城址とガラ紡の里山暮らし
愛知県豊田市松平。徳川家のルーツにあたる里山です。その里山に2014年から暮らしはじめた家族のどたばた。松平で祖父が営んできたガラ紡のあれこれ、松平のなかでも大給城址の季節の移ろいを紹介していきます。
【おやじの会③ O先生の夢をかなえたろか】
 今日から、七十二候で「魚氷上」(うおこおりにあがる)。暖かくなって湖の氷が割れ、魚が跳ね上がる頃。春先の薄く張った氷のことを薄氷(うすらい)。まだまだ寒いですが、日が長くなって春を感じますね。

 おやじの会相談会の様子を綴っています。

 相談会では、Tさんのパートナー編集『おやじの会プロモーションビデオ』3本立てを上映(Tさん、Special Thanks!)。資料には、流しそうめんの感想をまとめた一覧(おやじ・SNS・子どもたち)を読んで、当時を振り返りました。

 今回初めて参加したAさんも絶賛していました。
 
 来年の計画について少し頭出しを。

 おやじの会キーパーソンのお一人にO先生がいらっしゃいます。O先生は娘の担任でもあるのですが、おやじの会に当初から参加をしています。

 流しそうめんのときも、4年生からミニトマト贈呈という、粋なはからいをしていただきました。

 毎日のようにクラス通信『ハーモニー』を発行。通信から子どもたちへの愛情がよく伝わります。親である私たちにも教育や学びの意義やポイントをわかりやすく伝えてくださっています。O先生ファンは多いのです。
 
 この日は参加ができなかったO先生から、1枚のメモがおやじの会に届きました。

 そのメモには「夏なら『プールでペットボトルいかだ作りと流しそうめん』、秋なら『落ち葉スキーと焼きイモ』がいいナと思います。どーですか?」。そして、かわいらしく「やりたいな」と一言そえられています。

180215手紙


 
 O先生は流しそうめんが終わってからも、私たち役員の耳元で「次はペットボトルでいかだをしたい」とささやきまわっておりました。O先生の「いかだ愛」が伝わってきます。

 O先生は、来年度で定年を迎えます。教師生活残り1年と少しです。

 そこで、おやじの会で相談。『O先生の夢をかなえたろか』。これをもう一つの目的に、計画をすすめることにしました。

 ということで、「ペットボトルでいかだ作り」の経験があるみなさま。ぜひ、経験をおきかせいただいたらうれしいです。

[2018/02/15 05:18] | 学校行事 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<【PTA考① 新聞記事】 | ホーム | 【おやじの会② イノシシ肉の煮つけ】>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://ogyuubito.blog.fc2.com/tb.php/2023-a53a1b44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

おぎゅうびと

Author:おぎゅうびと
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR