城址とガラ紡の里山暮らし
愛知県豊田市松平。徳川家のルーツにあたる里山です。その里山に2014年から暮らしはじめた家族のどたばた。松平で祖父が営んできたガラ紡のあれこれ、松平のなかでも大給城址の季節の移ろいを紹介していきます。
 町内草刈り③ 将来の草刈り
 いよいよ愛知県は梅雨入りをしました。四国では大雨です。こちらも大雨の予報です。被害が出ないのを祈ります。

 さて、草刈りは、途中の休憩で町内のみなさんと話もしながら2時間行いました。まだまだ地域のみなさんを知らないので、いい機会でした。

 終了後には、草刈機を前にして集合写真を撮りました。草刈機を並べての写真は、なかなかカッコいいです。この写真を行政に申請すれば、町内に補助金が入るようです。

140605集合写真

 ところで、私の住む町は高齢化率が近い将来40%に達します。一方で、小学生は6人しかおらず、子ども会も日常的な運営は難しくなっています。

 草刈りをはじめとする地域の「つとめ」を将来的にどう維持しいていくのか、直面する課題です。
 
 私たちの地域だけではありません。夏になり、生活道路を生い茂る雑草との格闘は中山間地は共通する悩みだろうと思います。
 
 ただ、私自身は今回の草刈りは新鮮でした。地元のみなさんにとっては「えれぇなぁ〜」かもしれませんが、みんなで作業をするのは楽しかったです。

 ところで、私たち豊森なかまは豊田市旭地区惣田で、畑仕事や草刈りのために定期的に「お助け隊」として支援に入るようになりました。旭地区も高齢化率の高さに悩む一つです。

 今や「むら」「里山」「中山間地」を維持するためには、「まち」の皆さんの力が必要になっています。「むら」にとっては大変しんどい作業も、「まち」にとっては新鮮な営みです。

 私自身が草刈りを新鮮に感じたこと、

 豊森なかまが「お助け隊」として定期的に支援していること。

 これまでの「えらい」雑草との格闘を、「自分たちの町内だけで行う」ことから、次のモデルをつくるヒントがあるようにも思います。

 そんなことを草刈りしながら考えていました。

 仕事もあり、すべてに参加ができませんが、これからも地域の「つとめ」を果たしていこうと思います(終わり)。

[2014/06/05 06:36] | 暮らし2014 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<< 安全グッズ | ホーム |  町内草刈り② えれぇ〜なぁ〜>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://ogyuubito.blog.fc2.com/tb.php/670-768c16dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

おぎゅうびと

Author:おぎゅうびと
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR