城址とガラ紡の里山暮らし
愛知県豊田市松平。徳川家のルーツにあたる里山です。その里山に2014年から暮らしはじめた家族のどたばた。松平で祖父が営んできたガラ紡のあれこれ、松平のなかでも大給城址の季節の移ろいを紹介していきます。
テイカカズラ
 しばらく松平郷に咲く花を綴ってきました。まだまだ紹介したいのですが、6月の花は今日でいったん区切りをつけますね。

 今日は「テイカカズラ」です。
 花の形がユニークで、プロペラの形をしています。

130615テイカカズラ①縮小



 「テイカ」とは、藤原定家(ふじはらていか)のこと。平安時代から鎌倉時代の歌人です。藤原定家は式子内親王(しょくしないしんのう)という女性を愛したのですが、死後も彼女を忘れられずテイカカズラに生まれ変わって彼女の墓にからみついたという伝説があります。

 「からみつく」というぐらい愛していた勢いを感じるほど、この時期咲きほこっています。「からみつかれた」親王の気持ちはどうだったのでしょう? 

 花言葉は優雅。6月12日の誕生花です。

 花一つひとつを調べていくと、奥が深いですね。

[2013/06/15 06:09] | 季節2013 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<豊森なりわい塾① | ホーム | キョウカノコ>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://ogyuubito.blog.fc2.com/tb.php/315-3e67d247
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

おぎゅうびと

Author:おぎゅうびと
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR