城址とガラ紡の里山暮らし
愛知県豊田市松平。徳川家のルーツにあたる里山です。その里山に2014年から暮らしはじめた家族のどたばた。松平で祖父が営んできたガラ紡のあれこれ、松平のなかでも大給城址の季節の移ろいを紹介していきます。
【豊森なりわい塾『布の話』⑦ 世界文明とワタ】
  豊森なりわい塾での『衣』講座について。ワタにまつわる歴史上の人物を紹介しています。

 4人目の写真。これも有名ですね。アレキサンドリア大王です。

161228アレキサンダー大王


 世界文明の中で身につける繊維を見渡してみると、わた・コットンを衣類として使っていた文明は「インダス文明」。次いで古くから綿が栽培されたのはアラビアで、ヨーロッパに綿の種子が伝えられたのはアレキサンドリア大王の東征(紀元前327年)によってであると考えらています。

 そして、海のシルクロードや陸のシルクロードによって様々な種類のわたが世界中に伝わって行ったのですね。
 
 紀元前からつづくワタの歴史。ロマンを感じます。

[2016/12/28 05:58] | 豊森なりわい塾 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<【豊森なりわい塾『布の話』⑧ 日本でのワタの広がり】 | ホーム | 【豊森なりわい塾『布の話』⑥ 黒船来航とワタ】>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://ogyuubito.blog.fc2.com/tb.php/1609-1ce86a93
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

おぎゅうびと

Author:おぎゅうびと
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR