城址とガラ紡の里山暮らし
愛知県豊田市松平。徳川家のルーツにあたる里山です。その里山に2014年から暮らしはじめた家族のどたばた。松平で祖父が営んできたガラ紡のあれこれ、松平のなかでも大給城址の季節の移ろいを紹介していきます。
【ウリ坊】
  最近は、松平でもイノシシ被害がひどく、野菜を育てているみなさんは頭を悩ませています。

  今朝も大きなうめき声がして「また、イノシシが畑を襲っているな」とうつらうつらしていました。どうも仕掛けにかかったようでした。

  声の大きさから、どんな大きなイノシシがつかまったか想像していたら、ウリ坊でした。

160811ウリ坊


  さて、どうしてイノシシの子どもを「ウリ坊」というのか。それは、子どものイノシシは、シマシマ模様の姿形がシマウリに似ているから。

  この後のウリ坊の運命には心痛めますが、イノシシがつかまるたびに「里山を整備して、イノシシと人間があまり出会わないように緩衝地帯を増やしたい」という思いを強くします。

[2016/08/11 05:59] | 暮らし2016 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<【井上陽水『少年時代』に重ねて】 | ホーム | 【ハグロトンボ】>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://ogyuubito.blog.fc2.com/tb.php/1470-dd071465
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

おぎゅうびと

Author:おぎゅうびと
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR