城址とガラ紡の里山暮らし
愛知県豊田市松平。徳川家のルーツにあたる里山です。その里山に2014年から暮らしはじめた家族のどたばた。松平で祖父が営んできたガラ紡のあれこれ、松平のなかでも大給城址の季節の移ろいを紹介していきます。
豊森なりわい塾⑬ 不思議なものです
 講座の最後では一人ひとりが感想を述べます。

 塾生の印象的な感想から

  • 聞いた相手の方が、なんども「ありがとう、ありがとう」とお礼をいってくれた。
  • 自分たちのおかれた環境を、好むと好まざるとにかかわらず、受け入れて生きてきた。
  • 地域のことを、本当によく知ってくれている。みんなと力を合わせていかなくてはいけない時代だった。…etc
 

 私の感想です。
 
 Mさんは、私の祖母と年齢は変わりません。
 
 
 
 父方の祖母は夫を戦争でなくして、3人の子どもを一人で育ててきました。
 母方の祖母は、1945年に祖父と結婚し、以来55年ガラ紡を営んできました。

 残念ながら、両祖母にじっくり話をきくこともなく、すでに亡くなっています。

 学生の頃、「血と地のしがらみ」が私にとってわずらわしく嫌悪さえしていました。地元に帰らず、名古屋でしがらみから解放された生き方に喜びを感じていました。祖父母らに会うことも避けてきました(10年以上も)。

 それが、今では自分のルーツともなる里山・松平に住もうとしています。不思議なものです。

 当時煩わしかった「血と地のしがらみ」を、今度は今の時代にあった、一人ひとりを尊重しあう関係に再構築していくことが、求められているのだと思います。
 

 聞き書きという、祖母の記憶の記録をしておけば、今の私の財産につながったのではないかと思うと悔やまれます。

 だからこそ、昔を知るみなさんを記録するのも、今を生きる私たちには重要です。松平にすむみなさんの聞き書きをしたいと、と感じました。
 
 第3回講座は来月。合宿が行われます。

[2013/07/24 06:16] | 豊森なりわい塾 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<120mの流しそうめん | ホーム | 豊森なりわい塾⑫ 静粛で濃密>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://ogyuubito.blog.fc2.com/tb.php/354-a9ff1771
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

おぎゅうびと

Author:おぎゅうびと
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR