城址とガラ紡の里山暮らし
愛知県豊田市松平。徳川家のルーツにあたる里山です。その里山に2014年から暮らしはじめた家族のどたばた。松平で祖父が営んできたガラ紡のあれこれ、松平のなかでも大給城址の季節の移ろいを紹介していきます。
【糸玉をつくりながら】
 ガラ紡で紡いだ糸を娘と一緒に玉にしました。私が糸をほどいていき、娘が糸をくるくると巻いていくという共同作業です。

 薪ストーブの前で行いましたが、ゆったりとした時間です。

170117ガラ紡糸


 このように共同して作業をする時間って、ほんと少なくなりました。

 便利な道具に囲まれると、いろいろな作業は一人で行います。共同作業というのは、時間も作業も気持ちも合わせることになります。

 ともすれば、この「合わせる」という作業は手間です。便利な世の中というのは「手間」を省きがちです。

 私はこの「手間」を共同して行う暮らしこそ、今の時代に必要になっていると思います。

 時間を合わせようと思ったら、お互いの状況を確認しないといけません。

 作業を合わせようと思ったら、相手がやりやすいようにすることに気を配ります。

 気持ちがバラバラでは苛立ちがわきおこり、居心地が悪いものです。

  だから、あえて「手間」を一緒に行う時間をつくり、相手をおもう気持ちになりたいものです。

[2017/01/19 06:01] | がらんぼう | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<【天下茶屋のボールペン画】 | ホーム | 【授業参観② マヨネーズづくり】>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://ogyuubito.blog.fc2.com/tb.php/1631-3540578c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

おぎゅうびと

Author:おぎゅうびと
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR