城址とガラ紡の里山暮らし
愛知県豊田市松平。徳川家のルーツにあたる里山です。その里山に2014年から暮らしはじめた家族のどたばた。松平で祖父が営んできたガラ紡のあれこれ、松平のなかでも大給城址の季節の移ろいを紹介していきます。
【小学校で糸紡ぎ授業② 綿はすぐそばに】
 小学校での糸紡ぎの講座についてつづっています。

 担任の先生からいただいた2時間をどんな講座にするのか、進め方をいろいろ考えました。小学校3年生ですから、あまり難しいことはできません。そこで、めあてを3つに定めました。

【めあて1】綿から糸を紡いで、「糸」や「布」の仕組みを知る。

【めあて2】綿繰り機やガラ紡機に触れて、昔の道具について学ぶ。

【めあて3】豊田市が「衣」のまちといわれる理由を知り、松平(特に九久平)ではガラ紡がとても盛んだったと知る。

  いよいよ授業開始。「糸紡ぎの先生」というよりも、「みっちゃんのお父さん」という目で子どもたちは私をみています。


 さて、まずは自己紹介。

  • 私の祖父母がはじめ代々ガラ紡という綿から糸を紡ぐ仕事をしていたこと。
  • 松平ではガラ紡がいっぱい工場があったこと。
  • しかし今ではガラ紡も綿もみられなくなっていること。

  子どもたちに「服についているタグをみてみよう。どんな素材が使われているか、どこの国で服がつくられているか」と調べてもらいました。

170225タグ 


  子どもたちの着ている服は、綿とポリエステルがほとんどでした。

  着ている服は中国など外国製が多く、日本製が少ないこともまずわかってもらいました。
 
  調べてみることで、綿は服の素材に使われており、とても身近であること。しかし、今は日本ではほとんどつくられていないことを知ってもらいました。(続く)


[2017/02/25 06:25] | がらんぼう | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<【小学校で糸紡ぎ授業③ はじめての綿】 | ホーム | 【小学校で糸紡ぎ授業① 講師デビュー】>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://ogyuubito.blog.fc2.com/tb.php/1668-5da1cd41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

おぎゅうびと

Author:おぎゅうびと
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR