城址とガラ紡の里山暮らし
愛知県豊田市松平。徳川家のルーツにあたる里山です。その里山に2014年から暮らしはじめた家族のどたばた。松平で祖父が営んできたガラ紡のあれこれ、松平のなかでも大給城址の季節の移ろいを紹介していきます。
里山交流まつり③ ガラ紡糸
 今日から二十四節気で「清明」。そして七十二候で「玄鳥至」(つばめきたる)。今年は、もうつばめが到来していますね。

 里山交流まつりでは、豊森ブースで「ガラ紡糸」を展示販売しました。

140405ガラ紡糸①


 豊森第1期生で「福綿プロジェクト」があり、自分たちで綿を育てています。そして、『本気布』の稲垣さんを通じてガラ紡績で紡ぎました。

140405ガラ紡糸②


 まさに、糸と布の地産地消です。

 私が「やりたい」ことは、すでに豊森の先輩塾生が実現していました。

 プロジェクトの一員である先輩塾生のYさんが、お祭りに参加されていました。

 話をきくと「まずは、自分たちの庭でわずかなでいいから綿を植えていく。それが徐々に広まっていく。まずはそんなところからスタートさせたらいい」

 なので、ブースでは綿の種も販売。

140405種

 私も、まずはガラ紡工場跡に一坪でもいいから綿を育てる。そこからスタートさせようという思いをますます強くしました。

 ところで、ある若者がガラ紡糸を興味深くみていました。

 そして、「この糸、いい! どういう糸なんですか?」という質問。ということで、私がガラ紡糸を熱く解説しました。

 若者は「それはとっても面白い糸ですね。実は、このマフラーはさをり織りで自分で織ったんですよ」とカラフルなマフラーをみせてくれました。

 若者は、名古屋から西尾に移り、古民家暮らしをはじめるとか。若者に塾生なかまもいろいろ声をかけました。

 「なんて、このブースはあたたかいんだぁ」という若者に、私たちが渡したのはもちろん「4期生募集のチラシ」。募集してくるといいですね(続く)

[2014/04/05 05:53] | 豊森なりわい塾 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<里山交流まつり④ 祭は出会いを広げる | ホーム | 里山交流まつり② 塾生なかまの出店>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://ogyuubito.blog.fc2.com/tb.php/609-01df9106
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

おぎゅうびと

Author:おぎゅうびと
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR