城址とガラ紡の里山暮らし
愛知県豊田市松平。徳川家のルーツにあたる里山です。その里山に2014年から暮らしはじめた家族のどたばた。松平で祖父が営んできたガラ紡のあれこれ、松平のなかでも大給城址の季節の移ろいを紹介していきます。
【『兄征きし…』】
 仕事で蒲郡のデイサービスを訪問しました。

 七夕でもあり、デイサービスの利用者のみなさんは短冊に願いを書いていました。多くは「健康第一」「家族円満」です。なかには「動けるようになりたい」という短冊もあり、利用者のみなさんの願いに胸打ちます。

150708七夕


 デイサービスには、利用者さんの俳句が飾られていました。桜の頃を詠んだ句に、ハッとしました。そのひとつは

兄征きし その日のごとく 桜咲きそめし

 作者のOさんは、このデイサービスを利用されています。隣にある「満開に葬式写真写さるる」とあわせて、胸にぐっときました。

150708俳句



 句のとなりに新聞記事が掲げられていました。Oさんが特集されていました。

150708記事

Oさんは、ながく三河地方の俳句同人誌で10年ほど編集長をつとめられていたこと.

戦争では航空志願兵として、所属部隊は特攻隊として知覧へいく予定だったこと。

戦後は亡くなった戦友などを訪ねていること。

娘さんを亡くしていること。

戦後は、漁協に就職するも漁船が年々減っていくことに寂しさを感じていること。

 中日新聞の見出しは「生き残った寂しさ詠む」。Oさんは「生き残った者の宿命をその背に追いつ続けてきた。寂しい。だから詠む」と話されています。

 この日、Oさんはデイサービスを利用はされず、お会いすることはできませんでした。利用者のみなさんの多くは戦中・戦後を生き抜いてこられました。

 利用者のみなさんはデイサービスでは多くは語らず過ごされていますが、一人ひとりの人生の尊さを感じたデイサービス訪問でした。

[2015/07/08 06:30] | 社会 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<【サプリ本とスイカ愛】 | ホーム | 【あいさつポストカード】>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://ogyuubito.blog.fc2.com/tb.php/1070-a9554148
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

おぎゅうびと

Author:おぎゅうびと
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR