城址とガラ紡の里山暮らし
愛知県豊田市松平。徳川家のルーツにあたる里山です。その里山に2014年から暮らしはじめた家族のどたばた。松平で祖父が営んできたガラ紡のあれこれ、松平のなかでも大給城址の季節の移ろいを紹介していきます。
【巨石の上に育つ木々】
「昔は山がきれいだったけど、今は荒れちゃったね」と近くに住むおばあさん。裏山を歩いていると、密集している木々を伐って光を入れたいと私も思っています。

160324裏山


巨石も多く、中には石の上に大きな木が育っています。

160324岩

不安定な場所に生えていたカシの木が倒れているのをみつけました。叔父と伐りだして運び出しました。軽トラック2杯分です。いい薪になりそうです。

160324薪


幸い、岩が崩れてはいませんでした。しかし、叔父曰く「同じように倒れてくる木がこれからも出てくる。山主もよくわからないから、これからも荒れてくる」。

里山整備は、ここに住む者の宿命です。きれいな山を取り戻したいです。

[2016/03/24 05:54] | 暮らし2016 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<【雨水の通り道】 | ホーム | 【しいたけ菌打ち】>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://ogyuubito.blog.fc2.com/tb.php/1330-624390b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

おぎゅうびと

Author:おぎゅうびと
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR