城址とガラ紡の里山暮らし
愛知県豊田市松平。徳川家のルーツにあたる里山です。その里山に2014年から暮らしはじめた家族のどたばた。松平で祖父が営んできたガラ紡のあれこれ、松平のなかでも大給城址の季節の移ろいを紹介していきます。
【ガラ紡布と棉のタペストリー】
  田畑健著『ワタが世界を変える』についてつづっていますが、閑話休題。

  うれしいことがありました。豊森ギャザリングでの幹事なかまHさんから、「棉木とガラ紡布の依頼がありました。ガラ紡生地を使ってフラワーアレンジでコラボをしたいとのこと。

  Hさんのフラワーアレンジメントを先日の豊森ギャザリングではじめてみましたが、一つひとつにPOPがあり、物語が綴られていてすばらしかったのです。
 
  で、渡ししたガラ紡と棉でタペストリーをつくったとのことで写真が送られてきました。

161216タペストリー


  わぉ~。

  今年はワタ畑がイノシシ被害にあって、あまり実がはじきませんでした。そのなかでも耐えてくれたワタたちです。とても輝いてみえます。それにガラ紡布の、素朴なあたたかさが伝わります。

  口幅ったいことをいうようですが、「ワタとガラ紡っていいなぁ」と。これからの可能性を感じました。

[2016/12/16 06:28] | 福綿プロジェクト松平2016 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<【『ワタが世界を変える』④ ガンジーのチャルカ思想】 | ホーム | 【『ワタが世界を変える』③ 産業革命がもたらしたもの】>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://ogyuubito.blog.fc2.com/tb.php/1597-167a0ff3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

おぎゅうびと

Author:おぎゅうびと
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR