城址とガラ紡の里山暮らし
愛知県豊田市松平。徳川家のルーツにあたる里山です。その里山に2014年から暮らしはじめた家族のどたばた。松平で祖父が営んできたガラ紡のあれこれ、松平のなかでも大給城址の季節の移ろいを紹介していきます。
豊森第4回講座② イベントの「祭」ではない
 第4回講座初日は、まずレクチャーをうけました。澁澤寿一さんを講師に「地域の祭りと祈りを考える」。祭りや祈りの基本的な意味合いを学びます。

 「祭り」といえば、今では「イベント」「屋台」など「お祭り」を思い浮かべがちです。ですが、今回の「祭り」は、神社を中心にした部落単位のものです。

 イメージとして、トヨタ自動車元町工場の稼働(1960年)前、伊勢湾台風(1959年)前の、高度経済成長時代前の祭りです。

 この時代の人々は、ほとんど百姓として生きています。

 求められるのは、

田んぼ一枚一枚の色の違い

風のわずかな向きの違い

石の置き方による水の流れの違い

昨日と今日の空気の違い

 …自然と一体となる、研ぎ澄まされた感度です。

 と同時に、「自然をコントロールできない」という畏怖の念もあります。なので、自然=山神に無事に穀物ができるように「祈り」ます

 農薬や機械で農を営む前のことです。

 部落単位で農を営むわけですが、部落での人と人との結びつきを確認する場としての「祭り」があり、唯一休めるときでもあったのですね。

 「祭」「祈り」の基本概念を学んだ後に、会場近くにある地元の伊熊神社へ。神社はちょっとした山の上にあります。

 天気も良く、塾生みんなで山道をハイキング気分で登りました。

130924神社へ

 気持ちよかったぁ〜。(続く)

[2013/09/24 05:58] | 豊森なりわい塾 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<豊森第4回講座③ 見事な欄間 | ホーム | 豊森第4回講座① 祈り?>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://ogyuubito.blog.fc2.com/tb.php/416-551065de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

おぎゅうびと

Author:おぎゅうびと
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR