城址とガラ紡の里山暮らし
愛知県豊田市松平。徳川家のルーツにあたる里山です。その里山に2014年から暮らしはじめた家族のどたばた。松平で祖父が営んできたガラ紡のあれこれ、松平のなかでも大給城址の季節の移ろいを紹介していきます。
 ビワの実ならず
 すっきりしない天気が続いています。

 さて、ビワの季節になりました。我が家の庭にも一本あります。昨年はたわわに実がなり、おいしくいただきました。

140608びわ➀

 ところが、今年はマイマイガが大量発生しました。

 葉はほとんど食べられてしまい、実も育っていません。残念です。

140608ビワ②

 ビワの葉を食べたマイマイガは丸々として、糸をひいて落ちてきます。毎日叔父は火ばさみとバケツをもって、一匹一匹ケムシ取りをしています。「ビワのケムシは、えらい大きくなる」といっています。

 ビワの木だけでなく、山全体が「ピチピチピチ」という音でざわめいています。マイマイガが葉を食べる音です。

 蚕が桑の葉を食べるのも大きな音がしますが、山全体にケムシの音が響くのは驚きます。
 
 もう一つの教訓。

 枝の下で、口を開けて見上げないこと。大変なことになりますから…。

[2014/06/08 04:55] | 季節2014 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<根を張る時期 | ホーム |  コの字型>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://ogyuubito.blog.fc2.com/tb.php/673-5e814037
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

おぎゅうびと

Author:おぎゅうびと
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR