城址とガラ紡の里山暮らし
愛知県豊田市松平。徳川家のルーツにあたる里山です。その里山に2014年から暮らしはじめた家族のどたばた。松平で祖父が営んできたガラ紡のあれこれ、松平のなかでも大給城址の季節の移ろいを紹介していきます。
【百人一首熱 続く】
 「三日坊主で終わるだろう」と高を括っていた娘の百人一首熱。これが4日目となりました。毎晩、競技カルタを娘としています。

 百人一首のCDをランダムに聞くのですが、昨日は娘に1枚差で負けました。上の句や決まり字を覚えるなど、一日一日上達をしているのが伝わります。

 「成長したな」と感じたのは、勝ってもいばらず負けてもいからない娘の態度です。保育園時代は負けがわかると意固地になって、ときにカードをぐしゃぐしゃにしたものです。「お願いします」「ありがとうございました」というあいさつもします。

160331百人一首


 百人一首を通して、そんな態度を学んでいるのがうれしいです。

[2016/03/31 04:57] | 遊び | トラックバック(0) | コメント(0) |
【豊田でスタンディングアクション】
今日から七十二候で「雷乃発声」(かみなりすなわちこえをはっす)」。春の訪れを告げる雷が鳴り始める頃で「春雷(しゅんらい)」ですね。一昨日は豊田松平でも急な雨。そして雷。「虫出しの雷」ですね。

昨日は戦争法施行日。今夜は国会議事堂前でも、名古屋の栄でも、廃止を求めてアクションが盛り上がっていたようです。

私も仕事後に名古屋の栄でデモってやろうと思ったのですが、豊田でママの会がスタンディングするという情報を入手。急きょ予定を変更し豊田駅前へ。娘の描いた「わたしはせんそうにいきたくありません」のプラカードをもっていきました。

160330スタンディング


豊田はトヨタの企業城下町。「戦争法廃止」のような政治的アピールやアクションを市民レベルではしにくいと、移り住み始めてからも感じていました(思い過ごしかもしれませんが)。なので、豊田でのスタンディングアクションを応援する気持ちで駅前へ向かいました。

豊田駅ではママや男性の計4人がアクション中。スーツ姿の私が近づくと「何か抗議でしょうか?」とまず聞かれ、警戒されてしまいました。
「安心して下さい。豊田市民です。プラカードをもってアクションにきました」としどろもどろにいうと、ホッとされた様子。「ありがとうございます。どうぞ目立つところへ」とライトの真下を案内されスタンディングしました。

そのあとは参加したママさんらと一緒に駅前でアピール。足早に過ぎる方が多かったのですが、学生らしき女性からは「安保法って、安倍さんがいってるやつだよねぇ」と署名もしてくれました。

国会前や名古屋で行われるアクションとは、数や規模は雲泥の差。しかし、豊田という街で、施行日に戦争法廃止のスタンディングアピールができたことに大きな意味があると思いました。

最初に警戒されてしまったのは、今後の笑い話の種にいたします。

[2016/03/30 05:56] | 社会 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【耕運機と牛糞】
 本日から戦争法が施行。攻撃されなくても攻撃できる日本へ。「戦争ができる国」の怖さと危うさを覚える朝です。やはりこの法律は廃止させないと。

 さて、ご近所から「畑をやるんだってね? 耕運機を貸してあげるよ」と声をかけていただきました。ありがたいことです。

 これまで鍬で耕していましたが、たった1時間で写真のように土を起こしました。

160329耕運機


 つくづく機械は便利だと思いました。あとはまわりをほってもう少し整える予定です。

 耕運機を貸していただいたご近所はもともと牛を飼っていました。その牛糞小屋には糞がてんこ盛り。

160329牛糞


 「好きなだけもっていいよ」とのこと。これもまた、土づくりをするのに助かります。

[2016/03/29 06:20] | 暮らし2016 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【土を改良中】
 休みのたびに、休耕田を整備しています。4月からの種まきにむけ、まずは土を改良中。水はけ良く、栄養のある土をめざしています。

 そのために、畑には、米ぬか・薪ストーブの灰・あさりの貝殻・野菜のくずなどをまいています。

160328米ぬか

160328畑


しかし、所詮は素人の考えです。この方法がいいのかどうかわかりませんが、いい土になってほしいものです。あとは、イノシシ対策ですね。

[2016/03/28 08:10] | 暮らし2016 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【百人一首】
 映画『ちはやふる』をみてきた娘。映画をみてから、なんと百人一首を購入しました。映画の影響をすぐに受けるのは親譲りで、面白いものです。

 私も懐かしくなり、昨夜は娘と坊主めくりと競技カルタをしました。

160327百人一首


 これがなかなか面白い。

 映画やマンガから学んだのか、娘から「姿勢は正しく」「競技中はしゃべらない」などの所作も指導されました。

 娘の百人一首熱はそんなに長く続かないと思いますが、古来の遊びは伝えていきたいですね。

[2016/03/27 06:59] | 遊び | トラックバック(0) | コメント(0) |
【まさかの悲しみ】
 まさかの悲しみでした。娘の担任の先生が亡くなられました。終業式が終わったばかりですが、突然のご病気とうかがいました。

 昨夜は通夜へ。娘のクラスや在校生などの子どもたち、学校関係のみなさんなど、大変多くの方が参列されていました。

 先生のご家族の大変仲の良い様子が、在りし日の展示からわかりました。喪主であるお連れ合い様のあいさつには、私も涙を抑えることができませんでした。

 心配しているのは、娘はじめ子どもたちのこと。娘は泣いてはいませんでしたが、どう受け止めたらいいのか戸惑っている様子。なかには、泣きじゃくっていた子もいました。

 娘たちは、先生の最後の教え子となりました。通夜に参列しながら、先生から「いのちについて」という最後の最期の宿題が出されたのだと受け止めました。

 娘たちは担任の先生が亡くなったという突然の悲しみを、子どもたちなりに気持ちを整理しなくてはいけません。

 人には生と死があること。生はけして当たり前にあるのではなく、それ自体が奇跡であること。だからこそ、人の命も自分の命も大切に。そして、先生に感謝を。

 親としてきちんと寄り添いたいと思います。

 K先生、ありがとうございました。

 合掌。

[2016/03/26 06:29] | | トラックバック(0) | コメント(0) |
【雨水の通り道】
 先週土曜日は大雨。畑の溝に雨水がたまり、数日にわたってひきませんでした。もともと田んぼの跡地で泥土のため、水ひきの悪さは覚悟をしていました。

  とはいえ、自然に乾くには時間がかかりますし、作物は腐ってしまいます。ぬかるみばかりでは耕すのも一苦労です。

  しばらく鍬を持ったまま放心していると、近所の大先輩から声がかかりました。

  「水を切る道をつくらないといかん」。

  周りの畑をみまわしてみました。なるほど、溝を掘るだけでなく、雨水の通り道をつくっていました。

  さっそく私も道づくり。雨水がスルスルと流れていきました。

160325溝

160325ひく


  外で作業をしていると、アドバイスをしてくれる近所の大先輩が多いので助かります。

[2016/03/25 07:36] | 暮らし2016 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【巨石の上に育つ木々】
「昔は山がきれいだったけど、今は荒れちゃったね」と近くに住むおばあさん。裏山を歩いていると、密集している木々を伐って光を入れたいと私も思っています。

160324裏山


巨石も多く、中には石の上に大きな木が育っています。

160324岩

不安定な場所に生えていたカシの木が倒れているのをみつけました。叔父と伐りだして運び出しました。軽トラック2杯分です。いい薪になりそうです。

160324薪


幸い、岩が崩れてはいませんでした。しかし、叔父曰く「同じように倒れてくる木がこれからも出てくる。山主もよくわからないから、これからも荒れてくる」。

里山整備は、ここに住む者の宿命です。きれいな山を取り戻したいです。

[2016/03/24 05:54] | 暮らし2016 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【しいたけ菌打ち】
 里山ほんわか祭りで、下山の近藤しいたけ園さん出店されていました。菌打ち体験をさせてもらえました。

私は菌打ち未体験。さっそくやってみました。

店主がドリルで原木に穴をあけました。

160323穴あけ


その穴に白い耳栓のような菌をさします。作業は簡単です。

160323菌


自分で打った原木は我が家用に購入しました。

手書きの説明書をいただきましたが、とてもわかりやすいです。

160323説明


1年でしいたけが出てくるそうで、楽しみです。

[2016/03/23 06:16] | 暮らし2016 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【豊森なりわい塾 第5期報告書】
 3月20日に『第5回ほんわか里山交流まつり』が豊田下山地区で行われました。参加団体に豊森なりわい塾があり、里山暮らしで知り合った方も出店されています。我が家から車で20分ほどが会場のため、遊びにいきました。大変にぎわっていました。

160322ほんわか


 豊森同期の木浦夫妻や、豊森スタッフの中川さんと志津さんと会い近況報告をしあいました。

 豊森は5期生が卒塾したばかり。その報告書をいただきました。なんと表紙は私が斧を持っている写真でした。

160322報告書

 5期生は20・30代が多く、転職して里山暮らしにかかわる塾生も何人かいるようです。

 豊森なりわい塾では6期の募集が始まっていますが、次年度プログラムでは7年間の蓄積をいかしたいとのこと。つながりが、いっそう広がるといいですね。

[2016/03/22 06:08] | 豊森なりわい塾 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【ショウジョウバカマ】
 裏山にショウジョウバカマがひっそり咲いていました。咲いていた場所は地元民でも、あまり歩きません。たまたま倒木した木を処理をしていてみつけました。

160321ショウジョウバカマ


 調べてみると、漢字で「猩々袴」と書きます。「猩々」(しょうじょう)とは、中国の伝説の想像上の動物。紅色の花を猩々の赤い頭に、葉を袴と見立ててついたのが『ショウジョウバカマ』の名前の由来。

 葉の先端が地表につくと、そこから芽と根を出して子株を増やすそうです。 

 ひっそりと人知れず咲いているのが、いじらしいです。

[2016/03/21 07:14] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【スノーフレーク】
  今日は春分、七十二候で「雀始巣」(すすめはじめてすくう)。雀が巣をつくり出す時期ですね。今朝もウグイスがあちらこちらで鳴きだしています。名古屋では桜が開花したようです。

  我が家の土手にスノーフレークがにわかに咲きだしました。

160320スノーフレーク


  調べてみましたが、スノーフレークは、ヒガンバナ科に属すのですね。「いつのまに咲いていたのだろう」と驚くのも納得しました。

 娘はスノーフレークのかわいらしさが気にいっていて、部屋にも飾っています。

[2016/03/20 08:08] | 季節2016 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【せいやく書】
 近頃マンガにはまっている娘(小学2年)。

 どこで覚えたのか,ご丁寧に印をつけた「せいやく書 いいこにする」を親に出し、『ちゃお 4月号』を買うようにせがみました。

160319せいやく書


 それに映画の宣伝の影響で、単行本『ちはやふる』にもはまっています。連れ合いが職場の同僚から全巻借りてきて、夜な夜な読んでいます。

160319ちはやふる


 娘によれば「決まり字で『みち』の句が、名前と同じでうれしい」とか、「せをはやみ・・、も好き」とか、「鹿とか、もみじの言葉がある句はいい」とか…。

春休みには映画『ちはやふる』を観に行く予定。娘はとっても楽しみにしています。

[2016/03/19 06:16] | | トラックバック(0) | コメント(0) |
【PTA研修会】
今日は娘の小学校で卒業式です。卒業おめでとうございます。

あっという間に3月も後半でしたね。

さて、今月初めに小学校で「PTA研修会」が行われました。私は4月より小学校の父母教師会(いわゆるPTA)の副会長、来年4月に会長の任につきます。

160318研修会


研修会で年間行事を確認しましたが、思った以上に予定があります。

先生と一緒になって子どもたちが「通って良かった」と思える学校づくりをするのは、親としては本望です。仕事と両立させていきます。

ただ、自信のないのは卒業式。PTA会長はあいさつをし、2年後の卒業式では私が担当します。

2年前娘の卒園式で私はあいさつをしましたが感極まって嗚咽してしまった苦い経験があります。2年後自分の娘の卒業式ではありませんが、同じことを繰り返さないか、今から緊張をしています。

[2016/03/18 06:23] | | トラックバック(0) | コメント(0) |
【ほんわか里山交流まつり】
 今度の日曜日に『第5回ほんわか里山交流まつりin香恋の里しもやま』が開催されます。この祭りには『豊森なりわい塾』も参加団体になっている縁で、私も2年前から遊びにいっています。

160317ほんわか


 テーマが『スローライフ 新しい生き方発見』。イノシシコロッケ・しいたけ菌打ち体験・薪割りなど、里山らしい出店がされます。

 会場の下山は松平から近く、出店されるなかでも知り合いが多くいいらっしゃいます。

 私もいつか「ガラ紡」で出店するのか目標です。

[2016/03/17 06:17] | 遊び | トラックバック(0) | コメント(0) |
【畑づくりの初心者】
月曜日は大雨でしたね。

さて、畑づくりにあたり、私の師匠は隣の畑で作業をしている80歳を超えるご夫婦です。私が畑を耕していると「まずは、畑の周りを深く掘らないといけない」と教えていただきました。

「どうしてかな?」と疑問に思いましが、雨上がりの後の畑をみて納得しました。畝をつくるだけでなく、雨水が流れるようにするのですね。

160316畑


一つひとつ勉強です。

[2016/03/16 06:39] | 暮らし2016 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【自治区総会】
 今日から七十二候で「菜虫化蝶」(なむしちょうとなる)。モンシロチョウが飛ぶ時期となりました。あちこちで菜の花が咲いています。

 我が家の前にある土手には土筆が出始めました。

160315土筆


 さて、先日は私の自治区で総会が行われました。初めて出席しました。

  自治区には国道301号線があり、バイパス工事や公民館移転が予定されています。役員のみなさんは奔走しているようです。

  驚いたのが出席率の高さ。49世帯中43世帯が出席していました。
 
  話題のひとつは、高齢者世帯や高齢単身世帯の多さ。出席者をみても年齢層の高さを感じました。

  総会では徘徊などの心配が話題になりましたが、出席率の高さをみると「つながり」がとても強い自治区です。これは安心につながると思いました。

[2016/03/15 06:13] | 暮らし2016 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【畑 開始】
休耕田が広がる松平大給の里。心痛めていましたが、ひょんなことで一枚の休耕田を借りて、畑を始めることになりました。

畑では、綿を育てる予定です。昨日からさっそく備中鍬で耕しました。鍬をいれるごとにミミズが出て、とてもいい土だとわかりました。

160314畑


ですが、それだけミミズをねらうイノシシが出る証拠。畑の近くには仕掛けがあり、イノシシの足跡もあります。今日は昼間にもイノシシを見たので、油断なりません。

畑には、綿の他に里芋、大豆、小豆もはじめる予定。里山暮らしも3年目。少しずつできることを増やしています。

[2016/03/14 06:41] | 暮らし2016 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【さくらちゃん 5歳】
 3月10日付中日新聞朝刊に、岩手県宮古市のさくらちゃんの記事が掲載されていました。

160313さくらちゃん


 さくらちゃんは5年前の3月11日午後2時19分に生まれましたが、直後の津波で病院が被災。翌日、岩手学校生協のOさんに出会い、薪ストーブで沸かした産湯につかることができ、さくらちゃんの命は救われました。

 私は震災から1ヶ月後に、さくらちゃんのご家族にお会いしました。生協労連機関紙「生協のなかま」の取材でしたが、私の価値観が根底から揺さぶられました。取材以降、薪ストーブはじめ「どんな災害や危機が起きても、生きていける暮らし方」を目指すようになりました。

 震災から5年。さくらちゃんは元気に5歳となり、妹と弟が生まれたそうです。遠く離れていても、さくらちゃんの成長を知り、励まされます。

[2016/03/13 07:07] | 社会 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【ヤモリ】
家の壁にヤモリがいました。小さくてかわいらしいです。

160312ヤモリ

ところで「ヤモリとイモリはどう違うの?」と娘から質問され、調べてみました。

 ヤモリ…爬虫類。漢字で「守宮」。色は背も腹もベージュで常に乾燥している。目が鋭い。手足の指の数は前後5本。陸にいて壁を走る。

 イモリ…両生類。漢字で「井守」。色は背が黒で腹が赤い。いつも濡れている。目は丸い。手足の指の数は前4本。後ろ5本。水中にも陸にもいる。

 ヤモリがいる家は、悪いことがおきないといわれています。幸がありますように。

[2016/03/12 08:10] | 季節2016 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【うまく説明できませんが…】
 東日本大震災から5年を迎えました。今なお、被災地のみなさんの暮らしやなりわいの状況を知るにつけ、心痛みます。

 さて、このブログでもたびたび書いていますが、インルエンザ以降に私の心や体に起きている「変化」への戸惑い。うまく説明できませんが、より深くなっているようです。

「やらなくては」とは頭で思いつつも、なんだかモチベーションがあがらず。

 被災されたみなさんが「がんばれ」「きずな」「負けるな」という言葉の前に、マイナスの感情を出せず沈み込んでしまうとききます。

 今の私もそんな感じでしょうか。

[2016/03/11 06:21] | 節目に | トラックバック(0) | コメント(0) |
【どこでもだれでも1500円】
 今日から七十二候で「桃始笑」(ももはじめてさく)。里山の梅は、昨日の雨でだいぶ散ってしまっています。

 さて、昨日は生協労連のなかまが、東京で「3.9パートなめんな!最賃1500円@銀座デモ」。新橋や銀座でプラカードを大々的に掲げてアクションをしました。

160310新橋

160310行動


 雨のなかの最悪のコンディションでしたが、コールも表情も、ノリノリでした。

 弁護士の宇都宮健児さんや作家の雨宮処凛さん、エキタスのみなさんが応援に来ていただき、励まされました。なかまのスピーチも、心に響きました。

な んといっても、生協労連という全国の産業別労働組合が最低賃金時給1500円以上を求めてアクションしたことは、歴史に刻まれることでしょう。エキタスのみなさんの発言にもありましたが、多くの若者を励ます画期的な一日になったのは間違いありません。

 大雨でしたから、取材班としては苦労しました。今日の「生協のなかま」編集委員会で今回の歴史的アクションをどう編集するか熱く話し合います。

 参加した生協労連のみなさん、本当にお疲れ様でした。

[2016/03/10 07:31] | 社会 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【戸惑いの東京】
  昨日より東京へきています。2泊3日滞在します。生協労連の中央行動で、厚生労働省と交渉、国会議員への要請、銀座で最低賃金引き上げを求めてデモをします。

160309国会


  私は取材担当。カメラを片手になかまの姿を撮影しています。

  それにしても、気候の大きな変化に戸惑っています。 昨日はとても暖かったのに、今日は冬の寒さに逆戻りとのこと。

  そのうえ、私の場合インフルエンザ以降も体力が思うように回復していません。昨晩もホテルで早々と寝てしまいました。

「私のなかで変化が起きている。体調も。気持ちも。これからの生き方にも」。

そんな戸惑いを抱きながらの東京滞在です。

[2016/03/09 06:14] | 出先から | トラックバック(0) | コメント(0) |
【ダイコンバナ】
あたたかい一日が続きます。昨夜はカエルの初泣きをききました。娘はタンポポ・ホトケノザ・ナズナの花摘みを楽しんでいます。

いよいよダイコンバナも咲きだしました。土手が紫色いっぱいになる時期を迎えます。

160308ダイコンバナ


先日、娘は、米粉で団子をつくったり、クッキーを焼いたりしました。

160308だんご


縁側でウグイスの鳴き声をきき、花を愛で、団子やクッキーをいただくのはとても幸せです。

[2016/03/08 06:15] | 季節2016 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【綿繰り 綿打ち】
天気がよい休日。収穫した綿の綿繰りをしました。

春うらら、縁側でウグイスの声をききながら作業は気持ちの良いものです。

160307綿繰り


地道な作業ですが、種と綿が分かれていくのは面白いものです。

娘には竹で弓を渡して、綿打ちをしてもらいました。途中で、娘は缶を的にして弓矢で遊び出しましたが…。

160307綿打ち


そろそろ綿畑の準備を始めます。今年は少し拡張しようと思っています。

[2016/03/07 06:18] | 福綿プロジェクト松平2016 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【総出で薪づくり】
家族で薪づくりをしました。

「薪づくり」の作業は「玉切り」「薪割り」という2つの工程があります。

玉切りとは、間伐材をチェーンソーで伐って丸太をつくる作業です。

薪割りは丸太を斧で割る作業です。

薪割りは一人でも楽しめますが、玉切り作業は「家族みんなで行う」というのがポイント。男3人でチェーンソー2台を活用して玉切りをしました。

160306作業

 たくさん間伐材をいただいたので、玉切りしがいがあります。

160306玉切り


 玉切りをする際は、チェーンソーの整備や薪の片づけ、木くずの掃除などの作業があります。一人で玉切りをするのは大変なので「みんなで作業をする」のがポイント。


この後のビールがうまいのです。

[2016/03/06 07:27] | 薪ストーブ2016 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【ひな人形の片づけ】
 今日から啓蟄。七十二候で「蟄虫戸啓」(すごもりのむしとをひらく)。虫が土から出てくる頃。春本番になりました。

 さて、3月3日はひな祭りでした。

 よく「お雛さまを早く片付けないと嫁に行き遅れる」といわれます。私は「嫁」「行き遅れ」という言葉はあまり好きではありません。

 ただ、季節の行事が終われば、片づける習慣は大事にしたいと思っています。

 もちろん、すぐには片づけができません。そこで3月4日になったら、ひな人形を後ろ向きにしておきます。

 この習わしは他の地域でもあるようですね。我が家も娘がひな人形を後ろ向きにしていました。

160305ひな人形


 娘の姿がほほえましいです。

 さぁ。これからひな人形を片づけます。

[2016/03/05 08:56] | 季節2016 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【『私たちの松平』】
興味深い冊子が届きました、『私たちの松平 松平地区 自治区紹介』というタイトルがついています。

160304冊子


中身は、松平にある22自治区の基礎データ・概要・行事・長老コメントなどが掲載されています。松平地区区長会が編集・発行しています。

160304大内


 あらためて、松平地域の特徴を知ることができます。

  • 団地などの新住民の多い巴川周辺の市街地エリアと、巴川以東に伸びる丘陵地・山間部に属する少子高齢化・過疎化が課題。地域が二分されている。
  • 豊かな自然があるが、手入れが不足し荒廃農地が増加している。

 私の住む地域は「過疎」にあたります。里山の良さを生かした、住みやすく楽しい松平にしたいものです。

[2016/03/04 06:11] | 松平の紹介 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【豊森なりわい塾6期生募集】
 豊森なりわい塾から、第6期の募集パンフレットが届きました。まもなく第5期が終了。この7年で卒塾生が118人になるそうです。

160303豊森パンフレット


 私は第3期生で2年前に卒塾しました。

 豊森で学び始めたのと同時に、松平への移住準備を始めました。仕事でもいろいろ思い悩んでいたときでもありました。

 豊森には1年間通いましたが、塾生のなかまとのつながりは今でもとても貴重です。悩んでいた仕事についても、逆に自分の仕事の意味を深めることができました。

 豊森があってこそ、私の『城址とガラ紡の里山暮らし』があります。

 4月10日には豊森を知るイベントも予定されています。私もおすすめをいたします。

[2016/03/03 05:54] | 豊森なりわい塾 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【おこしものづくり】
明日はひな祭り。先日の休みの日に娘の友だちが遊びにきて、一緒におこしものをつくりました。

160302おこしもの


おこしものとは、この地方のひな祭りの伝承菓子です。ねった米粉に色をつけて木型につめ、木型から「おこす」という素朴なお菓子です。

 娘たちがおこしものをつくり、せいろで蒸して楽しみました。

160302蒸す


 砂糖醤油でいただく、素朴なお菓子。昨年から作り始めましたが、毎年楽しみたいものです。

[2016/03/02 17:55] | 季節2016 | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム | 次のページ>>
プロフィール

Author:おぎゅうびと
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR