城址とガラ紡の里山暮らし
愛知県豊田市松平。徳川家のルーツにあたる里山です。その里山に2014年から暮らしはじめた家族のどたばた。松平で祖父が営んできたガラ紡のあれこれ、松平のなかでも大給城址の季節の移ろいを紹介していきます。
【カエル谷⑫ 飼う・触れ合う】
 カエル谷についてしばらく綴ってきましたが、今日でいったん区切りを。

 多くの環境園では、触れたり捕ったり持ち帰ったりするのは禁止事項となっています。カエル谷の魅力は「触れ合う」。カエル谷で捕まえた生きものは、自分で最後まで家で飼う自信と意志のある子どもには一部を持ち帰ってよいことにしています。

 ただし、小さな赤ちゃんや貴重な生きものはカエル谷に返します。

 今回子どもたちは、ドジョウ、オタマジャクシを持ち帰りました。中にはタガメを飼う子どももいました。飼い方は、カエル谷のみなさんが教えてくれました。

 さて、あるご家族からメールが届きました。

 先日タガメがやはり3匹とも死んでしまいました。大内さんに教えてもらったようにエサは沢山あげていたのですが、タガメはストレスに弱く「じーと見るも良くないよ」と教えてもらっていたのですが、おそらくストレスにやられてしまったのかなぁって思います。やっぱり難しい昆虫で いい勉強になりました。

 そう思うと、環境が整っていないと生きられない生き物で、なかなか出会えない訳だと実感しました。コオイムシは元気にしています。

 息子が もうすでに、夏休みの絵日記にカエル谷の話を書いていました。


 タガメが3匹とも死んでしまったのは残念ですが、「ストレスに弱い」こと、タガメのいる環境の大切さを知ったことは、子どもにとって大きな学びだと思います。

 あらためて、私もカエル谷すばらしさを知りました。長くカエル谷を整備してくださった分校のみなさんに感謝です。カエル谷のある里山の魅力を次世代につなげていくのは、地元に住む私の役割だと自覚しました。

160725集合写真


 初めての企画で、せいぜいブログやフェイスブック、小学校の掲示板に案内した程度でした。「参加者がいるのかなぁ」と心配していたのですが、友人知人がシェアをしてくださったりして広まっていきました。

 大成功だと自画自賛。これからも企画していこうと決めました。

[2016/07/25 05:13] | カエル谷 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<【里芋 イノシシに荒らされる】 | ホーム | 【カエル谷⑫ カエルの足】>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://ogyuubito.blog.fc2.com/tb.php/1453-87ed7ec5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

おぎゅうびと

Author:おぎゅうびと
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR