城址とガラ紡の里山暮らし
愛知県豊田市松平。徳川家のルーツにあたる里山です。その里山に2014年から暮らしはじめた家族のどたばた。松平で祖父が営んできたガラ紡のあれこれ、松平のなかでも大給城址の季節の移ろいを紹介していきます。
【核兵器禁止にむけて大きな動き】
 長文、ご容赦ください。

 5月31日から6月11日まで愛知県下では「あいち平和行進」が行われました。核兵器をなくすために、被爆者ととともに歩いてアピールするのです。私は長年この行進で事務局をつとめており、今年も終えることができました。

 今年の行進はいつもと違いました。共謀罪とか、加計・森友問題で情勢はきなくさいのですが、国連では、核兵器禁止条約の議論が国連で始まるという画期的な情勢で取り組まれています。

  条約会議では、平和行進をはじめとする市民の運動と、被爆者の渾身の証言が大きな役割を果たしています。「自分たちの運動が実を結びつつある」という確信が生まれているのです。

 先日、この核兵器禁止条約について日本原水協の安井正和日本原水協事務局長が、核兵器禁止条約会議について講演をききました。

 要旨を紹介します。

国連史上初の核兵器禁止条約会議
 3月27日から国連本部で核兵器禁止条約の交渉会議が国連史上初めて開かれました。115カ国以上の政府代表と220人以上の市民社会の代表が参加。核兵器禁止条約が締結されれば、核兵器は人類史上初めて違法だと宣言されることになります。核保有国や「核の傘」に依存する同盟国が条約交渉を拒否しても、核兵器の使用を前提とする政策は大きな制約が課せられます。

「何十年も活動してきた市民に感謝したい」
 交渉会議では市民社会の代表が初めて会議の正式な構成員として参加しています。日本原水協も発言しました。被爆者の渾身の証言も貢献をしました。各国政府から「核兵器を禁止するために何十年も活動してきた市民社会のメンバーに感謝したい」というコメントがありました。

核保有国が意のままにできる時代ではない
 会議には国連加盟国の3分の2を占める国が参加し、核保有国とその同盟国の少数派がボイコットしました。核保有国が初めて守勢にまわっています。核兵器をもつ大国がもはや世界を意のままにできる時代ではないと変化しています。

核兵器禁止 そして廃絶へ
 5月22日に条約の草案が示されました。被爆者の思いが反映された内容です。議長は7月には禁止条約を採択する決意を明確にしました。禁止条約が採択されれば、国連決議にしたがって9月の総会で報告され、批准、発効が進みます。核兵器禁止、廃絶へ大きな力をえられます。

日本政府は条約に反対
 日本政府は条約に反対し、交渉参加拒否を宣言して会議冒頭に退席しました。その理由は「核兵器国と非核兵器国の対立しいっそう深める」。背景は、核兵器の使用を前提とした米国の核抑止力=「核の傘」への根深い依存があります。日本政府が核兵器廃絶の先頭に立たせることが、日本の運動に課せられた国際的責務となっています。

ヒバクシャ国際署名を進めよう
 現在、ヒバクシャ国際署名をすすめています。この署名は「被爆者は、すみやかな核兵器廃絶を願い、核兵器を禁止し廃絶する条約をむすぶことをすべての国に求めます」という内容です。国際政治が最も求めている市民のメッセージです。「核兵器のない世界」と願う誰もが参加できる運動です。署名をすすめて日本の平和の流れを強くし、安倍政治への対抗世論を強めていきましょう。


 以上ですが、私の里山暮らしは、戦争や核兵器とは共存できません。むしろ、里山暮らしを、戦争も核兵器をなくす原動力にさせたい。そんな思いです。


[2017/06/12 05:54] | 社会 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<【シモツケ】 | ホーム | 【ホタル舞いだす】>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://ogyuubito.blog.fc2.com/tb.php/1775-5c9feb11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

おぎゅうびと

Author:おぎゅうびと
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR