城址とガラ紡の里山暮らし
愛知県豊田市松平。徳川家のルーツにあたる里山です。その里山に2014年から暮らしはじめた家族のどたばた。松平で祖父が営んできたガラ紡のあれこれ、松平のなかでも大給城址の季節の移ろいを紹介していきます。
再生可能エネルギーフォーラム⑦ 地産地消型こそ
 フォーラムのテーマは、「いかに原発依存から抜け出し、自然エネルギーで地域経済の再生をするか」です。

 太陽光発電について、福島の参加者から次のような発言がありました。

「再生可能エネルギーの大切さはわかる。でも、東京の企業が農山村で山を切り開いてメガソーラーを設置するという動きもあるのです。結局、電気は吸い取られてしまっている」。

 再生可能エネルギーといっても、地域のために使われずに、企業の電力会社への売電目的にされる動きがあります。里山の景観が壊されるだけでなく、電力は地域にも還元されず、大都市で浪費的使われるという指摘です。

 再生可能エネルギーでもっとも問われるのは、政策理念なのです。

 太陽光・小水力・地熱・バイオマス・風力など、自然をいかした再生可能エネルギーは場所や時間の制約を受けやすくなります。フォーラムでは「再生可能エネルギーは、地産地消型の地域の自立を促すようなものになってこそ有効だ」と指摘されました。

 大町で実践されているNPO地域づくり工房の傘木宏夫さんは次のように強調されていました。

 「自分たちは地域で何がしたいのか。それをするために身の回りにどんな資源があるのか。自然エネルギーは地域と切り離すことなく、地域を知り学ぶ活動だ。実践しないとわからない。実践しないと伝わらない。実践しないと広がらない。実践しないと変わらない」。

 傘木さんは『仕事おこしワークショップ』(自治体研究社)という著書で、大町での実践内容をまとめています。

131124本 

(続く)

[2013/11/24 06:00] | 自然エネルギー | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<再生可能エネルギーフォーラム⑧ 手紡ぎマフラー | ホーム | 再生可能エネルギーフォーラム⑥ 太陽光発電>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://ogyuubito.blog.fc2.com/tb.php/477-8b724eb7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

おぎゅうびと

Author:おぎゅうびと
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR