城址とガラ紡の里山暮らし
愛知県豊田市松平。徳川家のルーツにあたる里山です。その里山に2014年から暮らしはじめた家族のどたばた。松平で祖父が営んできたガラ紡のあれこれ、松平のなかでも大給城址の季節の移ろいを紹介していきます。
枝が山積みに
 今日から二十四節季で「小寒」。寒の入りです。七十二候で「芹乃栄」(せりすなわちさかう)

 松平はセリをはじめ、七草の里と知られています。近所のセリ農家は正月も出荷作業で忙しいようです。
 
 さて、母や妹はこの正月はウォーキングをしています。帰りにいつも手にしてくるのは、小枝です。

 「これも薪ストーブに使えるかなと思って」とのこと。

 折れた枝や、間伐されてそのままの木が周りにあちこちにあります。それを持ち帰り玄関に山積みにしています。

140105枝


 散歩のたびに枝を持って帰るとなれば、山もきれいになるし、エネルギーも確保できます。

「これから背負子(しょいこ)を持っていこう」と二宮金次郎のような恰好を思い描いているようです。
[2014/01/05 07:52] | 薪ストーブ2014 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<薪割りの音 | ホーム | みどりの学校>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://ogyuubito.blog.fc2.com/tb.php/519-27f7fdbf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

おぎゅうびと

Author:おぎゅうびと
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR