城址とガラ紡の里山暮らし
愛知県豊田市松平。徳川家のルーツにあたる里山です。その里山に2014年から暮らしはじめた家族のどたばた。松平で祖父が営んできたガラ紡のあれこれ、松平のなかでも大給城址の季節の移ろいを紹介していきます。
豊森公開講座③ スタートにふさわしい本
 公開講座ではお二人の講演がきけませんでしたので、受付で本を2冊購入しました。

 塩見直紀さんの著書
 『半農半Xという生き方 実践編』(半農半Xパブリッシング)
 『綾部発 半農半Xな生き方88〜自分探しの時代を生きるためのメッセージ』(遊タイム出版)


140418著書 

 2冊の本を帰りの電車で読み始めましたが、面白い!
 「ビビビッ」とくる言葉がいくつも出てきました。

 たとえば、『綾部発…』の「はじめに」は次のような文章が並んでいます。

  • 半農半Xとは何か。…持続可能な農ある小さな暮らしをベースに、天与の才を活かし、社会的な使命を遂行し、持続可能な社会のための問題解決をし、新しい文化創造の目指す生き方。

  • 42歳の誕生日、ぼくの中に「5年以内のアクションを!」というメッセージが浮かんできた。

  • 最近、ぼくの中に「21世紀の加減乗除の法則」が生まれた。「加」とは、自分の役割をこつこつ積み重ねていくこと。「減」とは、贅肉をおとし、引き算の思想で暮らすということ、「乗」とは、平和的にどんどんつながり、シャア&コラボしていくこと。「除」とは、自分のテーマやミッションにフォーカスするということ。

  • 人生には羅針盤となるキーワードやコンセプト、法則が大事だし、くじけそうになったとき、それらは自分を指させてくれる力になる。

 私自身も40歳の時に里山ぐらしがふっとひらめき、代々営まれたガラ紡に導かれるように2年かけて準備を積み重ね、42歳のこの春からスタート。豊森なりわい塾でさらにつながりが広がる…。

 「はじめに」に書かれた内容と、私の問題意識が重ねあって思わず電車の中で「おぉ」とつぶやいてしまいました。
 

 私の『城址とガラ紡の里山ぐらし』のスタートにふさわしい著書に出会いました。しばらく、塩見さんの本を読んでいこうと思います。

 というこで、公開講座の一日は終了です。
 
 繰り返しになりますが、豊森なりわい塾では4期生募集中。4期生のみなさんとのつながりを楽しみにしています。

[2014/04/18 06:28] | 豊森なりわい塾 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<くらら農園① 草摘み会 | ホーム | 豊森公開講座② ぜひ4期に>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://ogyuubito.blog.fc2.com/tb.php/622-ba40ce8b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

おぎゅうびと

Author:おぎゅうびと
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR