城址とガラ紡の里山暮らし
愛知県豊田市松平。徳川家のルーツにあたる里山です。その里山に2014年から暮らしはじめた家族のどたばた。松平で祖父が営んできたガラ紡のあれこれ、松平のなかでも大給城址の季節の移ろいを紹介していきます。
松平郷⑬ 氷池跡
 今日から雨水
 
 七十二候では『土脉潤起』(どみゃくうるいおこる)です。「雨が降って土が湿っぽくなる時期」という意味にふさわしく、今朝は雨ですね。
 
 さて、豊田市中心部から車で移動すると、松平に入ったとたん寒くなるのを感じます。特に国道301号を上るとだんだん気温が下がります。

 そんな寒さにふさわしく、かつて氷がつくられていたという氷池跡が松平郷にあります。

130218氷池跡② 



 案内文を読むと、ここで1940年代頃ごろまで氷がつくられていました。できた氷は氷室におさめ、夏ごろには岡崎方面へ運んでいたとか。

130218氷池跡①


 訪ねたときにはまだ雪もありましたが、夏にはホタルが楽しめるそうです。ぜひ、ホタルの舞う姿をみたいものです。
[2013/02/18 07:01] | 松平の紹介 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<松平郷⑭ 展望テラス | ホーム | 松平郷⑫ 花だより>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://ogyuubito.blog.fc2.com/tb.php/197-118e60f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

おぎゅうびと

Author:おぎゅうびと
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR