城址とガラ紡の里山暮らし
愛知県豊田市松平。徳川家のルーツにあたる里山です。その里山に2014年から暮らしはじめた家族のどたばた。松平で祖父が営んできたガラ紡のあれこれ、松平のなかでも大給城址の季節の移ろいを紹介していきます。
【豊森なりわい塾『布の話』⑬ 映画『産土』】
 今日は仕事はじめ。いくぶん緊張した朝を迎えています。

 しばらく綴っていた豊森なりわい講座も今日が最後です。

 今回の講座では、あさひわかもの会主催による映画『産土』(うぶすな)の上映会がありました。あさひわかもの会は、旭地区に住む若者によって構成されています。豊森なりわい塾の同期生、K夫妻が中心メンバーでもあり鑑賞のおさそいがありました。

 『産土』は豊田市合併10周年を記念してつくられたドキュメンタリー映画。「自然とともに生きていたかつての日本人の暮らしとそこに息づく知恵や文化、また同時にそれらが失われつつあるという現実が、美しい映像によって表現」とチラシで紹介されています。

170105産土


 旭地区の様子だけでなく、足助地区の炭焼き職人や刃物職人、そして松平地区からは天下祭が紹介されていました。

 とても静かな映画ではありましたが、そこで生活し生きる地元のみなさんの鼓動がきこえるようでした。そして、豊田の里山で何年も続いてきたなりわいを急速に失っている危機感も覚えました。
 
 なぜ里山に人はひかれるのか。それは、ひとの営みとして里山DNAが組み込まれているからだと思うのです。そのDNAを見失ったとき、生きる手ごたえがなくなるのではないか。そんな感想をもちました。

 あさひわかもの会のみなさん、K夫妻、上映会を開いてくださり、どうもありがとうございました。

 しばらく綴ってきた豊森なりわい塾の講座。私の『城址とガラ紡の里山暮らし』の思いを育んできた原点であるとあらためて確認できました。

[2017/01/05 06:11] | 豊森なりわい塾 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<【南島原の正月休み① 美しい初日の出】 | ホーム | 【豊森なりわい塾『布の話』⑫ しめ縄づくり】>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://ogyuubito.blog.fc2.com/tb.php/1617-ac76c61d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

おぎゅうびと

Author:おぎゅうびと
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR