城址とガラ紡の里山暮らし
愛知県豊田市松平。徳川家のルーツにあたる里山です。その里山に2014年から暮らしはじめた家族のどたばた。松平で祖父が営んできたガラ紡のあれこれ、松平のなかでも大給城址の季節の移ろいを紹介していきます。
夏休み工作④ 白黒写真・はがき
  まだ日中は暑いですが、体は秋を感じ始めています。

  みなさんもそうかもしれませんが、私は晩夏から彼岸までの1ヶ月間、1年でもっとも体調管理に悩まされます。

  体が猛暑モードになっているのに、気候が秋めいてくると大きくバランスが崩れてしまうのです。吐き気や変な発汗もします。


  どうしても自律神経が乱れがち。自分の体と心の声に耳を傾けながら、8月後半を過ごしていきます。

 さて、発見館の続きです。発見館のスタッフさんは、私がガラ紡績工場の孫であることをご存知で、今回も声をかけて下さいました。

 「実は、みていただきたい資料があるのですが…」とみせていただいたのは、古い白黒写真・はがき・買い物帳です。なんと大正・昭和初期の我が家のガラ紡績工場です。

140819はがき

140819写真

 文字はよくみえませんが、買い物帳には「大正」という文字がみえます。

140819買物帳

  はがきは年賀はがきのなかには「紀元二千五百九十八年」という暦も。昭和13年(1938年)にあたります。内容はよくわかりませんが、糸や綿の金額などが記載されていると思われます。

140819はがき②

 祖父母の若いころだけでなく、なんと曾祖母の写真もありました。

140819曾祖母

140819祖母

140819祖父

  私は曾祖母の顔をはっきり覚えていませんが、まさか発見館で会えるとは。お盆の季節に曾祖母と出会えたのも不思議な縁を感じます。

 写真のなかには打綿機もありました。愛知県犬山市の明治村には、曾祖父が寄贈したガラ紡や打綿機があります。それと同じものなのか、これから調べてみたいものです。

140819打綿機

 これらの資料は、2000年にガラ紡績工場を閉じるとき、発見館のスタッフが祖父から譲ってもらったものとのこと。このような写真や手紙が残っていることに感激です。今後の資料整理に協力することを約束しました。

  娘の工作のために訪ねた発見館でしたが、思わぬ懐かしい写真やはがきに会いました。お盆は先祖のみなさんが家にきているといいますが、このような形で会えて感慨深いものがありました。
 
 娘の夏休みも後半。宿題の仕上げにむけてラストスパートです。

[2014/08/19 05:57] | ガラ紡との再会・発見館編 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<巴川金魚花火 | ホーム | 夏休み工作③ ガラ紡の仕組み>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://ogyuubito.blog.fc2.com/tb.php/747-de1ff88a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

おぎゅうびと

Author:おぎゅうびと
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR