城址とガラ紡の里山暮らし
愛知県豊田市松平。徳川家のルーツにあたる里山です。その里山に2014年から暮らしはじめた家族のどたばた。松平で祖父が営んできたガラ紡のあれこれ、松平のなかでも大給城址の季節の移ろいを紹介していきます。
【豊田市平和を願う戦争展⑤ パンプキン爆弾①】
  豊田市平和を願う戦争展について書いています。

  豊田といえば、終戦日前日の1945年8月14日に落とされた模擬原子爆弾パンプキンです。3発がトヨタ自動車をめがけて落とされました。展示会でもパンプキン爆弾について詳細を展示しています。

160825パンプキン爆弾①

  私は、豊田に落ちたパンプキン爆弾について詳しく知りたいと思っていました、ここでも詳しく展示について紹介していきます。

 パンプキン爆弾について紹介すると。

 1945年8月9日、長崎に投下された原子爆弾ファットマンと同じ形をしている爆弾。核物質をつんでいないため、投下しても核爆発は起きません。アメリカ軍が爆弾の軌道や特性を調べ、パイロットの爆弾投下の練習として日本全国に落とされました。

 丸い形状とオレンジ色に着色されていたことから「パンプキン爆弾」とよばれています。1945年7月20日から8月14日にかけて、30都市に49発が投下された。全国で死者400人、負傷者1200人をこす被害を出しています。

 長い間、この事実が一般に知られることはなかったが、1991年に愛知県の「春日井の戦争を記録する会」がアメリカ文書を調べ、パンプキン爆弾の詳しい内容がわかるようになり、8月14日は豊田だけでなく春日井市でも落下しています。

 豊田市には落とされた時間と場所は以下の通り。

1発目:午後2時53分 明和町2丁目(旧前山社宅南)
2発目:午後2時58分 今町矢作川左岸
3発目:午後3時1分  トヨタ本社工場

 1発目のパンプキン爆弾はクレーターができるほどの被害だったようです。直径19.8メートル。深さ7.5メートルということですから、相当な大きさです。

 2発目、3発目については次回。

[2016/08/25 06:30] | 戦跡 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<【豊田市平和を願う戦争展⑥ 2発目のパンプキン爆弾】 | ホーム | 【豊田市平和を願う戦争展④ B29の里】>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://ogyuubito.blog.fc2.com/tb.php/1484-0b406253
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

おぎゅうびと

Author:おぎゅうびと
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR