城址とガラ紡の里山暮らし
愛知県豊田市松平。徳川家のルーツにあたる里山です。その里山に2014年から暮らしはじめた家族のどたばた。松平で祖父が営んできたガラ紡のあれこれ、松平のなかでも大給城址の季節の移ろいを紹介していきます。
豊森第9講座⑮ フォトグラファー
 春の節句ですね。我が家も雛人形を飾っています。保育園で今日はひな祭りです。

 娘はひなまつりの唄を4番まで覚えて上機嫌です。夜は、ちらし寿司です。

 塾生の卒塾作品発表の続きです。

●SSさん:田舎のフォトグラファー

 T社で車のモデラーとして働いているSSさん。豊森を通じて「田舎の風景=日常の風景を大事にしたい」と思うようになりました。

140303SSさん


 そのためにも、半農半サラリーマン的田舎暮らしを行い、「日本の風景を表現し伝えるフォト&聞き書きのWEBサイト」を考えています。それも「半年中に旭や足助方面に住みかを構えられないか」と決心しています。

 「暮らしが風景となり 勤めが風景を磨き 風景を表現して稼ぐ」。そして「そんな風景への共感をもってもらえる世の中に」と考えています。

 SSさんの写真は、光を上手に使っています、すでに、KYさんの情報紙の掲載依頼、3月23日の祭のフォトカードの出品依頼、Tさんからは八ヶ岳を撮影してほしいなど、オファーがすでにきています。

 塾生それぞれに得手があり、それを生かそうとしていることは面白いです。「創るひと」「つなぐひと」「耕すひと」「支えるひと」「育てるひと」…etc。

 SSさんは「表現するひと」なのでしょう。私もカメラ撮影をしますが、表現を生かした「記憶写真」ではなく、「記録写真」になりがちです。SSさんの写真技術を私も学びたいです。

 さて、長く卒塾発表の様子や感想を綴ってきましたが、お一人欠席の塾生をのぞき卒塾発表はここまで。

 まだ私の卒塾作品を紹介していませんね。それは、明日また。(続く)

[2014/03/03 07:38] | 豊森なりわい塾 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<豊森第9講座⑯ X年後の歳時記 | ホーム | 豊森第9講座⑭ すでに>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://ogyuubito.blog.fc2.com/tb.php/576-5728469e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

おぎゅうびと

Author:おぎゅうびと
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR