城址とガラ紡の里山暮らし
愛知県豊田市松平。徳川家のルーツにあたる里山です。その里山に2014年から暮らしはじめた家族のどたばた。松平で祖父が営んできたガラ紡のあれこれ、松平のなかでも大給城址の季節の移ろいを紹介していきます。
里山交流まつり② 塾生なかまの出店
 カエルが一晩中、鳴きだしました。まだ2〜3匹ですが、そのうち大合唱が始まるのでしょうね。

 ほんわか里山交流まつりの続きです。塾生の出店品の紹介です。

 まずは、SFさんお手製の『豊森』看板が出迎えをしてくれます。

140404看板

 TFさんは、木工作品です。今回はパートナーもご一緒でアロマを出店していました。「技術はまだまだ」と話すTFさんですが、なかなか見事です。

140404TYさん 

 SYさんは、紙芝居です。タイトルは『和尚さんと笹戸温泉』。笹戸温泉に伝わる昔話をSYさんがイラストで描きました。子どもたちにも朗読しました。

140404SYさん


 SSさんはポストカードです。「田舎の風景」をテーマにした5種類のカード。「前日の夜遅くまでかかりました」というSSさん。光を使ったなかなかのカードです。

140404SSさん

 KAさんは『こけぐらし』。「身近なものに愛を」をコンセプトにしたこけ鉢。「これが、うわさのこけかぁ〜」とじっくりみてしまいました。いとおしくなりますね。

140404KAさん 


 KYさんはアクセサリーです。『Naare』(ナアレ)という店名で、KYさんの『エガオニナアレ』という思いを込めています。Kさん夫妻は「こけぐらし×Naare」での出店です。

140404KYさん

 そして、販売ではありませんが、UTさんの「U道場」のパネル展示もありました。トレーラーハウスの道場の様子です。週末田舎暮らしの様子がよくわかります。

140404UTさん

 交流まつりにむけて豊森スタッフのみなさんもかなり準備が大変だったはずです。

 塾生なかまのOAさんSNさんSTさんが裏方準備に奮闘していました。

 ARさんは主催団体「おいでんさんそんセンター」の事務局として受付担当。その他に3期の塾生なかまが祭ににぎやかしとして参加していました(続く)。

[2014/04/04 05:49] | 豊森なりわい塾 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<里山交流まつり③ ガラ紡糸 | ホーム | 里山交流まつり① 豊森バザール>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://ogyuubito.blog.fc2.com/tb.php/608-69b4f58f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

Author:おぎゅうびと
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR