城址とガラ紡の里山暮らし
愛知県豊田市松平。徳川家のルーツにあたる里山です。その里山に2014年から暮らしはじめた家族のどたばた。松平で祖父が営んできたガラ紡のあれこれ、松平のなかでも大給城址の季節の移ろいを紹介していきます。
ハス
 各地からハスの花だよりが届いていますね。松平郷も見ごろとのこと。雨の日でしたが、出かけました。
 
130801ハス’  

 私が松平郷へ足を運んだのは昼頃。これまでもつぼみは何度かみていますが、実はハスの花が開いたところをみたことがありません。今回も閉じていました。

 「どうしてかな?」と思ったら、ハスの花って早朝に開くのですね。昼過ぎには閉じてしまうのです。これを3回繰り返して散ってしまうのです。

 訪れた日は雨でしたので、ハスの葉の上には水がたまっていました。とてもはじきやすくなっているのは、サトイモの葉に似ています。
 
130801ハスの葉’ 


 ところで、松平郷の天下茶屋さんの花だよりによれば、「ハスは『蜂巣』の略とも言われ、花の散った後に残る花床が蜂の巣に似ている」そうです。

 今度は咲いたハスはもちろん、散ったハスもみたいと思った、雨の松平郷の散歩でした。

[2013/08/01 06:19] | 季節2013 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<オミナエシ | ホーム | 「はっぱに穴があいている」>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://ogyuubito.blog.fc2.com/tb.php/362-aad6bb35
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

おぎゅうびと

Author:おぎゅうびと
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR