城址とガラ紡の里山暮らし
愛知県豊田市松平。徳川家のルーツにあたる里山です。その里山に2014年から暮らしはじめた家族のどたばた。松平で祖父が営んできたガラ紡のあれこれ、松平のなかでも大給城址の季節の移ろいを紹介していきます。
 蛭川へ② せいぜい積めたのは…
 今年は空梅雨なのでしょうか。冷夏も予想され、夏に向けて心配です。

 さて、蛭川訪問の続きです。

  「#」型に組まれたヒノキを一輪車で運び出しました。一輪車はSさんよりお借りしました。

 薪運び用の一輪車で、山から何度か往復しました。結構な作業量で、私も母も義父も汗いっぱいになりました。

140626一輪車

 ですが、軽トラックに積めたのは、せいぜい一つ分の「#」型です。

140626#
 
 ヒノキは針葉樹なので、薪にしてもすぐに消費してしまいます。積めた薪の量は、シーズンでは1ヵ月はもたないと思われます。労力のわりには、そんなに多く積めないのだと実感しました。

 山にはたくさんの「#」型が組まれていましたが、間伐して、枝打ちし、丸太にして、「#」型に組む…

 この一連の作業は、本当に労力がいると実感しました。

 それに私が訪問する前に、豊森なかまがSさんの山で伐りだし作業を手伝ったとききました。

 Sさんたちが伐り、豊森なかまが作業したものを、私が薪としていただくというのは恐縮してしまいます。

 川柳で「織田がこね 羽柴がこねし天下もち 座りしままに食うは家康」というのがあり、松平郷では飾られています。

 今回は、そんな家康気分になり、申し訳ない気持ちにもなりました。(続く)

[2014/06/26 06:23] | 暮らし2014 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<< 蛭川へ③ 森林の現状を体感 | ホーム |  蛭川へ➀ #形>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://ogyuubito.blog.fc2.com/tb.php/691-89670af7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

おぎゅうびと

Author:おぎゅうびと
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR