城址とガラ紡の里山暮らし
愛知県豊田市松平。徳川家のルーツにあたる里山です。その里山に2014年から暮らしはじめた家族のどたばた。松平で祖父が営んできたガラ紡のあれこれ、松平のなかでも大給城址の季節の移ろいを紹介していきます。
【豊田戦跡めぐり④ ずしりと重いパンプキン爆弾】
 国会での与党のTPP強行採決に怒る朝を迎えています。おごりも甚だしい。ますます日本の暮らしと未来に不安をもたざるをえませんが、ここはたたかわなければ。

 さて、「豊田・戦跡めぐり パンプキン爆弾の跡地をめぐる」について綴っています。

 最後に向かったのは、矢作川と巴川が合流するあたりです。落下地点は矢作川の川岸です。

161105矢作川

 私たちは渡合町という集落全体がみえる場所に車をとめました。渡合町の半数にあたる12件が全焼しました。あたりに爆弾の破片が広範にとんできて家々に突き刺さりました。矢作川から渡合町は結構な距離があります。爆弾の破壊力のすさまじさを感じます。

161105渡合町


今回、パンプキン爆弾の破片をTさんからみせていただきました。渡合町のある自宅を改装する際に、Tさんに提供されました。手に取ってみると。小さいものですが、大変ずしりと重いものでした。これが直撃したらと思うとぞっとします。

161105パンプキン爆弾

 証言によれば当時、川遊びをしていた子どもたちが2人なくなりました。

 ある証言によれば「村では火の手があっちでもこっちでもあがった。村には男衆は戦争や徴用に行っていなかった。火消しにがんばったのは、朝鮮の人たち。村にはたくさんの朝鮮人家族が住んでいた。今町側が大火事にならなかったのは、朝鮮のひとが頑張ってくれたから」。トヨタでも、朝鮮から動員が行われていたことに驚きました。

 以上、『トヨタの戦跡めぐり パンプキン爆弾の跡地をめぐる』のレポートでした。

 地元豊田市にはまだ戦跡が多く残っています。あらためて調べていくなかで、戦争を身近にとらえることができました。

 残念ながら、世界には戦争がいまだに起きています。その際に、トヨタの車が使われているのを映像でみます。とても心が痛みます。トヨタの車は、平和な社会と世界のために使われてほしいと願わずにいられません。

[2016/11/05 06:33] | 戦跡 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<【薪ストーブシーズン スタート】 | ホーム | 【豊田戦跡めぐり③ 地道な活動】>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://ogyuubito.blog.fc2.com/tb.php/1556-8a2cf5fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

おぎゅうびと

Author:おぎゅうびと
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR