城址とガラ紡の里山暮らし
愛知県豊田市松平。徳川家のルーツにあたる里山です。その里山に2014年から暮らしはじめた家族のどたばた。松平で祖父が営んできたガラ紡のあれこれ、松平のなかでも大給城址の季節の移ろいを紹介していきます。
薪③ つながりのあたたかさ
 沖縄と靖国。

 日本という国は、戦争を本当に本当に反省していないと情けなくなります。

 日本は戦争でアジア諸国に多大な犠牲を与えたのに、沖縄の美しい辺野古の海を埋めてまで、世界で戦争ができるようにアメリカの手助けをしようというありさま。

 「世界から戦争をなくして、外交交渉で物事を解決する」という憲法の理想を本気で目指せば、そもそも日本に米軍基地なんていらないし、靖国問題なんて起きないのに…。

 腹立たしい朝を迎えています。

 気を取り直して…薪の調達の続きです。

 薪用の木は、店主の山のふもとにありました。もともとしいたけの原木として用意されていましたが、使わないとのこと。
 
 原木には名前がわからないキノコが生え、皮もボロボロにはなっています。ですが、チェーンソーで中を点検すると、薪としては十分使えそうです。

131228原木


 店主の軽トラックに、店主と妻と私で原木を積み込みました。

 「こういう作業は、夏にはできないねぇ。ハチとかヘビが出てくるからね」。霜が降りた寒い朝でしたが、体があたたまりとても楽しい作業です。

 さらに、原木を我が家まで運んでいただきました。本当に店主には感謝です。

 N店主の山にはスギもあればカシの木もあります。間伐作業も店主の役目です。

 同じ町内にも薪ストーブを設置する家がぼちぼち増えてきたようで、薪の依頼もあるようです。

 薪ストーブを設置して実感するのは、単に火の「あたたかさ」だけではありません。薪をつうじて、つながり(人と人 人と森)を生み出す(あるいは、取り戻す)「あたたかさ」です。

 N店主には本当に感謝ですし、このような営みを通じて、少しでも森の手入れに役立てたいです。(続く)

[2013/12/28 07:04] | 薪ストーブ2013 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<薪④ ふくろうとガラ紡工場跡 | ホーム | 薪② ピザ窯としいたけ>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://ogyuubito.blog.fc2.com/tb.php/511-970b3371
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

おぎゅうびと

Author:おぎゅうびと
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR