城址とガラ紡の里山暮らし
愛知県豊田市松平。徳川家のルーツにあたる里山です。その里山に2014年から暮らしはじめた家族のどたばた。松平で祖父が営んできたガラ紡のあれこれ、松平のなかでも大給城址の季節の移ろいを紹介していきます。
【軍都・豊橋をめぐる④ 愛知大学】
 最後の戦跡めぐりは。愛知大学へ、市電と豊鉄渥美線を乗り継いでいきました。

 愛知大学には、1907年(明治40年)陸軍の第15師団、1927年(昭和2年)からは豊橋陸軍教導学校、1939年(昭和14年)には陸軍予備士官学校がおかれました。

 愛知大学の石造りの門柱は正門として残っています。

160519門注


 豊橋鉄道沿いのコンクリート塀も教導学校当時のままです。

160519コンクリート塀

 学内にも当時の建物が現存しています。愛知大学記念館は第15師団の司令部庁舎として使われ、国の登録文化財となっています。この記念館はガラ紡績が常設展示されており、大きく看板も入り口にあります。ガラ紡績と戦跡が結びついていることには感慨深いものがあります。

160519記念館

 愛知大学のプールはかつて火薬庫で、名残の土塁が残っています。

160519土塁


 大講堂・将校集会所もあります。

160519講堂

160519将校集会所



 豊橋は軍都として繁栄した都市ですが、今は市民の運動で戦跡を語り継ぎ、その中心としてコープあいちが担っています。戦跡はともすれば、歴史的価値に気づかずに壊されるケースも多いのですが、このような地道な運動が大事だなぁと思いました。


[2016/05/19 05:37] | 戦跡 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<【ツバメ 産卵の時期】 | ホーム | 【軍都・豊橋をめぐる③ 湊町公園】>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://ogyuubito.blog.fc2.com/tb.php/1386-0f2c32a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

おぎゅうびと

Author:おぎゅうびと
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR