FC2ブログ
城址とガラ紡の里山暮らし
愛知県豊田市松平。徳川家のルーツにあたる里山です。その里山に2014年から暮らしはじめた家族のどたばた。松平で祖父が営んできたガラ紡のあれこれ、松平のなかでも大給城址の季節の移ろいを紹介していきます。
【卒業式③ 祝辞】
 卒業式の様子をつづっています。

 私の名前が呼ばれ、演台へ。卒業式の凛とした雰囲気や一挙手一投足まで視線を浴びていることが感じます。来賓、保護者、学校へ頭を下げて演台へ。

 原稿をとりだします。6年生の動きがとってもきびきびしています。「お座りください」と声をかけます。

 ここで、私の祝辞を掲載します。

6年生のみなさん。いよいよ卒業という日を迎えました。

みなさんが通った6年間は、小学校周辺の環境が大きく変わった時期と重なりました。道路が拡張されて、通学をするにはとても安全になりました。

しかし、みどりの学びの場である東山へは、だんだん足が遠のかざるをえなくなりました。そのため、シンボルであるあべまき砦は、年々傷んでくるようになりました。

歴代の父母教師会では、あべまき砦を修繕したい、みどりの学び場としてもっと東山を活かせるようにしたいと思いながらも、なかなか踏み出すまでにはいたりませんでした。学校の花である、とっても小さなチゴユリの花たちも心細かったと思います。

しかし、11月にみなさんが九久っ子祭で演じた『みどりの国へ』が、私たちを動かしました。みなさんは、劇で「チゴユリを守ろう」「みどりを大切にしよう」と問いかけました。私たちは、みなさんのメッセージをうけとめて、あべまき砦の修繕にとりかかり、卒業式前に補修することができました。

みなさんは、学校に貴重な教訓を2つ刻み込みました。ひとつは、たとえ周辺の環境が大きく変わっても『みどりの学校』の伝統を輝かせること、そしてチゴユリを守る優しい気持ちを持ち続けていくことです。この思いは必ず下級生に引き継がれていくことでしょう。そして、みなさんには、私たち大人を動かす大きな力があることに自信を持って、この「みどりの学校」を巣立ってください。

地域のみなさま、ご来賓のみなさま。九久平学区の環境が大きくかわるなか、子どもたちの安全に日頃からご尽力いただいていること頼もしく思っています。みなさまの献身的な支えがあってこそ、無事に6年生の卒業を迎えることができました。この場を借りまして心より感謝申し上げます。

校長先生はじめ、担任の先生、そして学校の教職員のみなさま。常に子どもたちのために全力で学校を運営していただいていること感謝いたします。先生によれば、6年生32人のいいところは、頭脳明晰・スポーツ万能・美男美女ぞろい。今この場で6年生のみなさんを前にすると、先生が自慢したくなるお気持ちがよくわかります。先生のみなさまと子どもたちの成長を喜び合うとともに、父母教師会として卒業という日を迎えられたことにお礼申し上げます。

最後に、保護者のみなさま。子どもたちの在学中に一度は父母教師会役員を担っていただき、学校行事や父母教師会行事の運営をともに進めていただいたこと、心よりお礼を申し上げます。

特に、おやじのみなさん。私たちおやじは「背中で語る」を合言葉に、不器用ながらも子どもたちの成長を応援してきました。背中で語ってきた私たちのメッセージを子どもたちはしっかり受け止め、これからの歩みにきっと生かしてくはずです。そのことに自信をもち、今日の巣立ちを喜ぼうではありませんか。

6年生のみなさん、いよいよ中学生です。前途洋々。幸あらん青春をどうかどうか謳歌してください。

 
 無事に終了。担任の先生のくだりを読んでいると、先生がこちらに向かって、親指をたてて笑顔を送ってくださいました。そのとき緊張とてもほぐれました。

 ママ友が私の緊張している様子の写真をおくって下さいました。

180323式

(続く)

[2018/03/23 06:37] | 学校行事 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<【卒業式④ 門送り】 | ホーム | 【卒業式⓶ ますい!涙が】>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://ogyuubito.blog.fc2.com/tb.php/2059-1f2085ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

おぎゅうびと

Author:おぎゅうびと
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR