城址とガラ紡の里山暮らし
愛知県豊田市松平。徳川家のルーツにあたる里山です。その里山に2014年から暮らしはじめた家族のどたばた。松平で祖父が営んできたガラ紡のあれこれ、松平のなかでも大給城址の季節の移ろいを紹介していきます。
【福島にて⑧ 現代版「蟹工船」がイチエフで】
今 日は立夏。七十二候で蛙始鳴(かえるはじめてなく)。暦の上では夏。そして、梅雨までの気持ちの良い季節が始まります。

 さて、福島の訪問記をつづっています。

 これまで綴ってきたように、「避難指示解除」と言われても、放射線量が高い、除染が不十分、商店街や医療機関・学校などのインフラの復旧ができていないなど、多くの不安を抱え、「帰りたくても帰れない」というのが実態です。

根本には、政府と東京電力の根本的な姿勢にあります。取材時には、復興相の大臣が、被害者や避難者の悲しみや苦しみに心を寄せるどころか「よかった」「自己責任」などと発言。被災者支援の切り捨て政治の姿勢が浮き彫りになりました。

政府や東京電力の姿勢を変えようと市民の力で、復興にむけた動きがつくられています。そのひとつは「ふくしま復興共同センター」で福島県労連などによって組織しています。

「原発再稼働、福島切り捨て政治をはね返すたたかいについて、代表委員の斎藤富春さん(福島県労連議長)にききました。

  福島県議会は、自民・公明も含めた全会一致で国に福島原発の廃炉を強く求める意見書を四度採択しています。昨年7月の参議院選挙では、福島選挙区で現職閣僚が落選し、民進・共産・社民による野党共闘の候補が議席をえました。野党共闘の流れに「原発再稼働反対・原発ゼロ」の合意がしっかり位置づいています。「政治は変えられる」という希望をあたえました。

  原発事故で福島県民の中に様々な分断・対立と亀裂が持ち込まれています。全国と福島との分断・対立もつくられています。しかし、この分断・対立と亀裂の原因は、そもそも加害者である国と東電にあります。原発ゼロの日本を実現するために、互いの被害の違いを認め合い連帯し、国と東電にその責任を取らせることこそ、分断と対立を乗り越える唯一の方向です。


 福島生協労働組合の書記長からも次のようなメッセージ。

  全国には、福島県から避難している子どもへのいじめが起きています。そんな悲しい出来事が起きるのは、今村前復興大臣の「避難は自己責任」「東北だから、良かった」という発言で明らかになったように、避難している福島県民を困難に追いやる政策や東京電力の姿勢が背景にあります。避難者に責任はありません。全国のみなさんの近くで避難している福島県民が誤解を受けることがないよう、福島生協労働組合としても福島県の状況を正しく配信していきます。

  原発稼働を止めさせ、福島切り捨て政治を転換させるためにも「国と東京電力が責任を果たすことを求める100万人署名」に取り組みます。ご協力をお願いします。


 福島に身をおいてこそ、感じたこと。綴ってきました。政府の姿勢、特に安倍政権を変える決意をあらたにしました。福島訪問記をこれで終わります.


[2017/05/05 05:19] | 福島にて | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<【憲法記念の集会 生協が協賛する重み】 | ホーム | 【福島にて⑦ 現代版「蟹工船」がイチエフで】>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://ogyuubito.blog.fc2.com/tb.php/1737-0f8668c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

おぎゅうびと

Author:おぎゅうびと
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR