城址とガラ紡の里山暮らし
愛知県豊田市松平。徳川家のルーツにあたる里山です。その里山に2014年から暮らしはじめた家族のどたばた。松平で祖父が営んできたガラ紡のあれこれ、松平のなかでも大給城址の季節の移ろいを紹介していきます。
発見館の水車は…
 豊田市の『近代の産業とくらし発見館』。ここに水車とガラ紡機が展示されています。

131101発見館

 ガラ紡の展示パネルに「谷間に花開いた独創の技術」というタイトルがあり、ガラ紡績の特徴をうまく表現しています。

131101ガラ紡


 水車はガラ紡績の動力となっていました。

131101水車

 2000年まで祖父母が操業していたガラ紡や水車は、発見館はじめあちこちの資料館へ渡されました。

 ところで、展示されている水車はてっきり祖父のものだと思っていました。

 ところが祖父の水車は大きすぎ、発見館の入口にある龍のモニュメントにされていると判明しました。

131101龍

 発見館の展示写真には祖母が写っています。

131101祖母

 私をタイムスリップさせてくれる場所です。

[2013/11/01 06:16] | ガラ紡との再会・発見館編 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<ネコジャラシ | ホーム | 薪ストーブ設置へ>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://ogyuubito.blog.fc2.com/tb.php/454-daccf107
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

おぎゅうびと

Author:おぎゅうびと
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR