城址とガラ紡の里山暮らし
愛知県豊田市松平。徳川家のルーツにあたる里山です。その里山に2014年から暮らしはじめた家族のどたばた。松平で祖父が営んできたガラ紡のあれこれ、松平のなかでも大給城址の季節の移ろいを紹介していきます。
千種名東区戦跡めぐり⑤ 三菱発動機工場
 出来町通の北側にある三菱の建物へ。この辺りいったいは、三菱重工業名古屋発動機製作所大幸工場がありました。今では三菱の研修所となっています。

131012三菱 

 この敷地内に空襲で犠牲となられた方々の「殉職碑」があります。普段は入れませんが、Nさんのご尽力で三菱に連絡をしていただき見学ができました。 

131012殉職碑②

 戦時中はこの地で陸海軍の航空機エンジンを生産し、学生が動員されていました。当時名古屋で学生であった、著名な哲学者の梅原猛さんもその一人でした。

 梅原さんの著書『神殺しの日本』で、次のような一節があるので紹介します。少し長文ですがお許しを。

  • その暮れに恐ろしいことが起こった。名古屋大空襲である。それははじめての大規模な名古屋空襲であり、工場では何も警戒もしていなかった。突然、B29数十機が名古屋の上空にやって来て、三菱発動機の工場を目がけて爆弾を落としたのである。爆弾は百発百中、工場の外に落ちたものはほとんどなかった。


  • ドドッという爆音とともに地は揺れ、防空壕の中にいる私たちは生きた心地がしなかった。空襲の人波が終わって外に出てみると、人間の死体が鉄骨に引っかかったり、屋根の上に吹き飛ばされたりしていた。


  • 私が入るはずであった防空壕を見にいくと、直撃弾が命中していて、中にいた東邦商業の生徒たちはみな死んでいた。その中学生たちの青白い死顔が今でも私のまぶたに焼きついている。


 この文章を打ち込んでいても想像しがたい惨状が浮かび、胸がしめつけられます(続く)

[2013/10/12 06:41] | 戦跡 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<千種名東区戦跡めぐり⑥ 被害と加害 | ホーム | 千種名東区戦跡めぐり④ 補給廠の塀>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://ogyuubito.blog.fc2.com/tb.php/434-2bc31ffa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

おぎゅうびと

Author:おぎゅうびと
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR