城址とガラ紡の里山暮らし
愛知県豊田市松平。徳川家のルーツにあたる里山です。その里山に2014年から暮らしはじめた家族のどたばた。松平で祖父が営んできたガラ紡のあれこれ、松平のなかでも大給城址の季節の移ろいを紹介していきます。
春の蛭川⑧ 危険と隣り合わせ
 蛭川での間伐体験の続きです。

 実際に間伐をしてみると、この営みは危険の隣り合わせであると身をもって知ります。

 まずチェーンソーそのものが危険であること。

 木が倒れる力強さも、そばにいるとドンという地響きも伝わってきます。

140506倒木


 ニュースで、倒木した樹木があたって亡くなるとききますが、それぐらい危険な作業です。

 そのためにも、すぐに動けるように足場をきれいにすること。倒木する方向を正しくするためにも、受け口や追い口を丁寧に仕上げること。

 「安全に作業をする」という重みが伝わります。

 日頃、仕事では「身に危険を感じる」ほどの感覚はありませんが、このような間伐作業を通じて、仕事でも整理整頓をし安全第一を大切にしようと思いました。

 さて、倒したヒノキを「ぜひ鍋敷きにどうぞ」とおすすめされました。

 そこで、チェーンソーで自分用の鍋敷きを伐ってつくりました。とってもいい匂い。

140506鍋敷き


 それに、ヒノキは皮がとってもきれいにむけるのですね。

140506ヒノキ


 娘の誕生日プレゼントができました(続く)

[2014/05/06 05:46] | 豊森なりわい塾 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<春の蛭川⑨ 間伐したヒノキのこれから | ホーム | 春の蛭川⑦ 受け口・追い口・ツル>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://ogyuubito.blog.fc2.com/tb.php/640-12a0383d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

おぎゅうびと

Author:おぎゅうびと
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR