城址とガラ紡の里山暮らし
愛知県豊田市松平。徳川家のルーツにあたる里山です。その里山に2014年から暮らしはじめた家族のどたばた。松平で祖父が営んできたガラ紡のあれこれ、松平のなかでも大給城址の季節の移ろいを紹介していきます。
120年後の開墾
 今日から七十二候で『紅花栄』(べにばなさかう)。紅花に限りませんが、いつか自分で育てた綿を自然の染料でそめて楽しんでみたいですね。

 昨日はさまざまな行事が重なりました。私は1年ぶりに職場なかまと卓球の団体戦に出場しました。生活環境が変わって練習量が圧倒的に不足し、1年ぶりの試合に出場というタイムラグがあり、上部リーグに昇格したもののその洗礼を浴び…。
 
 誇れるような試合内容ではありませんが、でも卓球は息長く楽しんでいきたいものです。
 
 さて、私の休日のもう一つの営みは、綿畑づくりのためにガラ紡工場跡地をならすこと。しかし、作業時間も体力も限られており、せいぜい1〜2時間を、1〜2坪を耕すのがせいぜいです。

 耕せば耕すほど、出てくるのは石・石・石…。そして、強力な草の根っこです。これを掘り起こして動かすのも体力が必要です。

140526石

140526根


 このガラ紡工場跡地を「開墾」する営み。私の5代前にあたるおよそ120年前も、この地でガラ紡工場を建設するために「開墾」されました。

 120年間の時を経て、同じ土地での「開墾」という営み。大きな石を動かしながら、先人の営みのスケールの大きさを感じています。

[2014/05/26 06:28] | 福綿プロジェクト松平2014 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<マクロビレッジ➀ ぶらっと | ホーム | 瀬戸ピースウォーク④ 深川神社>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://ogyuubito.blog.fc2.com/tb.php/660-6345767c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

おぎゅうびと

Author:おぎゅうびと
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR