城址とガラ紡の里山暮らし
愛知県豊田市松平。徳川家のルーツにあたる里山です。その里山に2014年から暮らしはじめた家族のどたばた。松平で祖父が営んできたガラ紡のあれこれ、松平のなかでも大給城址の季節の移ろいを紹介していきます。
【朝活「平和を我らに」】
 ガラ紡つながりの、本気布『ファナビス』稲垣さん。平和についても深く考え行動し、沖縄辺野古や韓国にも足を運んで貴重なメッセージを配信しています。

 稲垣さんが現在力をいれているのが朝活『平和を我らに』。おいしいコーヒーや紅茶をいただきながら、早朝の公園で平和について語り合います。

151025朝活①  

 8月6日に第1回が開催。第6回目が昨日行われました。岡崎・籠田公園へ初参加しました。

 日頃は、私も平和について考える機会は多いです。ただ、「戦争反対はあたりまえ」は大前提で、組織風土の似た場所で議論しがち。もっと市民レベルで考えあって、思考に「化学反応」を起こしたいと思っていました。朝活は、絶好の機会でした。

 朝7時という早朝時間にも関わらず集まったのは18人ほど。初めてお会いする方ばかりです。高校生も参加していました。

 おいしい紅茶を注がれて議論スタート。「朝からこんな話題でいいですか?」と投げかけられ、南京大虐殺とシベリア抑留に関する資料が配られました。それぞれの文書が世界記憶遺産に登録されたものの、南京については日本が、シベリアについてはロシアが抗議している」という切り口から、テーマがうつっていきます。

  • 自分が戦場にいたら命令を拒否できるか。
  • 立場主義で人は変わるのか。
  • 暴力性は誰にももつ怖さを知る。
  • 戦争が始まれば、理性のコントロールを失う。とめられない。
  • 戦後「だまされた」という人はいるが、「だました」というひとはいない。
  • 政治の内容についてSNSで発信すると「意識高い系?」といわれ敬遠される。
  • 日本とドイツの謝罪の違い。
  • 「和して同ぜず」の意味。
  • 「非国民」というのが強烈に行われたのは、「隣組」などの監視から。

 あちこち話題が飛びかうなかで、稲垣さんは進行を整理していました。日頃深めていない内容でした。刺激的でした。

151025朝活②

 議論内容だけでなく、私が感心したのは、「市民レベルで平和をテーマに語り合う場づくり」です。まったく出会う機会がない方と意見を交わすのは刺激的です。このような場づくりが、平和な社会と自立した市民をつくりだすと思います。

 デモに行くのも大事ですが、場づくりも大事。稲垣さんが「一人ひとりが平和のためにできること」を実践していてすばらしいです。

 と同時に、日頃接していない方々と意見を交わす難しさも感じました。私も修業が必要です。

 稲垣さん、ありがとございました。

[2015/10/25 06:07] | 社会 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<【イチョウの薪】 | ホーム | 【告知「大給城クリーンアップ&薪割り薪づくり体験」】>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://ogyuubito.blog.fc2.com/tb.php/1179-9d273801
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

おぎゅうびと

Author:おぎゅうびと
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR