城址とガラ紡の里山暮らし
愛知県豊田市松平。徳川家のルーツにあたる里山です。その里山に2014年から暮らしはじめた家族のどたばた。松平で祖父が営んできたガラ紡のあれこれ、松平のなかでも大給城址の季節の移ろいを紹介していきます。
【北三河芸農祭】
シルバーウィークの月曜日、愛知県三河北部にある旭高原元気村で『北三河芸農祭』にいってきました。

「和みの里山生活文化圏 北三河が動きだす」がテーマ。さまざまな出店・マーケット・野外ステージがありました。

150922ポスター

お祭りイベントは土日開催が多いので、普段は足が運べないのが多いのですが、今回月曜開催で出かけてきました。旭高原元気村は見晴らしのよい場所にあります。

150922ステージ

 祭では、これまで里山暮らしでつながったみなさんや豊森なかまとも会いました。

 野外ステージでは、スペシャルゲストに加藤登紀子さんが出演。名曲『百万本のバラ』の熱唱に魅了されました。ジョン・レノン『パワー トゥ ザ ピープルー』は今の心境にもピッタリでした。

トークもすばらしい。野外でもあり子どもたちがステージに上ってきたり、加藤登紀子さんに日本酒がふるまわれたり、観客から差し入れがあったりするハプニングもあたたかいシーンになるのは、加藤登紀子さんの人柄ですね。

トークで気に入ったフレーズを紹介します。

「生活という文字を眺めてみました。今、婚活は「結婚するための活動」、就活は「就職するための活動」ですよね、生活は「生きるための活動」なんですよ。都会で暮らす生活は単にコンビニエンスが近くにあるとか、消費をするということになりがち。でも、生活は農的なものが分母にあり、その上に医療や福祉や文化か生まれるものだと思う。

 この言葉を聴いたとき、学生時代の恩師の言葉を思い出しました。「農業は英語でagricultureというが、この中に文化cultureがある。農から人間の文化が生まれる。農をおろそかにしてはいけない」

今回の「芸農祭」というタイトルにもそんな意味が込められているのかな、と勝手に想像しています。

スタッフは地元・北三河のみなさんが走り回っていらっしゃいました。私にも7月にスタッフへのお声かけを受けていました。日程的都合で断念しましたが、このようなすばらしい祭のスタッフは楽しいでしょうね。ステキなスタッフのみなさんに感謝です。

里山に未来を感じた祭でした。

[2015/09/22 05:55] | 遊び | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<【秋分の日】 | ホーム | 【深谷シネマでの出会い】>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://ogyuubito.blog.fc2.com/tb.php/1146-995afc75
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

おぎゅうびと

Author:おぎゅうびと
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR