城址とガラ紡の里山暮らし
愛知県豊田市松平。徳川家のルーツにあたる里山です。その里山に2014年から暮らしはじめた家族のどたばた。松平で祖父が営んできたガラ紡のあれこれ、松平のなかでも大給城址の季節の移ろいを紹介していきます。
綿繰り機④ スピンドル
 綿というのは、撚り(より)ながら引っ張ると糸になるという性質をもっています。この性質を利用して、ガラ紡や糸車を使って、綿から糸が紡がれます。

 谷口さんは、「スピンドル」という道具で糸を紡いでいます。

スピンドルはコマのようなものです。スピンドルに糸を巻いて回転させます。糸を綿にくっつけ引っ張ります。すると糸が上手に紡げます。

131115スピンドル

 インドの遺跡からはこのコマのような道具がみつかっており、古代から行われている糸紡ぎの方法です。

 私も挑戦しました。

 が、なかなか思うように紡げません。撚りすぎてしまい、リズムよくできません。

 「一日30分ほど練習を続ければできますよ。大事なのは、たった30分でも紡ぐ時間をとれる暮らしをするということですけどね」と谷口さん。含蓄のある言葉です。

 綿打ちされた綿をいただきましたので、30分とまでいかなくても5分は毎日練習しようと心がけています(汗)。

 習得には時間がかかりそうです。(続く)

[2013/11/15 06:38] | ワタづくり2013 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<綿繰り機⑤ おそばもおいしく | ホーム | 綿繰り機③ 糸車と機織り機>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://ogyuubito.blog.fc2.com/tb.php/468-701c349d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

おぎゅうびと

Author:おぎゅうびと
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR