜日は祭が各地で開かれています。私の地元は10月11日です。今年は若連でも祭をもりあげようと計画されています。楽しみです。

 さて、今年は拡張した綿畑。なぜか1ヶ月たってもはじきません。自然のこととはいえやきもきしていましたが、和綿がようやく1つはじきました。

1510034綿


 他の綿はまだ時間がかかりそうです。本当にはじくのか心配ですが、根気強く待ちます。

 福綿プロジェクトのみなさん、順調ですか?

[2015/10/04 09:30] | 福綿プロジェクト松平2015 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【ツリガネニンジン】
 今日から七十二候で「水始涸」(みずはじめてかれる)。田畑の水を干し始める時期となりました。

 そろそろ薪ストーブが楽しみになってきました。今朝は薪を叔父と準備しました。

151003薪

 我が家のまわりに秋の花が咲きだしました。

 ユニークなのは「ツリガネニンジン」です。こちらでは自生する花です。 「ニンジン」と名づいているのは、根が朝鮮人参に似て薬になるそうです。

 花をめでながら行う秋の散歩は、とても楽しいです。

[2015/10/03 13:57] | 季節2015 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【岩JAM】
  スーパームーンの夜、松平マクロビレッジの満月会へ。きれいな月をひとりでめでるのはもったいなく、娘と一緒に出掛けました。

 満月会への目的はあと二つ。ひとつは店主のKさんに北三河芸農祭の労をねぎらいです。

 もうひとつはマッサージをうけること。満月会にてくてく屋さんの木槌マッサージが出店されていました。肩に痛みがあるのでみてもらうことに。すると、コリがありました。いろんな意味で疲れが肩に集中しているようです。30分ほどマッサージをうけました。

 さて、店主から「11月21日に岩jamを開催するよ」とチラシを受け取りました。

 松平の岩や自然をいかした祭で、店主曰く「地域還元町おこしイベント」とのこと。主催はマクロビレッジさんです。私にも「地元のみなさんにかかわってほしい。ガラ紡でなにかできないか?」と相談がありました。

151002岩jam①

151002岩jam②


 祭のコンセプトも内容も、私が描くものと重なり興味があります。「愛と平和と岩ジャム」というタイトルもいいですね。

 スケジュール調整が必要になりますが、私も地元マツダイラーとしてかかわろうかな、と思っています。

[2015/10/02 06:39] | 松平の紹介 | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム | 次のページ>>
プロフィール

おぎゅうびと

Author:おぎゅうびと
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR